accとは? わかりやすく解説

アダプティブクルーズコントロール

別名:ACC、アダプティブクルコン
英語:Adaptive Cruise Control

自動車クルーズコントロールオートクルーズシステムのうち、あらかじめ設定した速度一定に保つだけでなく、レーダーカメラなどの前方監視サブシステム用いて車間一定に保つ機能備えたシステムのこと。アダプティブクルーズコントロールは、ロボットカー実現必要な技術一つとされている。

アダプティブクルーズコントロールには、自車が前の車に近づき過ぎた時に減速する機能だけでなく、離れ過ぎた時に加速する機能含まれる車種にもよるが、急ブレーキ機能含まれない場合があるので、その際にはアダプティブクルーズコントロールの動作であっても運転者不測の事態備えてブレーキペダルをいつでも踏めるようにしておく必要があるまた、高速道路本線料金所など、車間かかわらず減速する必要がある場面では、適宜マニュアルでの操作を行う必要があることもある。

アダプティブクルーズコントロールは、一般的に運転席ボタンオン・オフ設定速度などを変更することが可能である。走行速度設定した速度合わせ、セットボタンを押すことでその速度設定される機能を持つものもある。高速走行時低速走行時で、それぞれ設定変更しなければならないものもあるが、シームレス移行する機能持ったものもある。

アダプティブクルーズコントロールの問題点として、車がカーブしたり、車線変更したりする際に、システム制御が必ずしも周囲の状況適さなくなる可能性挙げられている。しかし、走行テスト結果などから、ある程度想定される状況への対応は適切に行われるよう設定されており、例え目の前に他の車が割り込んできた時に車間一時的に詰まって減速しないよう考慮されているものもある。

アダプティブクルーズコントロールの中にはカーナビなど連携し高速道路上で高速走行でしか動作しないように設定されているものもあるが、一般道での走行渋滞時などに対応した機能を持つものも開発されている。

改良型コンバインドサイクル発電

読み方:かいりょうがたコンバインドサイクルはつでん
別名:アドバンストコンバインドサイクル発電
英語:Advanced Combined Cycle DevelopmentAdvanced Combined Cycle、ACC

ガスタービン蒸気タービンなどの複数発電方式組み合わせて発電するコンバインドサイクル発電」のうち、燃料燃焼温度高めて高効率化図ったもののこと。

コンバインドサイクル発電」は、主にガスタービン蒸気タービン組み合わせて発電するガスタービンコンバインドサイクル発電」(GTCC)を指すが、燃料を燃やすことで生じガス圧力ガスタービン回し、そのガス余熱熱し水蒸気蒸気タービンを回す、という複合的な方式である。どちらか一方タービンのみ使用する方法比べて、より多く電力量生産できる

従来コンバインドサイクル発電では、燃焼温度1100前後であったに対して、改良型コンバインドサイクル発電は1300度の熱で燃焼する。これにってガスタービン蒸気タービンをより効率的に回し電力量向上させることができる。

改良型コンバインドサイクル発電の燃焼温度をさらに高めて、より発電効率を向上させた方式もあり、これらは1500度級コンバインドサイクル発電などと呼ばれている。


ACC

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸

分子式C4H7NO2
その他の名称ACC、1-Aminocyclopropanecarboxylic acid、アミノシクロプロパンカルボン酸、1-Aminocyclopropane-1α-carboxylic acid、1-Amino-1-cyclopropanecarboxylic acid、ACPC、Ac3c、Ac3c、1-Aminocyclopropane-1-carboxylic acid、Aminocyclopropanecarboxylic acid、2,2-Ethanoglycine
体系名:1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸、1-アミノシクロプロパンカルボン酸、1-アミノシクロプロパン-1α-カルボン酸、1-アミノ-1-シクロプロパンカルボン酸、2,2-エタノグリシン


1-アミノシクロプロパン-1-カルボン酸

英訳・(英)同義/類義語:ACC , 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid, ACC, 1-aminocyclopropane-1-carboxylic acid

植物ホルモンとして機能するエチレン植物体内合成される過程中間体で、S-アデノシルメチオニンからACCシンターゼによって作られる

ACC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/28 02:40 UTC 版)

ACCは以下の用語の略称:




「ACC」の続きの解説一覧

ACC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 15:33 UTC 版)

海上運賃一覧」の記事における「ACC」の解説

Alameda Corridor Chargeの略。

※この「ACC」の解説は、「海上運賃一覧」の解説の一部です。
「ACC」を含む「海上運賃一覧」の記事については、「海上運賃一覧」の概要を参照ください。


ACC(AC50)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 08:51 UTC 版)

第35回アメリカスカップ」の記事における「ACC(AC50)」の解説

ルイ・ヴィトンカップ及びアメリカスカップ本戦使用されるヨット。ハルサイズは15m(50フィート弱)と、AC45F/AC45Sに比べ若干拡大されているが、前回大会AC72比べる小型化された。

※この「ACC(AC50)」の解説は、「第35回アメリカスカップ」の解説の一部です。
「ACC(AC50)」を含む「第35回アメリカスカップ」の記事については、「第35回アメリカスカップ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「acc」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「acc」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



accと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「acc」の関連用語

accのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



accのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2024 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2024, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのACC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海上運賃一覧 (改訂履歴)、第35回アメリカスカップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS