MP3とは? わかりやすく解説

エム‐ピー‐スリー【MP3】


MP3

MPEG規格のオーディオレイヤーのレベル3に分類される音声圧縮方式。オリジナルの音声データを約1/10〜1/12のデータ量に圧縮できる。携帯デジタルプレーヤーの多くは再生機能だけを持ち、圧縮はパソコンで行なう。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 夏目利明)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


MP3

画像圧縮方式MPEG1の音声規格。現在、インターネットからの音楽信号ダウンロード用としてデファクトスタンダードになっている。著作権保護機能はなし。音質はCD並と言われているが、実際は良くてFM放送並である。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


MP3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/24 13:37 UTC 版)

MP3(エムピースリー、: MPEG-1 Audio Layer-3)は、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマットでもある。ファイルの拡張子は「.mp3」である。


注釈

  1. ^ ただし圧縮後の周波数特性やダイナミックレンジなどは原音のそれらと比較して劣化している。
  2. ^ ソニーは2004年頃まで反MP3の姿勢をとっていたことから、ウォークマンなどの同社製品のシェアを落とすこととなった。

出典

  1. ^ What is mp3?” (英語). Fraunhofer Institute for Integrated Circuits IIS. 2020年3月20日閲覧。
  2. ^ “MP3は本当に「死んだ」のか? 特許権消滅が意味するもの”. ITmedia. (2017年5月29日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1705/29/news109.html 2017年5月29日閲覧。 
  3. ^ Alive and Kicking – mp3 Software, Patents and Licenses”. Fraunhofer IIS (2017年5月18日). 2021年7月2日閲覧。
  4. ^ http://tools.ietf.org/html/rfc3003
  5. ^ http://tools.ietf.org/html/rfc3555#page-24
  6. ^ http://tools.ietf.org/html/rfc5219
  7. ^ Scalefactor band 21 problem
  8. ^ mp3ファイルの構造”. www.cactussoft.co.jp. 2020年8月8日閲覧。
  9. ^ "MP4 _ 用語集 _ KDDI株式会社"(2015年11月16日閲覧)
  10. ^ Thomson、MP3のロスレスフォーマット「mp3HD」を発表、Impress AV Watch、2009年3月26日
  11. ^ Brandenburg, Karlheinz; Seitzer, Dieter (3–6 November 1988). “OCF: Coding High Quality Audio with Data Rates of 64 kbit/s”. 85th Convention of Audio Engineering Society. http://www.aes.org/e-lib/browse.cfm?elib=4721 
  12. ^ mp3”. フラウンホーファー (2017年4月23日). 2017年5月14日閲覧。
  13. ^ 「MP3は死んだ」海外が報道 えっ、どういうこと?”. The Huffington Post Japan, Ltd. (2017年5月13日). 2017年5月14日閲覧。


「MP3」の続きの解説一覧

MP3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/07 23:21 UTC 版)

FAX+49-69/450464」の記事における「MP3」の解説

型番はMP3 000 シリーズ作品をMP3ファイルとしてまとめて収録したデータCDである。貴重な作品収められる一方でその後シリーズが更に続いたもの(Move D - Namlook)や、半端な所で止まってしまったもの(The Namlook Collection 1)などがある。

※この「MP3」の解説は、「FAX+49-69/450464」の解説の一部です。
「MP3」を含む「FAX+49-69/450464」の記事については、「FAX+49-69/450464」の概要を参照ください。


MP3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 06:27 UTC 版)

ビットレート」の記事における「MP3」の解説

MP3音声形式は、非可逆圧縮である。ビットレート増加に伴い音声品質向上する32 kbit/s一般的に話し声のみで許容される 96 kbit/s一般的に話し声低品質ストリーミング使用される 128 or 160 kbit/s中点値ビットレート品質 192 kbit/s中程度ビットレート 256 kbit/s – よく使用される高品質ビットレート 320 kbit/s – MP3標準対応している最高水準

※この「MP3」の解説は、「ビットレート」の解説の一部です。
「MP3」を含む「ビットレート」の記事については、「ビットレート」の概要を参照ください。


MP3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 13:40 UTC 版)

ミニディスク」の記事における「MP3」の解説

32 kbpsから320 kbps固定可変に両対応。

※この「MP3」の解説は、「ミニディスク」の解説の一部です。
「MP3」を含む「ミニディスク」の記事については、「ミニディスク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「MP3」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「MP3」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MP3」の関連用語

MP3のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MP3のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2023 AMEI.OR.JP
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2023 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.mp3の記事を利用しております。
ホームシアターサウンドホームシアターサウンド
(c) copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMP3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのFAX+49-69/450464 (改訂履歴)、ビットレート (改訂履歴)、ミニディスク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS