感覚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 感覚の意味・解説 

かん‐かく【感覚】

外界からの光・音・におい・味・寒温・触などの刺激を感じる働きと、それによって起こ意識視覚聴覚嗅覚(きゅうかく)・味覚触覚や、温覚冷覚痛覚など。「寒さで指の—がなくなる」

美醜よしあし相違などを感じとる心の働きセンス感受性。「日本人の—では理解しにくい」「—が鋭い」「新—のデザイン

他の名詞下に付いて

㋐それを感じ取る心の働き。「バランス—」「金銭—」

そういう心構え雰囲気気分。「学生アルバイト—でいられては困る」


感覚

作者中川益夫

収載図書相互作用
出版社中井書店
刊行年月2007.12
シリーズ名中川益夫作品集


感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/25 02:27 UTC 版)

感覚(かんかく)





感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 10:09 UTC 版)

感覚神経系は、感覚情報受容と処理に携わっている。感覚情報は、脳神経から、脊髄神経から、さらには血液晒される脳の中心から直接に伝えられる。脳はまた、視覚嗅覚聴覚味覚という特殊感覚(英語版)からの情報受け取り処理している。感覚運動統合英語版)も行なわれる。 脳は皮膚から、触覚圧覚痛覚振動覚温度覚を受け取る。関節からは、その位置に関する情報受け取る。感覚野英語版)は中心溝挟んで運動野のすぐ隣にあり、運動野と同様体の各部位からの感覚にそれぞれ対応した領域を持つ。皮膚の感覚受容器受け取った刺激神経シグナル変換され脊髄の中の経路に従って一連の神経を通じ脳へ上ってゆく。内側毛帯は、微細な触覚振動覚関節位置伝える。経路となる神経線維脊髄背側から延髄背側上り、そこで二次ニューロン接続し、それが直ち正中線上で左右に交差するこれらの神経線維はさらに上行し、視床視床腹側基底核英語版) へ入って三次ニューロン接続し、それが感覚野軸索延ばす。脊髄視床路は、痛覚温度覚、大まかな触覚伝える。この経路神経線維脊髄上行し、痛覚温度覚を伝え神経線維脳幹網様体二次ニューロン接続し大まかな触覚伝え神経線維視床視床腹側基底核まで延びている。 視覚は、目の網膜当たった光により引き起こされる網膜光受容体は、光による刺激電気的な神経シグナル活動電位)へ変換し後頭葉視覚野へ送る。網膜出た視覚信号視神経を通る。眼球の鼻側にある網膜から来た視神経は、もう一方眼球の耳側から視神経視交差で合流し左右それぞれの視索(英語版)となる。網膜位置に応じて視神経経路このように配置しているのは、視野の左側両眼球の網膜それぞれで右側に投影されるため、両方まとめて大脳半球視覚野処理しているのであり、反対側の視野同様である。視索は外側膝状体で脳に入り、視放線英語版を通じて視覚野達する。 聴覚平衡感覚はいずれ内耳引き起こされる。音は耳小骨振動となり、それが最終的に聴覚器官へ続く。頭の傾き変化内耳の中の液体動きとなる。これが神経シグナルを生み、内耳神経伝わる。ここから蝸牛神経英語版)、上オリーブ英語版)、内側膝状体英語版)、聴放線経て聴覚野達する。 嗅覚鼻腔の嗅粘膜英語版)の嗅上皮英語版)にある嗅覚受容神経引き起こされるここから出た神経シグナル篩骨篩板を貫く嗅神経で脳に入る。嗅神経嗅球神経回路つながりここから嗅覚野へ情報伝えられる味覚は舌上の味覚受容体英語版)で引き起こされ顔面神経舌咽神経を通じて脳幹の孤束英語版)に達する。味覚情報一部咽頭から迷走神経を通じてここへ達する。味覚情報はさらに視床下部経て味覚野(英語版)へ伝えられる

※この「感覚」の解説は、「ヒトの脳」の解説の一部です。» 「ヒトの脳」の概要を見る


感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/06 15:00 UTC 版)

陰茎刺激を受けオーガズム近付くにつれ男性は、強烈で非常に快い、神経筋肉の[訳語疑問点]脈動する多幸感感じる。これらの脈動肛門括約筋から始まり亀頭へと移動してゆく。オーガズム接近と共にこれらは速度強度増してゆき、最後には数秒持続する快感の「高原」、すなわちオーガズムへと至る。 オーガズム間には、通常精液射出され多幸感徐々に消えていった後も数秒間は射精が続くこともある。「オーガズム」の正確な感覚は男性によって違いがある考えられている。

※この「感覚」の解説は、「オーガズム」の解説の一部です。» 「オーガズム」の概要を見る


感覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:33 UTC 版)

複眼と単眼」も参照 特別な感覚器官としては、眼と触角挙げられるそれ以外各部小さな受容器を持つ。 大部分昆虫頭部1対複眼と3個以下の単眼を持つ。両者有する場合片方だけの場合、ごく一部両方とも持たない例がある。複眼主要な視覚器として働き、よく発達したものでは優れた視覚を持つと考えられるまた、紫外線視覚する能力を持っている。すなわち解剖学的に昆虫目に紫外線感知する細胞がある。ヒトの眼ではオスとメスの色の区別ができない昆虫(たとえば、モンシロチョウの翅の色)でも、実際にはオスとメスの翅で紫外線反射率大きな差があるそのため、モンシロチョウ自身の目には、ヒト目と違ってオスとメスの翅は全く別の色であると認識できているものと推察される。また単眼明暗のみを感知する化学物質受容、つまり味覚嗅覚触角口器、および歩脚先端部である附節にある。いくつかの昆虫個体間の誘因などの役割を担うフェロモンを出すが、その受容触角行われる聴覚特化した器官を持つ例は多くなく、コオロギセミなど一部限られるまた、1990年から2020年間に発表された科学文献レビューにより、昆虫には認知能力感性があるという証拠があることが分かった

※この「感覚」の解説は、「昆虫」の解説の一部です。» 「昆虫」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

感覚

出典:『Wiktionary』 (2021/05/16 14:13 UTC 版)

名詞

 かんかく

  1. 外からの、音などの刺激じる身体働きと、それによって起こ意識
  2. 美しさ違いよしあし正否などを感じ取判断する働き
  3. 雰囲気気分

関連語

翻訳


「感覚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



感覚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「感覚」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

感覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒトの脳 (改訂履歴)、オーガズム (改訂履歴)、昆虫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS