教会法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 規則 > 教会法の意味・解説 

きょうかい‐ほう〔ケウクワイハフ〕【教会法】

キリスト教会が、教徒信仰・生活や教会組織活動規律するために、独自に定め法体系。→カノン法


教会法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 18:05 UTC 版)

教会法(きょうかいほう、ラテン語: ius ecclesiasticum: Ecclesiastical law: Kirchenrecht)は、広義においては、国家のような世俗的権力が定めた教会に関すると教会が定めた法を包括した概念であるが、狭義においては、キリスト教会が定めた法のことをいい、世俗法(ius civile)と対比される概念である。最狭義においては、カトリック教会が定めた法のことをいい、カノン法: ius canonicum: Canon law: Kanonisches Recht)ともいう。以下では主に最狭義のカノン法について解説する。


  1. ^ 『教会法とは何だろうか』26頁
  2. ^ 『教会法とは何だろうか』はしがき
  3. ^ 『教会法とは何だろうか』4頁
  4. ^ 以上につき『教会法とは何だろうか』41頁
  5. ^ 以上につき『教会法とは何だろうか』43頁
  6. ^ 教え-聖伝:日本正教会 The Orthodox Church in Japan


「教会法」の続きの解説一覧



教会法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教会法」の関連用語

教会法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教会法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教会法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS