信者とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 信者の意味・解説 

しん‐じゃ【信者】

読み方:しんじゃ

ある宗教に対し信仰をもつ者。また、その宗教集団成員信徒

ある人物傾倒して、その言説思想など熱心に信奉する人。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 08:53 UTC 版)

信者(しんじゃ)とは、


  1. ^ キリスト教徒の間では、「信者」(クリスチャン)と言えば、同じ価値観を共有し、(誰も見ていない状況でも)その行動が信用できるという肯定的な文脈で用いられる。 またあえて「どの宗教の信者でもない」などと表現する場合は、"価値観や道徳観が定まらない" 、という意味合いを持つことが多い。
  2. ^ a b c 『宗教常識の嘘』p.81-86
  3. ^ 島田裕巳『宗教常識の嘘』朝日新聞社 p.81-86
  4. ^ 玉野和志『創価学会の研究』2008年(講談社現代新書 ISBN 4062879654)p16
  5. ^ 『創価学会の研究』p15-16
  6. ^ 2017年4月現在、御本尊は2,500円、お守り御本尊は5,000円と規定されている。
  7. ^ 「わが友に贈る」- 聖教新聞2010年11月25日付
  8. ^ 日本国内在住の創価学会員に連絡を取り、その人の紹介で会友として国内での座談会に参加することは可能。また聖教新聞、大白蓮華など創価学会ないしは聖教新聞社発行の出版物を会館、取扱書店で購入することもできるが、正式の創価学会員となることは困難である。
  9. ^ ひろさちや『仏教と神道』新潮選書、1987年、p.21-22
  10. ^ 『仏教と神道』p.21-22
  11. ^ https://kotobank.jp/word/狂信者-704621


「信者」の続きの解説一覧

信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:54 UTC 版)

聖飢魔IIの悪魔用語一覧」の記事における「信者」の解説

悪魔教信仰し聖飢魔II崇拝する者。いわゆるファンのこと。

※この「信者」の解説は、「聖飢魔IIの悪魔用語一覧」の解説の一部です。
「信者」を含む「聖飢魔IIの悪魔用語一覧」の記事については、「聖飢魔IIの悪魔用語一覧」の概要を参照ください。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/21 14:15 UTC 版)

G組のG」の記事における「信者」の解説

邪神様崇拝する信者。しかしやること邪神様世話であり、ある意味飼い主化している

※この「信者」の解説は、「G組のG」の解説の一部です。
「信者」を含む「G組のG」の記事については、「G組のG」の概要を参照ください。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/03 19:01 UTC 版)

ウイットネス・リー」の記事における「信者」の解説

神と彼の贖われた民の関係は、ミングリング(混ざり合い)の関係である。ミングリングの中で、神と人の二つの性質は区別されたまま保たれる。 信者たちは神の神聖なをもって神から生まれ (ヨハネ1:13, Ⅰヨハネ5:1) 、また神の神聖な性質にあずかる者となっており (ペテロ1:4) 、それは、命、性質表現機能において神と同じになるためである。 神は彼の神聖な三一において合併であり(ヨハネ14:10-11)、神のエコノミー目標は、再生され造り変えられ栄光化され選民を、三一の神との合併中へもたらすことである。それによって、信者たちと神は永遠にわたって一となる (ヨハネ14:20; 17:21, 23)。神の有機的な救い完全に経験することは、キリストの命の中で王として支配することと等しい (ローマ5:17)。この時代、信者たちはキリストを命として完全に経験し享受することによって、罪と死に対し王として支配することができる。そして、究極的に新エルサレムにおいて、信者たちは永遠にわたってと共にの中で王として支配する (啓示22:5)。

※この「信者」の解説は、「ウイットネス・リー」の解説の一部です。
「信者」を含む「ウイットネス・リー」の記事については、「ウイットネス・リー」の概要を参照ください。


信者(名称不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 06:11 UTC 版)

ブレイザードライブ」の記事における「信者(名称不明)」の解説

己の崇拝している紫式部により新型ミスティッカーの実験台されてしまった信者。不完全な変身ミスティッカー界改(ウルフジャックかい)を試され為に顔が醜いのままとなってしまい、それを治すべく、彼女の言いつけ通りダイチ襲った

※この「信者(名称不明)」の解説は、「ブレイザードライブ」の解説の一部です。
「信者(名称不明)」を含む「ブレイザードライブ」の記事については、「ブレイザードライブ」の概要を参照ください。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/23 20:01 UTC 版)

ユニバーサル・ライフ」の記事における「信者」の解説

ユニバーサル・ライフでは正式な教会員成員)というのは存在しないので、正確な信者数を掴むのは難しい。ゲオルグ・シュミット(Georg Schmid)という人物によると、彼の著書教会セクト宗教」(Churches, Sects, Religions)の中で信者の数は、おそらくドイツ国内の約40,000人を含む、全世界で約100,000人くらいになるだろうと評価したその他の人物評価によれば、おそらくヴュルツブルク地方の約3,000人を含む、全世界で約10,000人くらいだろう主張している。ドイツのユニバーサル・ライフ協会(Universelles Leben e.V.) の周囲には、500人もの信者が取り巻いている。この内輪のサークル活動人々は、普段は農場働きながらヴュルツブルク地方コミュニティー社会の中で暮らしている。彼らは、このサークルを「新エルサレム共同体」(Community of New Jerusalem)などと呼んでいる。 ユニバーサル・ライフ活動は、ドイツ南部バイエルン集中している。その組織活動は、ドイツ国内のほかの地方に相応している。オーストリアイタリア、そしてスイス、さらにスペインでも同様である。彼らはこの他国々でも活動を行う。

※この「信者」の解説は、「ユニバーサル・ライフ」の解説の一部です。
「信者」を含む「ユニバーサル・ライフ」の記事については、「ユニバーサル・ライフ」の概要を参照ください。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 06:35 UTC 版)

ヒンドゥー教」の記事における「信者」の解説

詳細は「ヒンドゥー教徒を参照 地域カースト後述)によって信仰形態著しく異な一般ヒンドゥー教徒は、輪廻などの宗教観念を共有しながらも長い歴史経て生活に深く根付いた習慣身分カーストに従って多様な生活を送っている。日々の礼拝儀礼年中行事冠婚葬祭習慣カースト土地信仰する神によって著しく異な場合が多い。カーストによる差別1950年インド憲法禁止されているが、それでもまだ根強く残っている多数言語話す人々に信仰されているヒンドゥー教聖典ヴェーダ」は古代インドヴェーダ語書かれている。しかし現在のインド人ヴェーダ語から生じた古典サンスクリットではなく各地言語生活しており、インド多言語国家である。インド憲法公式に認められた公用語23言語他に準公用語の英語がある。例え世界遺産マハーバリプラムがあるタミル・ナードゥ州ではタミル語使われ、隣のアーンドラ・プラデーシュ州数多く遺跡があるハイデラバード州都とする)ではテルグ語話されている。タミル語テルグ語言語文字も違う。更にデリーの人はまた別の言葉ヒンディー語を話す。よってヒンドゥー教を「様々な言語話す人々に信仰されている宗教である」ということ可能であるアジア地域などにおける信仰の広がりインドでは人口の81.4%を占める8億2760万人ネパールでは人口過半数バングラデシュでは人口14%、スリランカ15%がヒンドゥー教徒である。インドネシアバリ島では人口の約9割がバリ・ヒンドゥー呼ばれる独自の習合宗教奉じマレーシアシンガポールにも相当数の信者が住んでいるパキスタンでは1.6%程度であり、キリスト教並んで多い。さらに、インド洋モーリシャス南太平洋フィジー南米ガイアナのように、インド系移民と在外インド人が多い国でも信者が多い。世界全体での信者数比較してみるとヒンドゥー教徒仏教徒よりも多くなる

※この「信者」の解説は、「ヒンドゥー教」の解説の一部です。
「信者」を含む「ヒンドゥー教」の記事については、「ヒンドゥー教」の概要を参照ください。


信者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 13:40 UTC 版)

朝鮮寺」の記事における「信者」の解説

朝鮮寺の信者は在日コリアン在日朝鮮韓国人)の女性中心となっている。一般的には一家の家長ある男性が儒教のっとった葬祭領分とするのに対して主婦朝鮮寺における信仰奉じている場合が多いとされる檀家制度存在する寺はほとんど存在せず現世利益がどの程あったかというポサルの評判聞き集まった信者が中心となる

※この「信者」の解説は、「朝鮮寺」の解説の一部です。
「信者」を含む「朝鮮寺」の記事については、「朝鮮寺」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「信者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

信者

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 13:12 UTC 版)

名詞

(しんじゃ)

  1. (宗教) 特定宗教信仰する者。
  2. 上記から転じて特定の個人団体主義製品強く支持する者。

関連語


「信者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



信者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

信者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの聖飢魔IIの悪魔用語一覧 (改訂履歴)、G組のG (改訂履歴)、ウイットネス・リー (改訂履歴)、ブレイザードライブ (改訂履歴)、ユニバーサル・ライフ (改訂履歴)、ヒンドゥー教 (改訂履歴)、朝鮮寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの信者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS