インダストリアルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > インダストリアルの意味・解説 

インダストリアル【industrial】

多く複合語の形で用い、産業の、工業の、の意を表す。「インダストリアルロボット」


インダストリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 09:32 UTC 版)

インダストリアル (Industrial,デザイン用語ピアスの方式などと区別するためインダストリアル・ミュージック Industrial Music とする場合が多い。) は、電子音楽の一種である。1970年代後半にノイズミュージックから派生して誕生した。




  1. ^ ローレル・フェイ 『ショスタコーヴィチ ある生涯』 アルファベータ、2005年(改訂新版)、135頁。ISBN 978-4-87198-534-5
  2. ^ 「ヨーロッパ特急」「ロボッツ」などのテクノ曲を発表し、日本のテクノ・ポップ誕生に大きな影響を与えた
  3. ^ Allmusic|class=style|id=ma0000002658 |title=Industrial| work=Allmusic
  4. ^ ルー・リード、ジョン・ケイルらが在籍したグループ。ニコも参加した。「サンデイ・モーニング」などの代表曲がある。
  5. ^ ローリング・ストーンズのメンバーだったが、27歳で早逝した。
  6. ^ シャロン・テート殺人事件を起こしたカルト集団のリーダー
  7. ^ 「ハートに火をつけて」「タッチ・ミー」などヒット曲多数
  8. ^ 前衛ロックで有名だった。大統領選挙に出馬の記者会見まで開いたが、ガンのため出馬はならなかった
  9. ^ ちなみにこの言葉自体はスロッビング・グリッスルと交流のあった前衛芸術家モンテ・カザッザ(Monte Cazazza)の発言がもととされている。
  10. ^ Industrial Records”. Brainwashed. 2018年11月6日閲覧。
  11. ^ 持田保『INDUSTRIAL MUSIC FOR INDUSTRIAL PEOPLE!!!』DU BOOKS、2013年10月、2頁。ISBN 978-4-925064-58-3
  12. ^ このことからキリング・ジョークインダストリアル・ロックのプロトタイプと言う意見もある。
  13. ^ ただし、アメリカ型と言ってもフィア・ファクトリーの人気に火がついたのはイギリスを始めとする欧州である。またラムシュタインも母国ドイツ国内でチャート1位、ミリオンセールスを達成するなど必ずしもアメリカ限定の人気ではない。
  14. ^ フィアファクトリー、ラムシュタインとも人間による生演奏が主体である。
  15. ^ ホワイト・ゾンビの影響を色濃く見せるスタティック-Xも人気を博している。
  16. ^ ライブで工事用のドリルを使い騒音をまき散らす様子の一部は、日本の深夜テレビ番組でも放送された
  17. ^ つまるところエレクトリック・ボディ・ミュージックそのものと、その派生ジャンルが(主に一部ショップなどにより)インダストリアルと言い換えられていた時期もあった。
  18. ^ もともとはじゃず、後にフリージャズを演奏し、さらにノイズにまで行きついた
  19. ^ フリージャズ、前衛音楽、ノイズの他、ラジオのジャズ番組やアングラ音楽の番組のDJも担当している
  20. ^ 実際SOFT BALLET時代の楽曲のいくつかはミニストリーなどの楽曲から引用されているとの指摘が多いが、ジャパニーズ・ロック全体の傾向として、海外アーティストの楽曲をオマージュないしパロディとして引用する例が散見されること、またインダストリアルというジャンル自体のアプローチの幅を考えると、藤井が顕著に引用しているというわけではないと言える。
  21. ^ 具体的に言えばSCHAFTの活動に関わっている面々。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インダストリアル」の関連用語

インダストリアルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インダストリアルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインダストリアル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS