ローマカトリック教会とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > キリスト教 > 教派 > ローマカトリック教会の意味・解説 

ローマ‐カトリックきょうかい〔‐ケウクワイ〕【ローマカトリック教会】


カトリック教会

(ローマカトリック教会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 08:47 UTC 版)

カトリック教会(カトリックきょうかい、ラテン語: Ecclesia Catholica)は、ローマ教皇を最高指導者として全世界に13億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派。その中心をローマ司教座聖座ローマ教皇庁)に置くことから、ローマ教会ローマ・カトリック教会とも呼ばれる[1]


注釈

  1. ^ この場合は現在のカトリック教会と正教会を含む。
  2. ^ 東方教会ではこの言葉に由来して、総主教首座主教などが持つ「カトリコス: Catholicos)」という称号がある。
  3. ^ 原典は古代ギリシア語: Εἰς μίαν, ᾱ̔γίαν, καθολικὴν καὶ ἀποστολικὴν Ἐκκλησίαν, ラテン文字化: Eis mian, hagian, katholikēn kai apostolikēn Ekklēsian;現代ギリシア語: Εις μίαν, αγίαν, καθολικήν και αποστολικήν Εκκλησίαν, 発音 [is ˈmian aˈʝian kaθoliˈkin ce apostoliˈkin ekliˈsian]
  4. ^ 西方典礼とほぼ同義語。第2バチカン公会議後の1969年に発布された「新しいミサ」の導入まで、東方典礼カトリック教会を除くローマ・カトリック教会は、ミサなどの典礼を世界中で全てラテン語で行っていた。
  5. ^ 中世には「来世の裁き」の観念が発達し、最後の審判を描く図像には天国の場所に神が裁判官として座し、マリアや聖人たちが仲介者として周りを囲んでいた[8]
  6. ^ 神の母という信仰は、3世紀初めからアレクサンドリアの教父によって行われている。428年ネストリオスはこれに反対し「キリストの母」と呼ぶべきだと唱えて、激しい論争が起こった[9]
  7. ^ マタイによる福音書』の第16章18-19節の箇所にのみ出てくる、ペトロはイエスより天国の管理人に任命されたとされる[10]
  8. ^ これらの教義は1992年に『カトリック教会のカテキズム』(CCC) として教皇庁により編纂され、順次各国語に翻訳されている。これは、いわゆるローマ・カトリック教会だけでなく東方典礼カトリック教会の規範にもなっている。なお、イエズス会フランシスコ会などはローマ・カトリック教会の組織内部の修道会であり、教義(カテキズム)については同じであるため、「イエズス会派」「フランシスコ教団」などと呼んだりプロテスタントの各教派と同列に扱うのは誤りである。
  9. ^ 教皇#地位と権威参照。
  10. ^ 中世には「来世の裁き」の観念が発達し、最後の審判を描く図像には天国の場所に神が裁判官として座し、マリアや聖人たちが仲介者として周りを囲んでいた[14]
  11. ^ マタイによる福音書』の第16章18-19節にある「天国の鍵」の記述の中で、ペトロが天国の管理人をするところの教会を、イエスは「自分の教会」と言ったという記述がある[15]
  12. ^ 主日のミサは、日曜日だけでなく前日の土曜日の夜のミサも含む。
  13. ^ カトリック教会では、聖母マリアや諸聖人を神として敬っているわけではないため、「マリア崇拝」等と称するのは誤りである。
  14. ^ ガリレオは、ニコラウス・コペルニクスヨハネス・ケプラーアイザック・ニュートンと並び、科学革命の中心人物とされている。

出典

  1. ^ 八木谷涼子 『なんでもわかるキリスト教大事典』p.58、朝日新聞出版 ISBN 9784022617217
  2. ^ DOGMATIC CONSTITUTION ON THE CHURCH LUMEN GENTIUM The Holy See(バチカン公式サイト)
  3. ^ 小高毅 よくわかるカトリック-その信仰と魅力 教文館 2002.15.May p.10
  4. ^ “教会への愛、教会における責任”. http://opusdei.org/ja-jp/article/kyoukaiheno-ai/ 2018年4月10日閲覧。 
  5. ^ Paul Kwong; Philip L. Wickeri (2015), “Chapter18: Sheng Kung Hui - The Contextualization of Anglicanism in Hong Kong”, in Mark David Chapman; Sathianathan Clarke; Martyn Percy, The Oxford Handbook of Anglican Studies, Oxford University Press, ISBN 978-0198783022, https://books.google.co.jp/books?id=JijYCgAAQBAJ&pg=PA256&lpg=PA256&dq=literally+means+%22Holy+Catholic+Church%22+in+Chinese.+It+was+the+Chinese+name+used+in+the+Church+since+mid-nineteenth+century&source=bl&ots=8gq7rvDwB9&sig=ACfU3U2Pv9lLiztONzx1h4nsc6A8QOKuIw&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwivgYWBtNDyAhVIE6YKHWdGD1AQ6AF6BAgREAM#v=onepage&q&f=false (英語)
  6. ^ An Introduction to the Christian Orthodox Churches, By John Binns, page 28 [1]
  7. ^ 小高毅『よくわかるカトリック-その信仰と魅力』(教文館 2002年(平成14年)5月15日)p.10
  8. ^ 岩波キリスト教辞典、P.779
  9. ^ 岩波キリスト教辞典、P.767
  10. ^ 岩波新約聖書2004年P131
  11. ^ 偶有性とは - コトバンク”. 2021年8月10日閲覧。
  12. ^ 全実体変化”. 護教の盾 (2014年5月2日). 2021年8月10日閲覧。
  13. ^ カトリック教会のカテキズム』194,195 (p65) ISBN 4877501010
  14. ^ 岩波キリスト教辞典P779 天国の項目 安發和彰
  15. ^ 岩波新約聖書2004年平成16年)、P.131
  16. ^ 『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』175頁
  17. ^ 東京大司教区に補佐司教任命”. カトリック中央協議会 (2004年12月2日). 2005年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月17日閲覧。
  18. ^ 『カトリック教会の教え』251-254頁
  19. ^ ANNUARIUM STATISTICUM ECCLESIAE: Published for 2000”. 2015年9月4日閲覧。
  20. ^ カトリック教会のカテキズムより。(『カトリック教会のカテキズム 要約(コンペンディウム)』137頁、カトリック中央協議会 ISBN 978-4-87750-153-2
  21. ^ “結婚の神秘”. http://opusdei.org/ja-jp/document/kekkonno-shinpi/ 2018年4月6日閲覧。 
  22. ^ “オプス・デイへの召し出し”. http://opusdei.org/ja-jp/article/opusudeiheno-meshidashi/ 2018年4月6日閲覧。 
  23. ^ 『カトリック教会の教え』252頁
  24. ^ クリスチャン神父のQ&A - カトリック松原教会 - 2014年(平成26年)10月31日閲覧
  25. ^ COMMON CHRISTOLOGICAL DECLARATION BETWEEN THE CATHOLIC CHURCH AND THE ASSYRIAN CHURCH OF THE EAST The Holy See(バチカン公式サイト)
  26. ^ 教皇庁教理省 (2007年6月29日). “教会論のいくつかの側面に関する問いに対する回答”. カトリック中央協議会. 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月17日閲覧。
  27. ^ 主の祈り 日本聖公会/ローマ・カトリック教会共通口語訳”. カトリック中央協議会. 2012年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月17日閲覧。



ローマカトリック教会(西方典礼)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 07:45 UTC 版)

ルーマニアの宗教」の記事における「ローマカトリック教会(西方典礼)」の解説

2011年国勢調査によると、ルーマニアのローマカトリック教会に所属するキリスト教徒は870,774人で、全人口の4.33%である。信者に多いのは、ハンガリー系500,444人、セーケイ人を含む、ハンガリー系41%)、ルーマニア人297,246人、同1.8%)、ドイツ系21,324人、同59%)、ロマ20,821人、同3.3%)である。また、国内スロバキア人ブルガリア人クロアチア人イタリア人チェコ人ポーランド人チャーンゴー人にも信者は多い(合計27,296人)。

※この「ローマカトリック教会(西方典礼)」の解説は、「ルーマニアの宗教」の解説の一部です。
「ローマカトリック教会(西方典礼)」を含む「ルーマニアの宗教」の記事については、「ルーマニアの宗教」の概要を参照ください。


ローマ=カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/04 16:01 UTC 版)

ゲオルクスマリーエンヒュッテ」の記事における「ローマ=カトリック教会」の解説

本市には以下のカトリック教会がある。 ヘルツ=イェズ教会アルトゲオルクスマリーエンヒュッテパドヴァの聖アントニウス教会(クロスター・エゼーデ) 聖ペテロおよびパウロ教会ゲオルクスマリーエンヒュッテ=エゼーデ) 聖霊教会ゲオルクスマリーエンヒュッテ=エゼーデ) マリア・フリーデン教会(ハールダーベルク) 聖ヨハネ/聖マリア教会(クロスター・エゼーデ) ヘルツ・イェズ教会パドヴァの聖アントニウス教会は、2009年2月からゲオルクスマリーエンヒュッテ西教組織形成している。聖ペテロおよびパウロ教会聖霊教会、聖マリア・フリーデン教会から形成されゲオルクスマリーエンヒュッテ教区組織2009年5月から聖ヨハネ/聖マリア教会組織取り込んで拡大したこのように本市には2つカトリック聖職者チーム存在している。それぞれ聖ペテロおよびパウロ教会パドヴァの聖アントニウス教会指導的立場司祭がおり、多くの聖職者宗教・組織担当者教会活動従事者擁しているホルステン=ミュントルプ市区カトリック信者は、ビッセンドルフのカトリック・ディオニシウス教会組織属している。

※この「ローマ=カトリック教会」の解説は、「ゲオルクスマリーエンヒュッテ」の解説の一部です。
「ローマ=カトリック教会」を含む「ゲオルクスマリーエンヒュッテ」の記事については、「ゲオルクスマリーエンヒュッテ」の概要を参照ください。


ローマ=カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 15:47 UTC 版)

フルダ」の記事における「ローマ=カトリック教会」の解説

フルダは、カトリックフルダ司教区ドイツ語版英語版)の司教座都市として、またドイツ司教会議ドイツ語版英語版)の定期的な開催地として、伝統的にカトリック根付いている。744年修道院設立は、フルダ市の創建でもある修道院とその支配地域が、1752年司教区にまで発展した。最も有名な司教がヨハネス・ディーバ大司教ドイツ語版)(1929年 - 2000年)である。彼は、その保守的な姿勢のため、人気であると同時に異論もあった。 宗教改革後カトリック礼拝はゼヴェリベルクの教会行われるだけとなったが、学校説教宗教問答を通じてイエズス会によって集中的に行われた対抗宗教改革が再びフルダカトリック戻した

※この「ローマ=カトリック教会」の解説は、「フルダ」の解説の一部です。
「ローマ=カトリック教会」を含む「フルダ」の記事については、「フルダ」の概要を参照ください。


ローマ=カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 10:17 UTC 版)

イベンビューレン」の記事における「ローマ=カトリック教会」の解説

イベンビューレンには9つカトリック教会があり、3つの教区分かれている。 聖マウリティウス=マリア・マグダレーナ教区聖マウリティウス教会内市街マリア=マグダレーナ教会、ラッゲンベック 聖十字架教区ルートヴィヒ教会内市街 聖ヨハネス・ボスコ教会レーエン/シールロー 聖モデストゥス教会、デーレンテ 聖フランツィシクス教区聖マリエン教会、ウッフェルン 聖バルバラ教会、ディッケンベルク 聖ミヒャエル教会、ボックラーデン 聖ヘルツ=イェズ教会、ピュッセルビューレン この他テックレンブルク=ブロホターベックの聖パウルペーター教会聖十字架教区含まれる。 現在、ミュンスター教区によって3つの教区統合が行われている。 @media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .mod-gallery{width:100%!important}}.mw-parser-output .mod-gallery{display:table}.mw-parser-output .mod-gallery-default{background:transparent;margin-top:.3em}.mw-parser-output .mod-gallery-center{margin-left:auto;margin-right:auto}.mw-parser-output .mod-gallery-left{float:left;margin-right:1em}.mw-parser-output .mod-gallery-right{float:right}.mw-parser-output .mod-gallery-none{float:none}.mw-parser-output .mod-gallery-collapsible{width:100%}.mw-parser-output .mod-gallery .title,.mw-parser-output .mod-gallery .main,.mw-parser-output .mod-gallery .footer{display:table-row}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div{display:table-cell;text-align:center;font-weight:bold}.mw-parser-output .mod-gallery .main>div{display:table-cell}.mw-parser-output .mod-gallery .gallery{line-height:1.35em}.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div{display:table-cell;text-align:right;font-size:80%;line-height:1em}.mw-parser-output .mod-gallery .title>div *,.mw-parser-output .mod-gallery .footer>div *{overflow:visible}.mw-parser-output .mod-gallery .gallerybox img{background:none!important}.mw-parser-output .mod-gallery .bordered-images .thumb img{outline:solid #eaecf0 1px;border:none}.mw-parser-output .mod-gallery .whitebg .thumb{background:#fff!important} ラッゲンベックの聖マリア・マグダレーナ教会 イベンビューレンの聖ルートヴィヒ教会 シールローの聖ヨハネス・ボスコ教会 デーレンテの聖モデストゥス教会 ウッフェルンの聖マリエン教会 ディッケンベルクの聖バルバラ教会 ボックラーデンの聖ミヒャエル教会 ピュッセルビューレンの聖ヘルツ=イェズ教会

※この「ローマ=カトリック教会」の解説は、「イベンビューレン」の解説の一部です。
「ローマ=カトリック教会」を含む「イベンビューレン」の記事については、「イベンビューレン」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/15 08:21 UTC 版)

チェコの宗教」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

詳細は「チェコカトリック」および「w:Roman Catholicism in the Czech Republicを参照 第一次世界大戦後信者数減少し始めオーストリア=ハンガリー帝国崩壊してオーストリア感情反教権主義大規模な運動始まるまでは、カトリック教会1910年時点では96.5%の人々信仰していた主流派教派だった。共産主義体制の下でチェコスロバキア統合されていた頃は、その一部後に返却されたが、教会資産の殆どは政府によって没収された。共産主義体制崩壊した後でも、1991年時点では39.0%のチェコ人カトリック教徒であったが、その後急速に信者数減少していった。2011年にはカトリック教徒だと答えたチェコ人は10.4%にまで減少し同様の状況プロテスタント多数派占めイングランドにも当て嵌まる従っチェコ共和国以前は完全にカトリック国家であったにも拘わらず宗教改革以来百年以上の期間で信仰捨てた唯一の具体例となり、隣国ポーランドスロバキアとは明確に対照的な現象示している

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「チェコの宗教」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「チェコの宗教」の記事については、「チェコの宗教」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 10:11 UTC 版)

悲しみの聖母」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

1233年比較初期において、修道会聖母のしもべ会」(または「僕会(英語版)」)が7人若者たちにより、現在のイタリア・トスカーナ州で設立された。その5年後には「十字架のもとに立った聖母悲しみ」を自分たちの修道会主な信心業とした。 数世紀が過ぎ、マリア悲しみ黙想する信心業がいくつか成立し聖職者たちもこれを行った。「聖母のしもべ会」は「七つの悲しみロザリオen」と「聖母七つの悲しみスカプラリオ」(黒のスカプラリオ英語版))という「聖母悲しみに対する信心業を普及させた。なお、この「聖母七つの悲しみスカプラリオ」は「悲しみの聖母の会(英語版)という世俗宗教団体シンボルであり、この会は聖母のしもべ会」が設立した信心業として使われるスカプラリオには、装飾物デザインなど決まりがあるが、この「聖母七つの悲しみスカプラリオ」は、黒のウール生地作られることのみがその決まりとなっている。

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「悲しみの聖母」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「悲しみの聖母」の記事については、「悲しみの聖母」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/18 09:15 UTC 版)

フィッセルヘーヴェデ」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

カトリック教会フィッセルヘーヴェデ(ヘルツ・イェズ教会)、ヴァルスローデ、バート・ファリングボステル、ボムリッツ=ベーネフェルトの教会教会組織形成している。

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「フィッセルヘーヴェデ」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「フィッセルヘーヴェデ」の記事については、「フィッセルヘーヴェデ」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 06:06 UTC 版)

ベーヴェルンゲン」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

洗礼者聖ヨハネ教会 中世にはすでにベーヴェルンゲンには固有の教区教会存在したが、三十年戦争によって大きく損傷したために、完全に取り壊さなければならなかった。 17世紀チロル出身建築家マルクス・ヴァイラターによって現在の洗礼者聖ヨハネ教会建設された。 祭壇画は、パーダーボルン教会画家ヨハン・ゲオルク・ルドルフィによって描かれた。 ヴェーザー通りにある教会主任司祭館には、約 6,000点のメディア収蔵する図書室クローク室、金曜日の午後土曜日夕方ミサ後に開店するアイネヴェルトラーデン」がある。 聖ペテロおよびパウロ教会 アーメルンクセン地区では、おそらく 9世紀初め教会設けられた。この教会ゲオルク教会という名前であった宗教改革地歩を固めた時代ベーヴェルンゲンではカトリック信者プロテスタント信者との間で争い起き最終的にプロテスタントの所有権完全に認めるまで教会土地は常に両陣営間で揺れ動いた1818年から1822年まで、最後のコルヴァイ司教領となったフェルディナント・フォン・リュニンクは、カトリック信者のための新たな教会建設したこの他各地区には以下の教会組織がある: ブランケナウ(聖ヨーゼフ教会)、ダルハウゼン(聖マリエン教会)、ドレンケ(聖マリア・マグダレーナ教会)、ハールブリュック(聖バルトロメウス教会)、ヤーコプスベルク(聖ヤーコプス・デア・エルテーレ教会)、ヴェールデン(聖家族・聖シュテファヌス教会)、ヴュルガッセン(聖ミヒャエル教会

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「ベーヴェルンゲン」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「ベーヴェルンゲン」の記事については、「ベーヴェルンゲン」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 10:52 UTC 版)

シュターデ」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

カトリック組織には2つ教会がある。聖霊教会と聖ヨーゼフ教会である。カトリック司祭区はヒルデスハイム司教区属ししたがっハンブルク教会管区一部である

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「シュターデ」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「シュターデ」の記事については、「シュターデ」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:26 UTC 版)

断食」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

詳細は「大斎 (カトリック教会)を参照 ローマ・カトリック教会における断食は、1日食事十分な量動物の肉を含む場合もある)を1回少量を2回(朝食夕食)にする。食事の間で固形物食べるのは許されていない。また、小斎の期間は動物の肉食べない

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「断食」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「断食」の記事については、「断食」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 09:20 UTC 版)

ウクライナの宗教」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

詳細は「ウクライナのカトリックを参照 カトリック教会伝統的に民族ポーランド人の子が所属す教会であり、主に中部東部に暮らしている。 ローマ・カトリック教会は7つ教区、879の共同体499人の聖職者抱え、約百万人の信徒仕えていた。 この教会ポーランド語ラテン語ウクライナ語、そしてロシア語使用する

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「ウクライナの宗教」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「ウクライナの宗教」の記事については、「ウクライナの宗教」の概要を参照ください。


ローマ・カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 00:47 UTC 版)

ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン」の記事における「ローマ・カトリック教会」の解説

ハイリゲンシュタット=ブルクグルプは、グライフェンシュタインシュタウフェンベルク献酌侍従推薦を持つパトロン教区で、聖パウロ・ハイリゲンシュタット=ブルクグルプと称する

※この「ローマ・カトリック教会」の解説は、「ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン」の解説の一部です。
「ローマ・カトリック教会」を含む「ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン」の記事については、「ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローマカトリック教会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ローマカトリック教会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ローマカトリック教会と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ローマカトリック教会」の関連用語

ローマカトリック教会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマカトリック教会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカトリック教会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのルーマニアの宗教 (改訂履歴)、ゲオルクスマリーエンヒュッテ (改訂履歴)、フルダ (改訂履歴)、イベンビューレン (改訂履歴)、チェコの宗教 (改訂履歴)、悲しみの聖母 (改訂履歴)、フィッセルヘーヴェデ (改訂履歴)、ベーヴェルンゲン (改訂履歴)、シュターデ (改訂履歴)、断食 (改訂履歴)、ウクライナの宗教 (改訂履歴)、ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS