タリとは? わかりやすく解説

たり

助動[たら|たり|たり|たる|たれ|たれ]《完了助動詞「つ」の連用形動詞「あり」の付いた「てあり」の音変化ラ変以外の動詞、および動詞型活用助動詞連用形に付く

動作作用継続進行を表す。…ている。…てある。

おもしろく咲きたる長く折りて」〈・四〉

動作作用完了しその結果が状態として存在する意を表す。…た。…ている。…てある。

くらもちの皇子(みこ)おはしたり、と告ぐ」〈竹取〉

動作作用完了する意を表す。…た。…てしまう。

春風一もみ二もみもまれて、海へさっとぞ散ったりける」〈平家一一

[補説] 中世以降は、他の完了助動詞「つ」「ぬ」「り」および過去助動詞「き」「けり」などの用法をしだいに吸収し、「たる」を経て現代語の「た」に引き継がれる。→た →つ →ぬ →り


たり

助動[たら|たり・と|たり|たる|たれ|たれ]《格助詞「と」に動詞「あり」の付いた「とあり」の音変化体言に付く事物の状態や性質などを強く断定する意を表す。…である。…だ。→たる →なり

「けふは人のうへたりといへども、あすは我が身のうへたるべし」〈平治・下〉

[補説] 断定の「たり」は平安時代以後漢文訓読文和漢混交文用いられた。


たり

[接助]文語完了助動詞「たり」から》用言一部助動詞連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合は「だり」となる。

動作や状態を並列して述べる。「泣い笑っ―する」「とんだり跳ね―する」

反対の意味の語を二つ並べて、その動作・状態交互に行われることを表す。「暑かっ寒かっ―の異常な陽気」「足を上げ下げ―する運動

副助詞的に用いられ同種の事柄の中からある動作・状態例示して、他の場合類推させる意を表す。「車にひかれ―したらたいへんだ

終助詞的に用いられ軽い命令の意を表す。「早く行っ―、行っ―」

[補説] 「たり」は中世以降文語的な「…ぬ…ぬ」に対し口語として動詞連用形だけに付く形で用いられた。1は、並立助詞として扱われる場合もあるが、近世後期からはあとのほうを省略して「…たり…」の形をとる場合みられる


たり【人】

読み方:たり

接尾助数詞。「三(み)」「四(よ)」など和語数詞に付いて、人を数えるのに用いる。「み―」「よ―」


タリ

名前 Tal

多里

読み方:タリ(tari)

所在 鳥取県日野郡日南町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タリ」の関連用語

タリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タリのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS