accountとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > accountの意味・解説 

アカウント

英語:account

アカウントとは、アカウントの意味

アカウントとは、特定のサイトサービス利用する際、ユーザー取得しなければならない個人情報意味するわかりやすくいうと、ログイン権利である。アカウントの語源は英語の account である。アカウントの語は、もともとは「会計」や「口座という意味だった。すなわち、サービス利用するために口座開設するというイメージで、アカウントという言葉用いられている。オンラインゲームシステムに関する用語としても、アカウントは知られるようになった

アカウントの語は、SNS利用する際の権限として広まっている。インスタグラムフェイスブックなどのSNSでは、アカウントを取得しなくても閲覧することはできる。しかし、投稿したり、他人SNSを通じてコミュニケーション取ったりするのであれば、アカウントの取得必須である多くのSNSでは、アカウントを取得するにあたり特別な条件はない。ただ、婚活サービスなど、会員一定の条件求め空間では、アカウント取得にあたって審査が行われることもありえる。

アカウントの種類さまざまで通常は「ユーザーアカウントという意味で、アカウントという言葉用いられている。一部ユーザーにだけ利用許可されサービスログインする際、必要になるのが「ローカルアカウント」だ。そして、企業向けサービス側が発行するのは「ビジネスアカウント」である。ビジネスアカウント有料になっているケースが多い。そのかわりビジネスアカウント普通のユーザーアカウントよりも機能豊富で多くの層にリーチできる。

ビジネスシーンでのアカウントの語の使われ方

アカウントの語は、ビジネスシーンにおいてさまざまな意味として使われている。たとえば、「アカウントマネージャーといえば、「法人営業」のことである。アカウントマネージャー仕事は、企業官公庁顧客として、Webビジネスに関する提案を行うことである。その提案内容は、企画から宣伝マーケティングにいたるまで多岐にわたる

アカウント管理」という言葉もある。ある組織システム導入する際、無限にアカウントを作れてしまうとセキュリティ脅かされてしまう。そうならないよう、アカウントの発行企業側管理し動向見守らなくてはならないこれらの作業総じてアカウント管理と呼ぶアカウント管理総務部情報セキュリティ室が担当する

「アカウント設定」という言い回しもある。通常、アカウント設定とはユーザーアカウント発行する際に発生する一連の作業を指す。また、一度発行されたアカウント情報変更更新するのもアカウント設定含まれる。その他、「アカウント統合」という言葉もある。異なハードやバージョンの違うOS使用していたアカウントを1つにまとめるのがアカウント統合である。アカウント統合果たされれば、ユーザー複数アカウント別々に管理する手間省ける情報引継ぎスムーズになる。そのかわりサービス間でアカウント統合できない場合もある。アカウント統合によって失われるデータもあり、作業時には慎重さ求められる

アカウントロック、アカウント凍結

アカウントロックとは、特定のアカウントを用いてサービスログインしようとした時拒否されてしまう現象意味する一般的なWebサービスの場合、ログイン時に入力情報繰り返し間違えてしまうと、アカウントロック発動する。アカウントがロックされる入力ミス回数は、「3度」に設定されているサービスが多い。アカウントロックは、あるユーザー情報他者悪用しいために設けられ仕組みである。一方アカウント凍結とは、サービス内での規約違反によって特定アカウントを利用不可能にされた状態を意味する。たとえば、他者への誹謗中傷許可されていない宣伝活動ロボットよるものと見られる投稿などがあると、アカウントは凍結されることが多い。

アカウントロックアカウント凍結解除するには、多くの場合運営者問い合わせて再開許可をもらうしかない。あるいは、一定期間を過ぎると自動的にアカウントロックが解除されることもある。ただし、悪質なユーザーだとみなされれば凍結を超えて、アカウントは停止されることもある。

なお、YouTubeの場合はアカウントロックアカウント凍結が同じ意味で使われてきた。ユーザー著作権反す投稿や、卑猥な動画残酷な動画アップロードした際などにアカウントはロックされてしまう。YouTubeアカウントロック解除するには、異議申し立て再審査要求運営側専用フォームら行なくてはならない。何もしなかった場合少なくとも半年前後ユーザーロックされたアカウントを利用できない状態が続く。

インスタグラム、Twitterのアカウント削除の手順

あるサービス退会しこれまでのアカウントで二度とログインできなくする作業を「アカウント削除と呼ぶ。アカウント削除利用しなくなったサービスか安全に離れるため、重要な行為である。

インスタグラムのアカウントを削除するにはまず、「削除ページ」へとログインするそうするとユーザーはアカウント削除理由画面上聞かれる適切な理由選択し決定すれば次の画面へと進め仕組みだ。なお、自身該当する削除理由選択肢から見つけられなかったら、「その他」を選んでおく。削除理由次はパスワード再入力する画面になる。これまで使ってきたパスワード入力すると、「アカウントを完全に削除」というボタンクリックできるようになる最終確認で、「OK」をクリックすればインスタグラムのアカウント削除完了である。今後誰かがインスタグラムログインようとしても、これまでのアカウントでは不可能となる。

Twitterのアカウントを削除する手順は、ドロップダウンメニューの「設定プライバシー」から始まる。そこで、「アカウント」タブ選び、「アカウントを削除する」をクリックする。「ユーザー名削除する」のボタン表示されるのでクリックすると、運営側からのメッセージ表示されるユーザーメッセージ確認しパスワード入力した上で、「アカウントの削除」をクリックする。以上でTwitterのアカウント削除完了する

account

別表記:アカウント

「account」とは、報告記述説明のことを意味する表現である。

「account」とは・「account」の意味

「account」を名詞として用いた場合には、「説明」、「報告」などを意味するが、動詞にすると「説明する」、「占める」といった意味合いとなる。コアイメージは、「ad-(~へ・~まで・~に)」、「con-・com-(一緒に完全な完成した)」、「putō(綺麗にする排除する)」である。「account」から派生した言葉として、「accountable(説明責任)」、「accountability説明責任)」、「accountant会計士)」などがある。

「account」の複数形

「account」の複数形は「accounts」である。「account」の三人称単数現在でもあり、「計算」や「勘定」、「会計」などを意味する。「setting accounts帳消し)」、「system accounts課金)」、「accounts of journeys(紀行)」のように用いられる

「account」の活用変化一覧

動詞の活用変化
accounting現在分詞
・accounted(過去形
・accounted(過去分詞
accounts三人称単数現在)

名詞活用変化
accounts複数形

「account」の略称

「account」の略称は、「acctもしくはacc」である。「acct」という略称は、「account」だけではなく、「accountant会計士)」にも用いられている。

「account」の語源・由来

「account」の語源は「count」である。「count」は日本ではカウント」と表記され、「テンカウント」や「カウントダウン」など、「数える」という意味でよく使われている。

「account」の覚え方

「account」は、語源理解しておくと覚えやすい。「account」の語源となっている「count」は「数える」を意味する。そこに「ac(~の方向へ)」が足され、「account」という言葉ができている。「~の方向へ数える」とイメージすれば、「お金数える」という意味で「会計」、「数を数えるという意味で「記述報告」のように繋げることができる。

「account」を含む英熟語・英語表現

「account for」とは


account for」とは、「~に対して説明をする」、「~の割合占める」、「~を構成する」などの表現である。「Account for a quarter.(4分の1占める。)」のように用いられる

「take into account」とは


take into account」は、「鑑みる」、「考慮するという意味を持つ表現である。「Take into account customer needs.(顧客ニーズ考慮する。)」「Take into account a fair price.(適正価格考慮する。)」というように使われる

「on account of」とは


on account of」とは、「~のおかげで」、「~の理由により」などを意味する表現。「He was late on account of overslept.(彼は寝坊理由により遅刻した。)」のような使われ方をする。

「small account」とは


small account」は、「つまらない」、「意味のない」、「小口顧客」を表現する言葉である。「small~acoount」「account for small」のように用いられることもある。

「account of」とは


「account of」とは、「~を評価する」、「~を尊重する」といった意味を持つ表現だ。「on」を前に置いて、「on account of(~の理由で・~のため)」といった使われ方をすることもある。

「account」の使い方・例文

「account」は様々な意味を持つ言葉だ。「口座という意味で使う場合には、「I opened a new bank account.(新し銀行口座開設した。)」、「I opened a bank account to receive my salary.(給料受け取るために、銀行口座開設した。)」のようになる。「請求書という意味用い場合例文としては、「I paid the account that were sent to me.送られてきた請求書支払い済ませた。)」などがある。

「account」は、「説明」、「報道」、「記事という意味使われることも多い。例文としては、「Their account are at odds.(彼らの説明食い違っている。)」、「There are sad news account every day.(毎日悲しい報道が流れている。)」のような表現となる。「Such a thing is of no account.(そんなことは、何の重要性もない。)」のように、「重要性という意味でも使われる

動詞として「account」を用いた場合例文としては、以下のようなものがる。

・You have to account for the result.(あなたは、結果説明しなければならない。)
・For account patrons of this restaurant are women.(このレストランの客は、女性大半占めている。)
・I accounted the details of the accident to the police.(警察事故の詳細説明した。)
・His injuries were a account to the tragedy of the accident.(彼の怪我は、事故悲惨さ物語っていた。)

アカウント

英語:account

アカウントとは、主に利用登録必要とするサービスにおける人格のことであり、個々の利用者与えられたサービス利用権、および、その利用権所持者一意識別するためのユーザー情報のことである。「ユーザーアカウント」と呼ばれることも多い。

他のユーザー交流する機能あるようサービスの場合、ユーザーIDとは別にアカウント名」を設定できることも多い。アカウント名はアカウントを公表する際に用いる名前である。アカウント名個人氏名なぞらえるとすれば、アカウント自体個人そのものアイデンティティ)になぞらえられる。

アカウントは、一般的にはユーザーIDパスワードによって一意識別されると共に第三者による不正アクセスから保護されている。ユーザーIDパスワード失念した場合当人であってもログイン不可能となるが、たいていの場合本人確認経て再びログインできるようにする方途用意されている

アカウントは英語の account をカタカナ表記した外来語である。英語の account は基本的には「口座」「会計」「記録」といった意味があり、日本語でもそうした意味で「アカウント」という言葉用いられる場合がある

アカウントはサービスの提供者・運営者によって許可され権利である。利用規約違反するなどした場合提供者側の裁量によりアカウントが凍結(あるいは抹消)される場合がある悪質な荒らし行為への罰則として行われるアカウントの抹消俗に垢BAN」と呼ばれる。「垢」は「アカウント」のことであり、「ban」は「追放」や「権利剥奪」を意味する英語表現である。

エー‐シー【a/c】

読み方:えーしー

《account》簿記で、勘定科目を示す記号


アカウント【account】


アカウント

【英】account

(1)インターネットサービス利用することができる利用資格通常プロバイダ利用する顧客ごとにアカウントを割り当てる(2)広告代理店顧客得意先個人企業)。広告代理業では、その得意先である広告主のことをアカウント、またはクライアントと呼ぶ

account(アカウント)

口座のことです。

アカウント

別名:ユーザーアカウント
【英】account, user account

アカウントとは、特定サービス利用するために付与された、特定対象者限定された権利のことである。

アカウントの典型的な例としては、インターネット上会員制サービスにおけるユーザー登録付与されるユーザーIDと、パスワード識別される利用権挙げられるこのように特定の権利識別するユニークなIDと、その権利をその権利保有する人物個人または複数人)に限定的に使用させるための手段として、パスワード発行されることがある

アカウントは、コンピュータ端末(等の資源)の利用権ネットワークへのアクセス権データベースへのアクセス電子メール利用権など、さまざまなサービス利用権広く意味するものとして使われる

アカウントは、限定的な利用権意味するため、必ず、特定の対象者識別する手段を伴う。この手段は、パスワード典型ではあるが、識別できれば他の安全な手段でもよい。例えば、銀行ATM装置利用されている指紋認証静脈認証などは、生物学的な特徴により個人特定し、その個人のアカウントを識別するということ行っているまた、インターネット系の銀行では、固定パスワードによる管理では危険があるため、ワンタイムパスワードによるアクセス切り替えることが推奨されている。

ネットワークシステムのほかの用語一覧
カーナビ・カーシステム:  テレマティクス
コンピュータシステム:  ACL  AOCE  アカウント  アクティブディレクトリ  アドミニストレータ  アクセス

口座

(account から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 15:17 UTC 版)

口座(こうざ、英語: account




「口座」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「account」の関連用語

accountのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



accountのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2023 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアカウントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの口座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS