研修とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 研修 > 研修の意味・解説 

けん‐しゅう〔‐シウ〕【研修】

読み方:けんしゅう

[名](スル)職務上必要とされる知識技能高めるために、ある期間特別に勉強実習をすること。また、そのために行われる講習。「入社後―を受ける」「海外―」

入国管理法における外国人在留資格の一。日本国内企業等で、研修生として、社員研修工場見学など実務伴わない研修を受けることができる。→技能実習


階層別教育訓練(研修)

別名:研修

従業員を、職位役職資格等級等によって区分し、その階層ごとに共通する教育訓練(研修)等を実施する仕組み

新入社員研修、新昇格者研修、新任管理職研修等が主なもの

関連ページ
人材育成

研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/26 03:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「研修」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「研修」を含むページの一覧/「研修」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「研修」が役に立つかも知れません。

関連項目



研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/26 12:36 UTC 版)

検量人」の記事における「研修」の解説

海事公益法人協議会実施する合同研修と訓練日程終え認定総合テストに合格し、国土交通省から検量人手帳交付を受ける。

※この「研修」の解説は、「検量人」の解説の一部です。
「研修」を含む「検量人」の記事については、「検量人」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/08 02:04 UTC 版)

行動援護従業者」の記事における「研修」の解説

全国都道府県行われ日程各都道府県で違う。

※この「研修」の解説は、「行動援護従業者」の解説の一部です。
「研修」を含む「行動援護従業者」の記事については、「行動援護従業者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 02:00 UTC 版)

貸金業務取扱主任者」の記事における「研修」の解説

研修には貸金業務取扱主任者研修Aと貸金業務取扱主任者研修Bの2種類があった。尚、当該研修は平成21年12月を以て最後となり、後は国家試験により取得するものとなった移行措置等は無かった為、旧主任者研修修了者の資格保有している者も資格試験受験し合格する必要があった。 ※研修修了資格は4条施行時まで有効であった。4条施行までの間に現行制度選任している主任者資格試験に合格し登録を完了した場合や、資格試験に合格し登録を完了した主任者選任した場合所定の届出を行うことで、現行の主任者研修の受講免除を受けることができた。

※この「研修」の解説は、「貸金業務取扱主任者」の解説の一部です。
「研修」を含む「貸金業務取扱主任者」の記事については、「貸金業務取扱主任者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 22:59 UTC 版)

横浜ピアノ調律学院」の記事における「研修」の解説

外部施設見学旅行 静岡県にあるピアノメーカーの工場見学楽器博物館など。 ボランティア実習 公共施設等での出張調律ボランティア

※この「研修」の解説は、「横浜ピアノ調律学院」の解説の一部です。
「研修」を含む「横浜ピアノ調律学院」の記事については、「横浜ピアノ調律学院」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/30 20:16 UTC 版)

重度訪問介護従業者」の記事における「研修」の解説

全国都道府県行われ日程各都道府県で違う。下記広島県の例。

※この「研修」の解説は、「重度訪問介護従業者」の解説の一部です。
「研修」を含む「重度訪問介護従業者」の記事については、「重度訪問介護従業者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/02 09:23 UTC 版)

居宅介護従業者」の記事における「研修」の解説

全国都道府県行われ日程各都道府県異なる。

※この「研修」の解説は、「居宅介護従業者」の解説の一部です。
「研修」を含む「居宅介護従業者」の記事については、「居宅介護従業者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 08:26 UTC 版)

寺下薫」の記事における「研修」の解説

トレーナーとして基礎は、ソフトバンク学んだ講演語っている。 「人は変われる証明する研修」と謳っている。

※この「研修」の解説は、「寺下薫」の解説の一部です。
「研修」を含む「寺下薫」の記事については、「寺下薫」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 14:50 UTC 版)

IAESTE」の記事における「研修」の解説

研修の概要については以下を参照研修期間は8〜52週間原則であり、長期夏季休暇利用する学生が多い。 日本には毎年数十人の研修生来日し大学企業で研修を受けている。 派遣生(IAESTE Japan使ってインターンに行く研修生)と外国からの研修生人数等しくしなければいけないという一対一交換原則がある。 日本派遣生となるためには毎年10月ごろに行われる認定試験を受け、これに合格する必要がある認定試験受験資格は、研修実施時に日本の大学(原則として理工農薬学系)の学部3年以上または大学院在籍者で、1930歳国籍問わない。研修実施翌年からなので、学部2年生でも受験することが可能である合格して派遣候補生になってマッチング(後述)の問題で、期間や分野などが合わず派遣生になれないこともある。 研修先の国・機関を選ぶことはできない費用IAESTE Japan会員費・認定試験料・交換手数料支払う他、渡航費保険自費負担である。ただし、日本での一般的なインターンとは違い滞在費企業などから支給される

※この「研修」の解説は、「IAESTE」の解説の一部です。
「研修」を含む「IAESTE」の記事については、「IAESTE」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 23:20 UTC 版)

日本災害医療教育研修協会」の記事における「研修」の解説

日本多発する地震洪水等の自然災害や、N()・B(生物)・C(化学災害テロ等の人為災害対処する医療災害医療)に従事し人命救助最優先に活動する人達への教育・訓練・研修と連携するシステム充実させ、経験不足教育不十分な人々災害現場派遣することにより予想される2次3次災害を防ぐためにスウェーデンEmergo Train System (エマルゴ)を用いた災害医療教育と研修、並びに災害医療訓練に関するトレーニング紹介導入、及び普及目的として設立され一般社団法人NBC災害などの特殊災害から、一般市民レベル応急処置救急蘇生法などまでを幅広く扱う.2012年1月より従来のエマルゴ担当セクション日本エマルゴ協会として事業部化、日本臨床シミュレーション機構新たな事業部として統合日本神経救急学会神経蘇生トレーニングコースであるISLS(Immediate Stroke Life Support)や日本臨床救急医学会日本救急看護学会により開発され緊急度判定支援システム研修会JTAS)などを扱う。

※この「研修」の解説は、「日本災害医療教育研修協会」の解説の一部です。
「研修」を含む「日本災害医療教育研修協会」の記事については、「日本災害医療教育研修協会」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 07:06 UTC 版)

自動車整備主任者」の記事における「研修」の解説

新規整備主任者特別研修(最初に選任され時のみ) 整備主任者定期研修(法令技術)。道路運送車両法91条3による自動車分解整備事業者の遵守事項)による義務研修。

※この「研修」の解説は、「自動車整備主任者」の解説の一部です。
「研修」を含む「自動車整備主任者」の記事については、「自動車整備主任者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 07:07 UTC 版)

整備管理者」の記事における「研修」の解説

資格要件のなかで「地方運輸局が行う研修」とあるが、整備管理者に関して地方運輸局が行う研修は2種類ある。区別のため資格要件として行う研修を選任前研修、すでに選任されている整備管理者に対して行う研修を選任後研修という。

※この「研修」の解説は、「整備管理者」の解説の一部です。
「研修」を含む「整備管理者」の記事については、「整備管理者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/04 02:36 UTC 版)

検数人」の記事における「研修」の解説

例年6月ごろに行われる海事公益法人協議会下部機関である地区研修委員会全国10地区)で研修を3ヶ月受講し認定総合テストを受ける。

※この「研修」の解説は、「検数人」の解説の一部です。
「研修」を含む「検数人」の記事については、「検数人」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 09:04 UTC 版)

移動介護従事者」の記事における「研修」の解説

各地によって違う。訪問介護員資格者に対してホームヘルプ関連科目免除する地域がほとんど。

※この「研修」の解説は、「移動介護従事者」の解説の一部です。
「研修」を含む「移動介護従事者」の記事については、「移動介護従事者」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 08:38 UTC 版)

災害派遣精神医療チーム」の記事における「研修」の解説

国(厚生労働省が国精神・神経医療研究センターに「災害時こころのケア情報センター事業」を委託し、研修を実施している。精神保健福祉センター長や、都道府県精神保健担当者参加している。

※この「研修」の解説は、「災害派遣精神医療チーム」の解説の一部です。
「研修」を含む「災害派遣精神医療チーム」の記事については、「災害派遣精神医療チーム」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 07:31 UTC 版)

労働大学校」の記事における「研修」の解説

管理監督者研修 労働基準監督署公共職業安定所の署所長課長級対象実施一般研修(基礎上級基礎研修は採用1年目職員対象上級研修採用5年目頃の職員対象実施専門研修 専門性の高い職務役職に就任した職員対象実施。 特別研修

※この「研修」の解説は、「労働大学校」の解説の一部です。
「研修」を含む「労働大学校」の記事については、「労働大学校」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 06:32 UTC 版)

帝京大学可児高等学校中学校」の記事における「研修」の解説

中学1年次にチャレンジキャンプ(淡路島)。 中学2年次にビジョンクエストキャンプ。 中学3年次に東京及び近郊大学見学オーストラリア語学研修。 高校1年次に乗鞍学習合宿高校2年次に乗鞍学習合宿一部)、修学旅行香港)。

※この「研修」の解説は、「帝京大学可児高等学校中学校」の解説の一部です。
「研修」を含む「帝京大学可児高等学校中学校」の記事については、「帝京大学可児高等学校中学校」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 21:02 UTC 版)

エネルギー管理士」の記事における「研修」の解説

一般財団法人省エネルギーセンターが、エネルギー管理研修を全国で年1回実施する

※この「研修」の解説は、「エネルギー管理士」の解説の一部です。
「研修」を含む「エネルギー管理士」の記事については、「エネルギー管理士」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 18:06 UTC 版)

日本能率協会マネジメントセンター」の記事における「研修」の解説

マネジメントリーダーシップキャリア開発などをテーマとした研修を企業内講師派遣し提供している

※この「研修」の解説は、「日本能率協会マネジメントセンター」の解説の一部です。
「研修」を含む「日本能率協会マネジメントセンター」の記事については、「日本能率協会マネジメントセンター」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 19:29 UTC 版)

訪問介護員」の記事における「研修」の解説

ホームヘルパー講習を受け修了した者に与えられる認定である。講習課程には1級と2級がある。ホームヘルパーは、厚生労働省認定した講習事業者講習行い事業者から修了証渡されるものであり、国家資格である。都道府県によっては2級1級資格取得のための『達成度測定といわれる復習テストが行われる場合がある2級 講義福祉サービス基本視点社会福祉制度サービスホームヘルプサービスに関する知識サービス利用者理解介護に関する知識方法家事援助に関する知識方法相談援助ケア計画の方法等 実技共感的理解基本的態度形成基本介護技術ケア計画作成記録報告の技術等 校外実習介護実習ホームヘルプサービス同行訪問在宅サービス提供現場見学 1級 講義社会福祉関連制度サービス介護方法技術チームケアチームワーク実技ケアマネージメント技術指導技術介護技術の向上等 校外実習痴呆高齢者処遇難事例対応実習デイサービスセンター実習チーム運営方式業務実習訪問看護同行訪問在宅介護支援センター職員との同行訪問

※この「研修」の解説は、「訪問介護員」の解説の一部です。
「研修」を含む「訪問介護員」の記事については、「訪問介護員」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:52 UTC 版)

ポラリスプロジェクトジャパン」の記事における「研修」の解説

人身取引被害者との接触が多い入国管理局職員警察官などへ、人身取引問題実態経路具体例など、研修事業行っている

※この「研修」の解説は、「ポラリスプロジェクトジャパン」の解説の一部です。
「研修」を含む「ポラリスプロジェクトジャパン」の記事については、「ポラリスプロジェクトジャパン」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 04:23 UTC 版)

人事」の記事における「研修」の解説

総務省公務員課においては次のようなテーマ取り上げて研修を行っている人事制度改革必要性 人事制度改革の効果 現状打破 人事部門役割 人が働く理由 個人と組織あり方 キャリア形成 管理職員意識改革 人事オープン化 人材育成観点 職員参加型制度設計 制度構築のための情報収集 職務把握分類 キャリア選択仕組み 評価試行見直し 納得性を高め方法 評価者被評価者訓練 能力評価あり方 機能する目標管理制度 評価結果活用 フィードバック必要性

※この「研修」の解説は、「人事」の解説の一部です。
「研修」を含む「人事」の記事については、「人事」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 21:32 UTC 版)

京都ピアノ技術専門学校」の記事における「研修」の解説

浜松研修旅行静岡県にあるピアノメーカーの工場見学楽器博物館など。 ヨーロッパ研修旅行ドイツオーストリアイタリアフランスチェコなど各国ピアノ製造メーカーから3社ほど視察で巡る。ピアノ部品メーカー古楽器博物館作曲家生家なども見学する

※この「研修」の解説は、「京都ピアノ技術専門学校」の解説の一部です。
「研修」を含む「京都ピアノ技術専門学校」の記事については、「京都ピアノ技術専門学校」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 14:37 UTC 版)

中部楽器技術専門学校」の記事における「研修」の解説

海外研修があるが年度により異なり下記2011年平成23年)度実績よるものである。 ギタークラフトコース、楽器総合学科中国上海メッセ見学 バイオリン修理製作コース:イタリア・クレモナ見学 全学対象ヨーロッパ工場見学など

※この「研修」の解説は、「中部楽器技術専門学校」の解説の一部です。
「研修」を含む「中部楽器技術専門学校」の記事については、「中部楽器技術専門学校」の概要を参照ください。


研修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/01 07:05 UTC 版)

山県市立乾小学校」の記事における「研修」の解説

2004年平成16年) - 初の長期宿泊研修が行われる。山の部・海の部と3泊4日が2回。山の部は地元海の部は三重河芸2005年平成17年) - 山の部・海の部3泊4日計2回。 2006年平成18年) - 海の部のみになる。3泊4日2007年平成19年) - 海の部のみ。3泊4日2008年平成20年) - 海の部のみ。行き先三重河芸から愛知美浜になる。3泊4日2009年平成21年) - 閉校のため、最後の宿泊研修愛知美浜。3泊4日

※この「研修」の解説は、「山県市立乾小学校」の解説の一部です。
「研修」を含む「山県市立乾小学校」の記事については、「山県市立乾小学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「研修」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

研修

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:23 UTC 版)

発音(?)

け↗んしゅー

名詞

けんしゅう

  1. 職務などで必要知識技能身に付けるために勉強実習を行うこと。

動詞

活用

サ行変格活用
研修-する

「研修」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



研修と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「研修」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



研修のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2022 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの研修 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの検量人 (改訂履歴)、行動援護従業者 (改訂履歴)、貸金業務取扱主任者 (改訂履歴)、横浜ピアノ調律学院 (改訂履歴)、重度訪問介護従業者 (改訂履歴)、居宅介護従業者 (改訂履歴)、寺下薫 (改訂履歴)、IAESTE (改訂履歴)、日本災害医療教育研修協会 (改訂履歴)、自動車整備主任者 (改訂履歴)、整備管理者 (改訂履歴)、検数人 (改訂履歴)、移動介護従事者 (改訂履歴)、災害派遣精神医療チーム (改訂履歴)、労働大学校 (改訂履歴)、帝京大学可児高等学校中学校 (改訂履歴)、エネルギー管理士 (改訂履歴)、日本能率協会マネジメントセンター (改訂履歴)、訪問介護員 (改訂履歴)、ポラリスプロジェクトジャパン (改訂履歴)、人事 (改訂履歴)、京都ピアノ技術専門学校 (改訂履歴)、中部楽器技術専門学校 (改訂履歴)、山県市立乾小学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの研修 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS