行政官とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 官吏 > 行政官の意味・解説 

ぎょうせい‐かん〔ギヤウセイクワン〕【行政官】

読み方:ぎょうせいかん

行政事務従事する公務員総称。→司法官

「行政官」に似た言葉

行政官

読み方:ギョウセイカン(gyouseikan)

行政司る政府機関慶応4年設置


行政官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 09:59 UTC 版)

行政官(ぎょうせいかん)は、行政府職員または職員の官職のひとつ。




「行政官」の続きの解説一覧

行政官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:41 UTC 版)

大水滸シリーズの登場人物」の記事における「行政官」の解説

陳娥 文治省事務方。 (楊令伝亡き郝思文の妻で郝瑾郝嬌の母。前作存在自体言及されていたが、名前の判明本格的な登場は『楊令伝』から。前作では家族で夫と行動を共にする梁山泊壊滅後残党狩りから同志逃が役目担当し、本寨完成後は文治省事務担当する数年ぶりに郝瑾再会した際には涙をこぼしたが、童貫との決戦喪ってしまう。郝嬌燕青ついていく決意した際は娘の想い後押しして送り出した。 (岳飛伝引き続き文治省事務担当大洪水呆然とする周囲叱咤して単位変更する事業に取り組む。呉用死後引退し金翠蓮と共に孤児たち連れて子午山移住する王妤 洞宮山生産担当。 (楊令伝前作死んだ李応の妻で李媛李英の母。李応梁山泊加わ際に離縁され山中暮らしていた。青蓮寺残党狩り逃れて洞宮山へ入る。生産活動従事し童貫戦の後は顧大嫂が本寨に移ったため洞宮山運営担当後に桑受再婚する。『岳飛伝』で王清洞宮山里帰りた際には、すでに病没したことが判明する蒼香楊令伝)趙家村で趙仁(呉用)に囲われていた女。方臘の乱収束した後に李俊保護され呉用再会彼の素性を知る。望んで呉用と共に梁山泊移り身の回り世話だけでなく民政に関する資料整理担当する顧大嫂などからは呉用の妻のような感覚見られている。 (岳飛伝呉用の妻として資料整理担当宣凱が金との講和交渉に臨む際は呉用記したに関する資料提供した献身的に呉用看病し宣凱と共に呉用の死を看取る

※この「行政官」の解説は、「大水滸シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「行政官」を含む「大水滸シリーズの登場人物」の記事については、「大水滸シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


行政官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 23:12 UTC 版)

ピボール行政区」の記事における「行政官」の解説

ピボール行政区長官(GPAA、2014年 - 2015年行政区長官州知事同等の権力を持つ。 デイヴィッド・ヤウ・ヤウ(英語版)(2014年7月30日 - 2015年12月23日?) ピボール行政区長官2020年 - ) 未定

※この「行政官」の解説は、「ピボール行政区」の解説の一部です。
「行政官」を含む「ピボール行政区」の記事については、「ピボール行政区」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「行政官」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「行政官」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



行政官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「行政官」の関連用語

行政官のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



行政官のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの行政官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大水滸シリーズの登場人物 (改訂履歴)、ピボール行政区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS