混沌とは?

混沌

読み方:こんとん


物事無秩序で、まとまっていない状態を意味する語。「チームが混沌としている」などのように用いる。

混沌

読み方:こんとん


物事無秩序で、まとまっていない状態を意味する語。「チームが混沌としている」などのように用いる。

こん‐とん【混×沌/××沌】

【一】[名]天地がまだ開けず不分明である状態。

【二】ト・タル[文]形動タリすべてが入りまじって区別がつかないさま。「—たる政治情勢」「次期会長人選は—としてきた」


こん‐とん【混沌・渾沌】

〔名〕 (形動ナリ・タリ

大昔天と地とがまだ分かれていない状態。

本朝文粋(1060頃)三・松竹〈藤原広業〉「濛昧混沌之中。一雞初生二三」〔淮南子‐詮言訓〕

物事区別はっきりしないこと。また、そのさま。もやもやしている状態。

文明論之概略1875)〈福沢諭吉〉二「無為渾沌にして人事少なき世に在ては」

社会百面相(1902)〈内田魯庵新詩人「斯の如き混沌たる宇宙に漂ふて津涯(しんがい)を知る能はざる我々人間は」

事態流動的で、どう結着つくかわからないさま。

④ 「荘子‐応帝王」に見え太古の伝説上の中央の神。耳、目、口、鼻の七孔がなかったので、南海北海の神が七日で七孔をうがったところ、死んでしまったという。転じて、いらざる世話をしてそのもの害することにいう

翁問答(1650)下「一向に世人の誉をもとめて徳性の養をたちすて、混沌(コントン)の死する事をしらざること、恰も女の寵愛もとめて餓死したるに似たる故に


混沌

読み方:コントン(konton)

物事区別はっきりしないさま


こんとん 【混沌】

藤堂明保編『学研漢和大字典』に混沌を説明して、①天地がまだわかれず、万物一つ入りまじるさま。②太古の伝説上の帝王の名。③もやもや入りまじったさま。雑然として区別がつかないさま。④形がはっきりしない怪物。または、神の名、とあるが、混沌に対す中国人思想がよく分かる。①は、まさにギリシア語カオスであり、東西思想共通性注目される。→ カオス

混沌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 02:59 UTC 版)

混沌(こんとん)とは、区別が立たず物事が入り混じっている状態、もしくは、物事が無秩序で、まとまっていない状態をいう。




「混沌」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「混沌」の関連用語

混沌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



混沌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの混沌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS