スイスとは? わかりやすく解説

スイス【Suisse】

読み方:すいす

ヨーロッパ中部にある連邦共和国正称、スイス連邦。首都ベルン国土の約6割をアルプス占め観光地が多い。武装永世中立国牧畜機械工業時計製造国際金融業が盛ん。ドイツ語フランス語イタリア語ロマンス語の4か国語が公用語。「スイス」はフランス語名で、ドイツ語シュワイツイタリア語名ズビッツェラ、英語名スイッツランド。共通国名として切手などの表示には古代ヘルベチア称する人口7622010)。

[補説] 「瑞西」とも書く。


スイス

名前 Swiss

スイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 02:51 UTC 版)

スイス連邦(スイスれんぽう、: Schweizerische Eidgenossenschaft: Confédération Suisse: Confederazione Svizzera)、通称スイスは、中央ヨーロッパに位置する連邦共和制国家永世中立国であるが、欧州自由貿易連合に加盟しているほかバチカン市国衛兵スイス傭兵が務めている。歴史によって、西欧に分類されることもある。


注釈

  1. ^ スイス連邦憲法では正式な首都は定められていない。憲法上ベルンは「連邦都市」と定められており、これを事実上の首都と見なしている。
  2. ^ シュヴァイツ。通常は女性定冠詞を付してdie Schweizと表記する
  3. ^ シュイス。la Suisse
  4. ^ ズヴィッツェラ(小学館『伊和中辞典』1983年、1485頁)。la Svizzera
  5. ^ (ジュヴィーツラ、ジュヴィーツッラ。la Svizra
  6. ^ ヘルウェティア、ヘルヴェティア
  7. ^ チームとしてはザウバーレベリオン・レーシング、ドライバーとしてはセバスチャン・ブエミがいる。

出典

  1. ^ デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年10月5日閲覧。
  2. ^ 『國際聯盟年鑑 1929年』,青木節一著,朝日新聞社,1929年,p4,(国立国会図書館デジタルコレクション コマ番号20),p8,p11
  3. ^ 『國際外交録』 杉村陽太郎著 1933年
  4. ^ 世界の観光地名がわかる事典の解説”. コトバンク. 2018年5月3日閲覧。
  5. ^ 長島信之 (2002年6月). “スイスがついに国連加盟へ”. 帝国書院. 2014年1月4日閲覧。
  6. ^ 広瀬孝文・ボーチェック・ボレスラフ「永世中立と国際連合 : スイスとオーストリアの国連外交の比較研究」34p
  7. ^ アルマンド・モンベリ (2012年3月2日). “10年前、やっと国連加盟したスイス”. swissinfo.ch. 2014年1月4日閲覧。
  8. ^ 最高法規としての憲法のあり方に関する調査小委員会「硬性憲法としての改正手続に関する基礎的資料
  9. ^ a b c d e f スティーブ・モリヤマ (2008年5月16日). “スイス:“有害税制”の是正に見る永世中立国の岐路”. 日経ビジネスオンライン. 2014年1月4日閲覧。
  10. ^ まだスイスだけが作り続ける防空壕
  11. ^ 不思議な穴
  12. ^ トーマス・ステファンズ (2008年7月22日). “小型兵器の横流しでスイスに調査”. swissinfo.ch. 2014年1月4日閲覧。
  13. ^ “痛ましい記録-銃による自殺”. スイス放送協会. (2010年3月22日). http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=8413586 2013年12月30日閲覧。 
  14. ^ GNI per capita, PPP (current international $) | Data”. data.worldbank.org. 2022年2月8日閲覧。
  15. ^ IMF: World Economic Outlook Database
  16. ^ 「1.2 名目GDP(国内総生産)及び一人当たりGNI(国民総所得)順位」外務省
  17. ^ 世界経済フォーラム 国際競争力レポート Archived 2014年12月10日, at the Wayback Machine.
  18. ^ BCG Global Wealth
  19. ^ ロイター 米為替報告書、スイスを「監視対象」に追加 日中独など監視継続 2016/10/15
  20. ^ “牛じゃないけど「牧くだり」”. (2017年9月26日). https://www.swissinfo.ch/jpn/%E7%A7%8B%E3%81%AE%E9%A2%A8%E7%89%A9%E8%A9%A9_%E7%89%9B%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%A9-%E7%89%A7%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%82%8A-/43552274 2022年1月14日閲覧。 
  21. ^ 工藤章 「IGファルベンの成立と展開(2)」 東京大学『社会科学研究』29巻6号 1978年 pp.91-92.
  22. ^ a b “スイス、独裁者の隠し資産になぜ決着がつかないのか?”. スイス放送協会. (2015年9月18日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85%E3%81%AE%E9%9A%A0%E3%81%97%E8%B3%87%E7%94%A3_%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E7%8B%AC%E8%A3%81%E8%80%85%E3%81%AE%E9%9A%A0%E3%81%97%E8%B3%87%E7%94%A3%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%B1%BA%E7%9D%80%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84-/41668974 2015年9月23日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f g h スイス国の公式サイト、日本語版、「観光産業」
  24. ^ a b c スイスの歴史・ローマ時代以降 - スイス政府観光局「新たな言語の障壁」の節を参照。
  25. ^ “スイス、移民の人数制限に関する政府案発表”. スイス放送協会. (2014年6月27日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9-%E7%A7%BB%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%95%B0%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%94%BF%E5%BA%9C%E6%A1%88%E7%99%BA%E8%A1%A8/40474340 2014年9月6日閲覧。 
  26. ^ swissinfo.ch, Lisa Chang. “Coronavirus: ‘Fears, rumours and stigma’ cause bullying in Switzerland” (英語). SWI swissinfo.ch. 2021年7月9日閲覧。
  27. ^ スイス連邦統計局 ©2013 BFS /OFS/UST/SFSO
  28. ^ 平成13年10月11日男女共同参画会議基本問題専調査会 選択的夫婦別氏制度に関する審議の中間まとめ 資料15 夫婦の氏に関する各国法制
  29. ^ Getting married in Switzerland, Expatica.
  30. ^ Ständige Wohnbevölkerung ab 15 Jahren nach Religionszugehörigkeit (Microsoft Excelの.xls)” (de, fr, it). Neuchâtel, Switzerland: Federal Statistical Office FSO (2017年1月31日). 2018年7月15日閲覧。
  31. ^ スイスでモスク尖塔の建設を禁止、国民投票で可決 2009年 11月 30日 ロイター
  32. ^ EuroHealth Consumer Index 2017”. Health Consumer Powerhouse (2017年1月20日). 2018年12月5日閲覧。
  33. ^ World Health Statistics 2018 ANNEX B Tables of health-related SDG statistics by country, WHO region and globally(2018年世界保健統計 付録B:国別保健関連SDG統計表)”. WHO (2016年). 2018年12月5日閲覧。
  34. ^ 世界の平均寿命ランキング・男女国別順位、WHO 2018年版”. MEMORVA (2016年). 2018年12月5日閲覧。
  35. ^ Current health expenditure (CHE) as percentage of gross domestic product (GDP) (%)Data by country(国別保険支出GDP比のデータ)” (2017年12月11日). 2018年12月5日閲覧。
  36. ^ OECD and WHO survey of Switzerland’s health system oecd.org. Retrieved on 29 June 2009
  37. ^ 「世界最高の国」ランキング、日本は3位 首位…(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年6月28日閲覧。
  38. ^ POSITIVE PEACE REPORT Analysing the factors that build, predict and sustain peace.”. 2022年1月31日閲覧。
  39. ^ 経済平和研究所” (日本語). www.rotary.org. 2021年11月10日閲覧。
  40. ^ a b Mastricolo, Patricia. “66 Pounds of Hentai Confiscated by Swiss Customs – Comic Book Legal Defense Fund” (英語). 2022年2月13日閲覧。
  41. ^ Welche Pornos sind ist illegal?” (ドイツ語). Schweizerische Kriminalprävention. 2022年2月13日閲覧。
  42. ^ Verbreitung, Erwerb und Besitz kinderpornographischer Inhalte, https://dejure.org/gesetze/StGB/184b.html 2022年2月13日閲覧。 
  43. ^ Translation from Finnish Legally binding only in Finnish and Swedish Ministry of Justice, Finland The Criminal Code of Finland (39/1889, amendments up to 766/2015 included)”. 2022年2月13日閲覧。
  44. ^ Report: cartoon paedophilia harmless - News - The Copenhagen Post”. web.archive.org (2014年1月18日). 2022年2月13日閲覧。
  45. ^ “[https://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CRC-OP-SC/Shared%20Documents/LUX/INT_CRC-OP-SC_NGO_LUX_21359_E.pdf NGO Report on the implementation of the Optional Protocol to the Convention on the Rights]”. 2021年11月24日閲覧。
  46. ^ Rechtspraak.nl, zaaknummer 01/821140-09”. 2021年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月14日閲覧。
  47. ^ Manga images ‘not child porn’: Supreme Court” (英語). The Local Sweden (2012年6月15日). 2022年2月7日閲覧。
  48. ^ スイス 安全対策基礎データ「犯罪発生状況、防犯対策」”. 外務省. 2021年12月11日閲覧。
  49. ^ スイス、約60年ぶりモータースポーツ開催解禁。チューリッヒFEが決定”. motorsport.com (2017年9月22日). 2021年9月15日閲覧。



スイス(スイス連邦鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 05:26 UTC 版)

KISS (鉄道車両)」の記事における「スイス(スイス連邦鉄道)」の解説

チューリッヒSバーンを始めとした各地路線へ向け、スイス連邦鉄道2008年4月2014年4月に6両69編成2010年4月には4両24編成発注行っており、さらに、2021年には従来契約オプション行使して6両60編成発注している。 「スイス国鉄RABe511形電車」も参照 チューリッヒ中央駅停車中KISS

※この「スイス(スイス連邦鉄道)」の解説は、「KISS (鉄道車両)」の解説の一部です。
「スイス(スイス連邦鉄道)」を含む「KISS (鉄道車両)」の記事については、「KISS (鉄道車両)」の概要を参照ください。


スイス(BLS AG)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 05:26 UTC 版)

KISS (鉄道車両)」の記事における「スイス(BLS AG)」の解説

スイスの私鉄であるBLS AG運営するベルン近郊Sバーンへ向け、4両編成31本のKISS導入されている。EU諸国鉄道車両における安全基準として2008年制定されたEN15227に基づき上記のスイス連邦鉄道向けの編成から前面デザイン変更されている。 「BLS AG RABe515形電車」も参照 BLS AG導入されKISS

※この「スイス(BLS AG)」の解説は、「KISS (鉄道車両)」の解説の一部です。
「スイス(BLS AG)」を含む「KISS (鉄道車両)」の記事については、「KISS (鉄道車両)」の概要を参照ください。


スイス (Switzerland)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 22:49 UTC 版)

チケット・トゥ・ライド」の記事における「スイス (Switzerland)」の解説

2007年発売。スイスが舞台でプレイ人数2 - 3人のみの少人数マップ目的地複数隣国中から選択できる乗車券カード存在する

※この「スイス (Switzerland)」の解説は、「チケット・トゥ・ライド」の解説の一部です。
「スイス (Switzerland)」を含む「チケット・トゥ・ライド」の記事については、「チケット・トゥ・ライド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スイス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

スイス

出典:『Wiktionary』 (2021/06/15 13:28 UTC 版)

固有名詞

スイス漢字表記 瑞西

  1. ヨーロッパ連邦国家正式名称は、スイス連邦ドイツフランスイタリアオーストリアリヒテンシュタイン囲まれ内陸国ドイツ、フランスイタリア三大文化圏緩衝として成立した感があり、ドイツ語フランス語イタリア語及びロマンシュ語公用語とする。

語源

英語 Swissスイス人、スイスの)又は フランス語 Suisse音写

翻訳


「スイス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「スイス」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • CFDの銘柄のシンボルの意味

    CFDではさまざまな銘柄を取り扱っています。そして、取引ツールには多くの銘柄が登録されており、その一部は日本語で銘柄を表示していない場合があります。ここでは、銘柄のシンボルの日本語の意味を一覧で紹介し...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で表示できる通貨ペア以外のレートは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、外国為替市場で取引される通貨ペア以外のチャートも表示できます。以下はそのリストです。なお、MT4のダウンロード先...

  • CFDで取り扱う株価指数の一覧

    CFDで取り扱う株価指数には、日経平均株価(日経225)やNYダウ平均、S&P500、ナスダック100といった株価指数の値動きを反映する銘柄があります。CFDで取り扱う株価指数は、その国の財政状況や経...

  • CFDの取引時間

    CFDの取引時間は商品内容や取引国によりさまざまです。一般的には、金や原油といったコモディティ、日本やアメリカ合衆国などの株価指数などはほぼ24時間の取引が可能です。一方、各国の株式や日米を除く株価指...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スイスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのKISS (鉄道車両) (改訂履歴)、チケット・トゥ・ライド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのスイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS