感覚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 感覚の意味・解説 

かん かく [0] 【感覚】

( 名 ) スル
目・耳・鼻・皮膚・舌などが身体の内外から受けた刺激感じ取る働きまた、感じ取った色・音・におい・温度など。哲学的には、感覚は知覚構成分であり、まだ意味づけられていないものとして知覚とは区別される。 「寒さで-がなくなる」 → 五感
美醜善悪など物事について)感じとること。また、感じとる心の働き感受性感じ方。 「色彩-」 「 -が古い」 「新しい-の服」 「金銭対する-が麻痺まひ)している」 「悲哀を-する心も/小説神髄 逍遥」 〔幕末から明治初期にかけての、sensation などの訳語


感覚

作者中川益夫

収載図書相互作用
出版社中井書店
刊行年月2007.12
シリーズ名中川益夫作品集


感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/09 15:17 UTC 版)

感覚(かんかく)





感覚

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:44 UTC 版)

名詞

 かんかく

  1. 外からの、音などの刺激じる働きとそれによって起こる意識
  2. 美しさ違いなどを感じ取る働き

関連語

翻訳




感覚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「感覚」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感覚」の関連用語

感覚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



感覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS