見識とは?

けん‐しき【見識】

物事深く見通し本質をとらえる、すぐれた判断力。ある物事対す確かな考え意見識見。「見識を備え人物

気位(きぐらい)。みえ。「彼女はいやに見識が高い」


けん‐しき【見識・権式・権識】

〔名〕

物事正しく見通し本質弁別するすぐれた判断力やしっかりした考え識見

四河入海(17C前)七「言は見識ありて人の内性を見とをすやうな心ぞ」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「其位な見識を有して居る吾輩矢張り一般猫児の毛の生へたもの位に思って」〔二程遺書一八

② 説いていることがらまた、判断

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)八「仏法けんしき大乗と唱る文字は、大きにのると訓」

気位。みえ。

洒落本禁現大福帳(1755)三「いつ迄も見識(ケンシキ)を高くすれば、見識(ケンシキ)の高い得意が出来る物じゃから」



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「見識」の関連用語

見識のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



見識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS