音楽心理学とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 音楽心理学の意味・解説 

音楽心理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/02 10:00 UTC 版)

音楽心理学(おんがくしんりがく、: Music psychology)は、心理学および音楽学の派生学問とみなされている。音楽心理学は、音楽的行動や音楽体験の解明・理解を目指しており、音楽の知覚・創作、音楽への反応、日々の生活に取り入れられた音楽に対する過程への考察を含んでいる。




  1. ^ ダイアナ・ドイチュ『音楽の心理学(上)』,寺西 立年・宮崎 謙一・大串健吾 訳,西村書店,(翻訳者)あとがき
  2. ^ 高野瀏『音楽心理学』東宛書房,1935年
  3. ^ 相沢陸奥男『音楽の心理学』東宛書房,1935年
  4. ^ Müller-Freienfels, Richard,Psychologie der Musik,Berlin:Vieweg,1936
  5. ^ Carl Emil Seashore,Psychology of Music,New York, London, McGraw-Hill Book Company,Inc., 1938
  6. ^ 倉片憲治「音楽心理学の方法」谷口高士 編『音は心の中で音楽になる 音楽心理学への招待』,北大路書房,第1章
  7. ^ たとえば、ジェームス・マーセル、マーブル・グレーン『音楽教育心理学』供田武嘉津 訳,音楽之友社,1965年など。この時代の総括としては、供田武嘉津『音楽教育学』音楽之友社,pp61〜99が詳しい。
  8. ^ 田中正『新しい音楽教育研究法 -心理学・統計学に基づく-』,音楽之友社,1985年に、概説・手法・実施例がある。


「音楽心理学」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音楽心理学」の関連用語

音楽心理学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



音楽心理学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音楽心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS