協議会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 協議会の意味・解説 

協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 00:23 UTC 版)

協議会(きょうぎかい、英語: Council)は、様々なあるいは同様な立場の人々や、又は団体が集まって 議題について、参加者が実現化にむけた 議論をし、実現に結びつけることを協議といい、そういった会を協議会という[1][2]英語: Councilまたはフランス語: Conseilの日本語訳またはそれに相当する用語として使われる場合が多いが、評議会、代表者会、代表者会議などと訳される場合もある。




「協議会」の続きの解説一覧

協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 07:02 UTC 版)

空港法」の記事における「協議会」の解説

空港管理者は、関係行政機関航空運送事業者、地元自治体観光団体などで構成する協議会を設置し空港利用者利便性向上のための協議を行うことができる。

※この「協議会」の解説は、「空港法」の解説の一部です。
「協議会」を含む「空港法」の記事については、「空港法」の概要を参照ください。


協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 06:08 UTC 版)

アメリカ科学振興協会」の記事における「協議会」の解説

協議会は、取締役会、各セクションの元会長選ばれた代表で構成される選ばれた表の中には米国科学アカデミーの代表2名とアメリカ各地の代表が含まれるAAAS社長が協議会の議長を務めるメンバー任期3年である。 AAASについての重要事項議論する会議毎年開催している。協会全ての活動調査する権限があり、新たなフェロー選出決議案採択憲章改正細則追加新たなセクション創設地方支部設立などを決める。

※この「協議会」の解説は、「アメリカ科学振興協会」の解説の一部です。
「協議会」を含む「アメリカ科学振興協会」の記事については、「アメリカ科学振興協会」の概要を参照ください。


協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 00:03 UTC 版)

王立地理学会」の記事における「協議会」の解説

学会は協議会(Council)と呼ばれる役員組織運営しており、代表者会長President)である。協議会の役員及び会長選挙により選出される。協議会は36からなり、うち22人の任期3年である。協議会の役員名誉会員名誉会長ケント公を含む)からも選出される

※この「協議会」の解説は、「王立地理学会」の解説の一部です。
「協議会」を含む「王立地理学会」の記事については、「王立地理学会」の概要を参照ください。


協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 10:04 UTC 版)

カナダ合同教会」の記事における「協議会」の解説

長老会全国13ある協議会 (conference) のうちの1つ所属する。協議会は教職者候補訓練教育教会伝道全体的な方針、また総会参加する委員を選ぶことに対して責任を負う

※この「協議会」の解説は、「カナダ合同教会」の解説の一部です。
「協議会」を含む「カナダ合同教会」の記事については、「カナダ合同教会」の概要を参照ください。


協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 02:46 UTC 版)

環境カウンセラー」の記事における「協議会」の解説

全国各地には、様々な分野環境カウンセラーが、任意で所属している「環境カウンセラー協会(協議会)」(原則非営利団体)が地域ごとに設立されている。環境に関する啓蒙活動や、カウンセリング活動等行っている。また所属しているカウンセラー紹介行っている。 この協議会は任意団体であり、カウンセラー全員が所属しているものではなく、また全国統一された規約もないため、各会ごとに目的活動内容異なる。

※この「協議会」の解説は、「環境カウンセラー」の解説の一部です。
「協議会」を含む「環境カウンセラー」の記事については、「環境カウンセラー」の概要を参照ください。


協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 06:49 UTC 版)

FREESPOT」の記事における「協議会」の解説

機器メーカーである株式会社バッファロー提唱したため、FREESPOT協議会の主幹事会社同社である。しかし、同社機器使用しなければいけないというわけではなく、無料でアクセスできる「アクセスポイント」を開設するだけで、誰でも FREESPOT登録することができる。 また、この協議会は開始当初普及促進するために、「アクセスポイント用の機器」を公共機関自治体を通じ無料配布行ったこれにより図書館観光案内所、駅などのフリースポット整備する自治体少なくない。 ただし、機器設置希望者が「ホテル旅館などの宿泊施設」に集中しがちである

※この「協議会」の解説は、「FREESPOT」の解説の一部です。
「協議会」を含む「FREESPOT」の記事については、「FREESPOT」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「協議会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「協議会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

協議会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



協議会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの協議会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの空港法 (改訂履歴)、アメリカ科学振興協会 (改訂履歴)、王立地理学会 (改訂履歴)、カナダ合同教会 (改訂履歴)、環境カウンセラー (改訂履歴)、FREESPOT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS