バロック音楽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 音楽 > バロック音楽の意味・解説 

バロックおんがく [5] 【バロック音楽】

一六世紀末から一八世紀半ば栄え音楽様式互いに独立した複数声部対立と、それを支え和声低音組み合わせがつくる強い緊張感激し情緒表現などを特徴とする。主たる曲種はオペラ・カンタータ・ソナタ・コンチェルト・オルガン音楽など。

バロック音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 14:37 UTC 版)

バロック音楽(バロックおんがく)は、ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称である。この時代はルネサンス音楽古典派音楽の間に位置する。絶対王政の時代とほぼ重なる。[1]




  1. ^ 岡田暁生 『西洋音楽史 : 「クラシック」の黄昏』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年ISBN 978-4121018168 


「バロック音楽」の続きの解説一覧



バロック音楽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バロック音楽」の関連用語

バロック音楽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バロック音楽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバロック音楽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS