冨士大石寺顕正会とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 宗教 > 宗教 > 冨士大石寺顕正会の意味・解説 

冨士大石寺顕正会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/10 17:25 UTC 版)

冨士大石寺顕正会(ふじたいせきじけんしょうかい)は、日本仏教宗教団体である。埼玉県さいたま市大宮区寿能町に本部を置き、公称会員数213万7000人[official 1]を擁する。




冨士大石寺顕正会側の出典

  1. ^ 2018年7月末現在。顕正新聞 平成30(2018)年8月5日号
  2. ^ 公式サイト「顕正会とは」、2018年9月配信。
  3. ^ 「顕正会『試練と忍従』の歴史」(冨士大石寺顕正会)13-14頁
  4. ^ a b 「顕正会の歴史と使命」 顕正新聞社
  5. ^ 「発誓願文」 - 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」(冨士大石寺顕正会)316-317頁
  6. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)48頁
  7. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)48-50頁
  8. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)66-67頁
  9. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)69-70頁
  10. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)72頁
  11. ^ 「顕正会の歴史と使命」P76-77
  12. ^ 「顕正会の歴史と使命」P82-84
  13. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)85-86頁
  14. ^ 「顕正会の歴史と使命」P88-90
  15. ^ 「顕正会の歴史と使命」P92
  16. ^ 「顕正会の歴史と使命」P90-91
  17. ^ 「顕正会の歴史と使命」P92-93
  18. ^ a b c d 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」(冨士大石寺顕正会)p408-410
  19. ^ ここでいう「政府への欺瞞回答」とは、創価学会が昭和45年4月23日、文部省(当時)に回答した次の内容を指す(「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」p352-353)。 「一、本門戒壇とは、本尊をまつり、信仰の中心とする場所のことで、これは民衆の中に仏法が広まり、一つの時代の潮流となったとき、信者の総意と供養によって建てられるべきものである。二、既に現在、信徒八百万人の参加によって、富士大石寺境内に、正本堂の建設が行われており、昭和四十七年十月十二日には完成の予定である。これが本門戒壇にあたる。三、一時、本門戒壇を"国立戒壇”と呼称したことがあったが、本意は一で述べた通りである。建立の当事者は信徒であり、宗門の事業として行うのであって、国家権力とは無関係である。」
  20. ^ 処分理由中の「昭和四十七年四月二十八日付『訓諭』」とは、細井日達が正本堂を指して「広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり」と定めた訓諭である。この件について顕正会は、「まさしく妙信講は国立戒壇の御遺命のゆえに、信徒団体として死罪にも等しい解散処分を受けたのである」と主張している(「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」P410-411)。
  21. ^ 「御遺命守護の戦い」(冨士大石寺顕正会)234-235頁
  22. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)126頁
  23. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)127-128頁
  24. ^ 「顕正会の歴史と使命」(日蓮正宗顕正会)129-130頁
  25. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」(冨士大石寺顕正会)435頁
  26. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」(冨士大石寺顕正会)438頁
  27. ^ a b 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」P440-441
  28. ^ a b 「弘通の足跡」顕正会公式HP[1]
  29. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」P445
  30. ^ a b c d e 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」P448-453
  31. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第9章「日蓮大聖人の御遺命」
  32. ^ a b c 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第5章「仏法の実践」
  33. ^ また顕正会は、創価学会が「国立戒壇」を否定して「正本堂」を御遺命の戒壇であると主張し出した動機につき、池田が「国立戒壇は憲法違反」との評論家や共産党からの批判を恐れ、公明党の選挙に不利になると考えたためだ、とも主張している(「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第9章「日蓮大聖人の御遺命」)。
  34. ^ 1967年(昭和42年)10月の正本堂発願式における池田の発言など多数(「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第9抄「日蓮大聖人の御遺命」)。
  35. ^ 顕正会は、日達はじめ日蓮正宗が「国立戒壇」の御遺命を捨て、「正本堂」こそ御遺命の戒壇であるとの学会の主張に賛同した理由につき、池田の威圧に屈し、学会員による莫大な供養金に心を蕩かされたゆえ、と主張している(「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第9章「日蓮大聖人の御遺命」)。
  36. ^ 日達は、1968年(昭和43年) 1月、「此の正本堂が完成した時は、大聖人の御本意も、教化の儀式も定まり、王仏冥合して南無妙法蓮華経の広宣流布であります」と発言し、1972年(昭和47年)4月28日には、「後代の誠証となす」と前置きした上で、「正本堂は広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり」との訓諭を発布した。 - 「顕正会の歴史と使命」P76-77
  37. ^ 「冨士大石寺顕正会とは」顕正会公式HP
  38. ^ 「日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ」5頁には、「日本は今、亡国の前夜を迎えている。その亡国は、どのような災難によってもたらされるのかといえばーまもなく始まる巨大地震の連発を号鐘として、国家破産、異常気象、大飢饉、大疫病(感染症)等の災難が続発し、ついには亡国の大難たる自界叛逆(国内の分裂抗争)と他国侵逼(外敵の侵略)が起こるのである。これは凡夫の私が言うのではない。日蓮大聖人が立正安国論の奥書に『未来亦然るべきか』と示されるところによる」と記載されている。
  39. ^ a b 冨士大石寺顕正会「日蓮大聖人に背く日本は必ず亡ぶ」
  40. ^ a b 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」第9章「日蓮大聖人の御遺命」
  41. ^ a b 「創価学会ついに「戒壇の大御本尊」を否定 これぞ極限の大謗法、無間地獄の業因 早く悪師を捨て、成仏願う大道念に立て」 - 顕正新聞 2015年1月25日号5面
  42. ^ 「池田大作は30年間暴力団を使っていた!! 偽善の裏で”邪魔者は消せ” 私は八百万学会員を救いたい」 - 顕正新聞 2013年11月5日号5面
  43. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」p467-468
  44. ^ 「基礎教学書 日蓮大聖人の仏法」P420-421
  45. ^ a b 「浅井先生の質問会より」『民主主義は究極の政治理念でしょうか』
  46. ^ a b c d 「卑劣『森友加計疑惑隠し』の解散 『丁寧・謙虚・真摯に説明』の誓い破る 総理は嘘をついてはいけない」 - 顕正新聞 2017年10月5日
  47. ^ a b 「森友・加計疑惑の本質は国家の私物化 両学園と安倍首相は日本会議で結ばれている」 - 顕正新聞 2017年9月5日号2面
  48. ^ 「卑劣『森友・加計疑惑隠し』の解散 『丁寧・謙虚・真摯に説明』の誓い破る 総理は嘘をついてはいけない」 - 顕正新聞 2017年10月5日3面
  49. ^ 『自虐史観を捨て仏法史観に立て』
  50. ^ 浅井会長講演・一月度総幹部会/2012年1月24日 - 顕正会公式ホームページ
  51. ^ a b 顕正会HP

創価学会側の出典

  1. ^ 大白蓮華201号
  2. ^ 『仏法入門』(聖教新聞社 ISBN 9784412016279)P92
  3. ^ 「第67回総務会を開催 会則・教義条項の改正を議決」 - 聖教新聞 2014年11月8日付1・3面
  4. ^ 『創価学会版 新編日蓮大聖人御書全集』p1022
  5. ^ 『創価学会版 新編日蓮大聖人御書全集』P1600
  6. ^ 大白蓮華1960年1月号
  7. ^ 大白蓮華1956年2月号巻頭言「自らの命に生きよ 広宣流布の二つの意義」
  8. ^ 大白蓮華1956年3月号巻頭言「広宣流布と文化活動」
  9. ^ また、池田は「国立戒壇の国は権力者ではなく民衆」という新たな解釈の下、日蓮仏法を奉じる民衆の代表たる正宗総講頭、および当時その地位にあった創価学会会長の発願で戒壇は建立できると説明したことに対して、顕正会ではあくまでも国家国立での戒壇だと主張。「本抄の背景・大意 立正安国について」 - 創価学会教学部編『世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために「立正安国論」』(聖教新聞社 ISBN 978-4412016194)P15-16
  10. ^ 大白蓮華1968年1月号
  11. ^ 「第42章 二難を予期し謗法の対治を促す」 - 『世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために「立正安国論」』P207-216
  12. ^ 『創価学会版 新編日蓮大聖人御書全集』P33
  13. ^ 「第46章 結論として立正安国を論ずる」 - 『世界広布の翼を広げて 教学研鑽のために「立正安国論」』P230-235

その他の出典

  1. ^ 顕正会とはコトバンク>知恵蔵mini
  2. ^ 下山正恕「冨士大石寺顕正会」(76-77頁)によれば、この認証式の際、堀米日淳より「今まで法華講というのは墓檀家のように言われてきたが、法華講とは熱原の法華講衆にその源を発するのです。妙信講は熱原の法華講衆を鑑として、戦う法華講となって御奉公しなさい。まず三千の弘通を成し遂げてごらんなさい」との激励があり、妙信講幹部一同は感涙にむせんだという。
  3. ^ a b c d 山崎正友「盗聴教団」(1980年、晩聲社)40-52頁)。
  4. ^ a b c d e 原島嵩「池田大作先生への手紙」(1980年、晩聲社)20-23頁
  5. ^ 元学会顧問弁護士の山崎正友によれば、創価学会側から北条浩副会長(当時)が登山し、細井日達に対し、「解釈文を出されるのは結構だが、その内容によっては大変なことになる」等と圧力をかけ、解釈文を出させないようにしたという「盗聴教団」(1980、晩聲社)49-50頁)。
  6. ^ 「宗教法人顕正会」登記簿履歴事項全部証明書
  7. ^ 理事長ポストは旧妙信講時代の1974年に設けられて以来35年ぶりの復活で、現在の顕正会になってからは初めて。引き続き男子部長を兼務。
  8. ^ 「譬えば、天月は四万由旬なれども大地の池には須臾に影浮かび、雷門の鼓は千万里遠いけれども打ちては須臾に聞こゆ。御身は佐渡の国にをはせども、心は此の国に来たれり。乃至、御面を見てはなにかせん、心こそ大切に候へ」- 千日尼御前御返事
  9. ^ 組織内では「身延派」(みのぶは)と呼ぶ。
  10. ^ 「それぞれの主義主張(教義解釈と言うべきか)には、それなりの違いがある。…それでいて、宗門・法華講連合会、創価学会、正信会・檀徒会が共通して敵視しているのが、冨士大石寺顕正会なのである」、「顕正会敵視の根っ子は『国立戒壇』である。・・・見方を変えれば、大石寺門流内の複雑そうな抗争も、極めて単純なものなのである。即ち『国立戒壇』を主張するかしないか、だけなのだ。その他の抗争の原因は、かつて週刊誌が酷評したように"銭ゲバ”であったり、枝葉末節の問題に過ぎない」 - 下山正恕「冨士大石寺顕正会」p23‐24
  11. ^ 下山正恕「冨士大石寺顕正会」(株式会社日新報道、1998年)p52
  12. ^ 朝日新聞平成14年7月2日
  13. ^ 中日新聞平成14年5月2日
  14. ^ 朝日新聞2005年7月29日
  15. ^ 顕正新聞平成25年10月5日「不当捜索」特集号
  16. ^ “逮捕は正当、「顕正会」の請求棄却新潟地裁”. 新潟日報 netpark (新潟日報社). (2012年3月27日). オリジナルの2012年5月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120511144223/http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/33587.html 
  17. ^ “宗教法人「顕正会」に家宅捜索 強引に入信迫った疑い”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年9月11日). オリジナルの2013年9月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130912013315/http://www.asahi.com/national/update/0911/TKY201309110139.html 
  18. ^ “宗教法人・顕正会本部など捜索…強引に入会迫る”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年9月11日). オリジナルの2013年9月13日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/wMSWJ 
  19. ^ 顕正新聞2013年9月25日号『不当捜索特集号』
  20. ^ 強引に入信勧誘した疑い、「顕正会」会員ら書類送検TBSニュース2014年2月26日16時2分配信(アーカイブ)
  21. ^ 顕正会会員ら2人書類送検=「入信断ればばち」強引勧誘容疑―警視庁ニコニコニュース2014年2月26日(アーカイブ)
  22. ^ 教団勧誘で未成年大学生を誘拐の疑い 「顕正会」関係者3人逮捕FNNニュース2015年10月5日12時34分配信
  23. ^ 「東京見物に行こう」と偽り大学生誘拐 宗教法人の関係者とみられる男ら3人逮捕産経ニュース2015年10月5日12時27分配信
  24. ^ 「東京見物に」と少年誘拐 宗教法人の男2人逮捕(15/10/16)ANNニュース公式YouTube
  25. ^ 安城の19歳誘拐疑いで3人逮捕 宗教勧誘目的か中日新聞2015年10月5日16時13分配信
  26. ^ 大学生誘拐、「顕正会」の本部など捜索…警視庁YOMIURI ONLINE2015年10月8日17時48分配信
  27. ^ 勧誘目的で誘拐 顕正会本部など家宅捜索日テレNEWS242015年10月8日18時58分配信
  28. ^ 大学生誘拐事件受け「顕正会」本部など家宅捜索FNNニュース2015年10月8日19時9分配信
  29. ^ 未成年者連れ回し容疑で新たに2人逮捕 宗教団体に勧誘目的か産経ニュース2015年10月15日14時41分配信
  30. ^ 「顕正会」会員ら 誘拐の疑いNHK首都圏NEWS WEB2015年10月15日18時33分配信
  31. ^ 宗教法人「顕正会」会員2人を大学生誘拐疑いで逮捕日刊スポーツ2015年10月15日19時32分配信
  32. ^ 勧誘目的で学生連れ回した疑い、顕正会会員逮捕TBS News i2015年10月16日0時13分配信
  33. ^ 宗教法人「顕正会」会員逮捕 現場の指示役らを新たに逮捕FNNニュース2015年10月16日1時41分配信
  34. ^ 顕正会:会員を逮捕 学生連れ回し容疑で 警視庁毎日新聞2015年10月15日19時36分配信
  35. ^ 新たに顕正会の2人逮捕 未成年者誘拐容疑日本経済新聞2015年10月16日13時50分配信
  36. ^ 日本経済新聞2015年10月24日朝刊
  37. ^ 誘拐容疑で逮捕の宗教法人の会員3人を釈放テレ朝ニュース公式Twitter2015年10月23日19時30分投稿
  38. ^ 大学生誘拐容疑の宗教団体関係者を起訴猶予産経ニュース2015年11月9日18時16分配信
  39. ^ 「顕正会」会員を起訴猶予NHK首都圏ニュース2015年11月9日18時23分配信
  40. ^ 大学生誘拐容疑の「顕正会」関係者を起訴猶予 東京地検朝日新聞デジタル2015年11月9日21時44分配信
  41. ^ 大学生誘拐容疑の「顕正会」会員1人家裁送致・4人起訴猶予TBSニュースi2015年11月10日2時44分配信
  42. ^ 学生連れ回し、起訴猶予日刊スポーツ2015年11月10日14時18分配信


「冨士大石寺顕正会」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冨士大石寺顕正会」の関連用語

冨士大石寺顕正会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



冨士大石寺顕正会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冨士大石寺顕正会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS