和声とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > 和声の意味・解説 

わ‐せい【和声】


か‐せい〔クワ‐〕【和声】

⇒わせい(和声)


和声 [harmony]

2声以上の和音連結のこと。ハーモニー音楽の重要な構成要素一つである。

和声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 10:39 UTC 版)

和声(わせい[注釈 1]英語: harmony)は、西洋音楽音楽理論用語で、和音の進行、声部の導き方(声部連結)および配置の組み合わせ[1]を指す概念である。西洋音楽では、メロディ(旋律)・リズム(律動)と共に音楽の三要素[2]の一つとする。




注釈

  1. ^ 第二次世界大戦前には「かせい」とも読んだ。また古い文献には旧字体表記の和聲が多い。
  2. ^ 彼の著書純正作曲の技法第1巻で発表された。
  3. ^ 縦ならコード、横ならモードという概念はロシアの作曲家でピアニストのスクリャービンが「法悦の詩」「プロメテウス」「神秘劇序幕」の3曲で示している。「法悦の詩」では独奏トランペットがモードの断片を吹奏し、オーケストラがモード内でトランペットによって使用されなかった音で伴奏する。このメソッドがアメリカ合衆国に亡命ロシア人によってもたらされ、リディア旋法を基軸とする論理へ統合したのがジョージ・ラッセル (作曲家)英語版である。
  4. ^ Versuch einer geordneten Theorie der Tonsetzkunstの最終稿の日時を参考にしている。
  5. ^ 日本の芸大和声ではヴェーバー、ルベル、マーラーの教本が程よく混ぜ合わされており、英語圏の教科書ではコードネームがよく併記されている。
  6. ^ コードネームは転回形を記述できないため、ヨーロッパの和声理論では元からないが、近年の和声の教科書ではコードネームと対照させて古典や近代の和音を解析することは幅広く行われるようになってきている。
  7. ^ 一つの声部はクライマックスや曲尾ではしばしば分割されると芸大和声では触れられているが、これはアンドレ・ジェダルジュのフーガの教程で用いられてからの風習であり、アンリ・ルベルの和声教程にそのような記述はない。ただし、フェティスの対位法やルベルの和声法の教程には5声部以上の扱いに関する項目があり、これらが削除される過程でクライマックスにおける声部分割が容認されることになった。
  8. ^ ラモーの「自然の諸原理に還元された和声論」やキルンベルガーの「純正作曲の技法」の和声に関する部分は日本語訳がなされたが、フーゴー・リーマンの「Vereinfachte Harmonielehre oder die Lehre von den tonalen Funktionen der Akkorde」はいまだに日本語訳がなされていない。

出典

  1. ^ Hugo Riemann - Vereinfachte Harmonielehre oder die Lehre von den tonalen Funktionen der Akkorde, Augener's edition 9197, p.12, 1893
  2. ^ 音楽の三要素からの生成モデルアプローチによる音楽生成手法の提案”. ci.nii.ac.jp. CiNii. 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ Analysemethoden”. musikanalyse.net. musikanalyse.net. 2021年6月17日閲覧。
  4. ^ …but from the serial techniques and chromaticism of Alexander Scriabin’s music evident in Russell's scores.”. journals.equinoxpub.com. journals.equinoxpub.com (2013年8月27日). 2021年6月19日閲覧。
  5. ^ 和声 理論と実習第2巻32ページではI, IV, Vに加えてT, S, Dも同時に使われている。
  6. ^ Diether de la Motte - Harmonielehre, p.27-31
  7. ^ フランス和声では「和声法」、ドイツ和声では「和声学」であり日本では訳語が異なる。明治開国後、日本が典拠としたのは当初ローマ数字による和声分析または機能和声理論であったが、池内友次郎宅孝二が帰国してからは「自然の諸原理に還元された和声論」を典拠とするパリ音楽院方式が優勢になり現在に至る。
  8. ^ Charles KoechlinのTraité de l'harmonie全三巻
  9. ^ Alberto E. Colla: Trattato Di Armonia Moderna E Contemporanea - Volume I&IIでは章ごとに一人の作曲家があてがわれている
  10. ^ ルードルフ・ルイ、 ルートヴィヒ・トゥイレ『和声学』山根銀二、渡鏡子共訳、音楽之友社、1954年、19~20頁。ASIN B000JB6XM4
  11. ^ ルードルフ・ルイ、 ルートヴィヒ・トゥイレ『和声学』山根銀二、渡鏡子共訳、音楽之友社、1954年、90~115頁。
  12. ^ 島岡 1965, pp. 32.
  13. ^ 島岡 1964, pp. 37.
  14. ^ 島岡 1967, pp. 231–232.
  15. ^ 島岡 1967, pp. 44–45.
  16. ^ a b 島岡 1965, pp. 20.
  17. ^ 島岡 1964, pp. 17.
  18. ^ 島岡 1964, pp. 26.
  19. ^ 島岡 1964, pp. 18.
  20. ^ a b c 島岡 1964, pp. 71.
  21. ^ 島岡 1964, pp. 114.
  22. ^ 島岡 1964, pp. 116.
  23. ^ 島岡 1964, pp. 27.
  24. ^ 島岡 1964, pp. 28.
  25. ^ PRECIS D'HARMONIE TONALE”. images-na.ssl-images-amazon.com. images-na.ssl-images-amazon.com. 2021年6月17日閲覧。
  26. ^ クロード・ドビュッシー「ラモーをたたえて」の主部を参照のこと
  27. ^ Harmony. Theoretical Course. Moscow: Muzyka, 1988; 2nd ed. revised, Saint Petersburg: Lan', 2003. Orig. title: Гармония. Теоретический курс
  28. ^ Reinhard Amon: Lehr- und Handbuch zur Funktionstheorie und Funktionsanalyse”. www.universaledition.com. universal edition. 2021年6月16日閲覧。
  29. ^ The Complete Musician”. global.oup.com. OUP. 2021年6月17日閲覧。
  30. ^ 松平頼則が全音楽譜出版社に寄せた数々の楽曲分析(ドビュッシーの前奏曲集他)、また中田喜直の著書で確認できる。
  31. ^ Sky Macklay — Many, Many Cadences”. www.youtube.com. Youtube. 2021年6月19日閲覧。



和声

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:49 UTC 版)

名詞

かせいわせい

  1. 高さ異なる同時複数出して、音楽効果生む現象


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和声」の関連用語

和声のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和声のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2021 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの和声 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS