感性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 感性の意味・解説 

かん‐せい【感性】

物事を心に深く感じ取る働き感受性。「感性が鋭い」「豊かな感性」

外界からの刺激受け止める感覚的能力カント哲学では、理性悟性から区別され、外界から触発されるものを受け止め悟性認識材料与え能力


かん‐せい【感性】

〔名〕

① (━する) 心に深く感じること。

浮世草子男色十寸鏡(1687)下「只一首の哥にて、心もやはらぎ、感性(カンセイ)するは、是哥の徳也」

哲学の用語。知性意志区別された、感覚欲求感情情緒などにかかわる心の能力。→悟性理性。〔哲学字彙(1881)〕


感性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 23:12 UTC 版)

感性(かんせい)は、人間の持つ知覚的な能力のひとつである。




「感性」の続きの解説一覧



感性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感性」の関連用語

感性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS