GLA_(宗教法人)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > GLA_(宗教法人)の意味・解説 

GLA (宗教法人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/02 01:35 UTC 版)

宗教法人GLA(ジーエルエー)は、高橋信次が創立した日本の宗教団体[1]。 東京都台東区雷門に本部を置く。現代社会が抱える様々な課題の根本に、人間が永遠の生命としての「の原点」を見失った存在空洞化があると説く[GLA 1]。GLAは創立当初の1969年には神光会あるいは大宇宙神光会[2]と称していたが、1970年に団体の名称をGod(神)Light(光)Association(会)の各語の先頭の文字を合わせたGLAに改めた[1]。1973年に宗教法人になり[1]、2013年1月に法人名をジー・エル・エー総合本部から宗教法人GLAに変更した[GLA 2]




注釈

  1. ^ 各地の聖堂正面にはGLA主宰によってデザインされたビッグクロス(大いなる十字)が配されていて、会員は祈りのたびに正面に向かって手を合わせているが、しかしビッグクロスは本尊であるということではなく、大いなる光の存在を象徴したものであり、祈りへといざなう表現として大切にされているものである。 ウエブサイト「宗教情報リサーチセンター教団データベースP4
  2. ^ 魂主義を生きるとは、 第1の自分革命 人生に見えない次元をプラスする 「魂の学」を学び、その人間観・世界観によって見えてくる「内外エネルギー交流」を発見する。 第2の自分革命 「マルかバツか」を超える。 カオスという次元を加え、快感原則を超える自己変革。 第3の自分革命 青写真 (ヴィジョン)を描いて生きる。 第4の自分革命 「果報側」から、「因縁側」へ 魂の主導権を取り戻し、人生の願いと使命を取り戻す自己変革。 第5の自分革命 「すべてを、条件として」。これら5つの自分革命を通して、「どうあらんとするか」という問いを発し続ける生き方に到達するという。『魂主義という生き方』P27
  3. ^ 大宇宙神光会とは大宇宙の神の光というものをこの地上に顕現する会の意、集われた人の中より、「ぜひもっと多くの人にこの教えを聞いていただきたい」という発心が生まれ、会の発足が具現した。[GLA 8]
  4. ^ 「自己の確立」と「世界の調和」を生きる一人ひとりを通じて、神の光はこの世界に現れてゆくという意味。ようこそGLAへP7
  5. ^ 創世とはジェネシスと訳する。のちのジェネシスプロジェクト(創世具現運動)の起点となる書物。
  6. ^ 強大な力を持つ科学文明を崩壊に至らせないためには、それを扱う人間の内に、闇(暗転)と光(光転)を見分ける弁別力を育むことが必要であり、21世紀に向かって新しい文明が開かれてゆくためには、外なる科学文明と内なる弁別力を統合してゆく道が呼びかけられていると説いた。  [GLA 10]
  7. ^ 人間は永遠の生命を持つ魂存在であるとする観点から構築された人間学の講座[GLA 11]
  8. ^ GLA全体の研鑽方策を定めたウイズダム。毎年12月30日に21世紀開拓者会議にてその審議の場が設けられている。2018年に54冊目となった。[GLA 14]
  9. ^ 現実社会の問題をツールを用い調和・進化に導いた者の意
  10. ^ 神理の体験と具現の学習
  11. ^ この時点より、止観シート煩悩地図等の自己認識のためのツールが漸次開示されてゆく。1999年には地獄滅消の法が説かれる。 [GLA 15]
  12. ^ 経営者の人間的深化・成長と、それを基とした利益の実現を同時に達成する経営の研鑽
  13. ^ 弟子達の願いにより伝道研鑽部会が設けられる。公募による選任、任期は3年。  [GLA 18]
  14. ^ TL人間学における三分野が統合された。[GLA 19]
  15. ^ 「自己の確立」と「世界の調和」に向かって歩む人間の偽我から善我、真我への歩みを総合的にまとめられたもの。 [GLA 20]
  16. ^ ジェネシスプロジェクトアジェンダとして開示した。 [GLA 21]
  17. ^ ニュープロジェクト(新具現運動)をジェネシスプロジェクト(創世具現運動)に変えて新たな世紀への行動指針の徹底を図る。
  18. ^ 世界復興に寄与している企業が認定される
  19. ^ 根本教義。ここから、「魂の学」「魂主義」「魂の学の実践哲学」という概念が派生してくる。[GLA 23]
  20. ^ ジェネシスプロジェクトアジェンダに沿って作成されている。 [GLA 24]
  21. ^ ジェネシスプロジェクト(創世具現運動)をグローバルジェネシスプロジェクト(国際的な創世具現運動)に変え国際化を図る。
  22. ^ 年に2回希望者を募り式典が執り行われる。大いなる存在との縦の絆のもとで、魂となり永遠の生命となった故人との友情の絆を深めることが真の供養であるとされている。特別供養とは
  23. ^ 2016年に開所。604名を収容できる講演専用のホールを持つ
  24. ^ この中には、闇(暗転)と光(光転)を瞬間的に見分ける弁別力を育むタイプの発想術も説かれている。また、暗転してゆく世界をカオスと観ることにより、光転に導くという復興を具現した、愛媛大学脇本忠明名誉教授の実践例が載せられている。[GLA 25]
  25. ^ 全国・海外11か所で実施。約3100名が参加。[GLA 26]
  26. ^ G.誌2020、2月号GLA創立50周年となる
  27. ^ 「四聖日の集い」は、参加するだけで、誰もが神理の基本を学び、生きることができるように考えられており、会員は、年に4回の「四聖日の集い」に参加することで、GLAの1年の学びを概観し、「魂の学」のいのちを体験することができるとされている。
  28. ^ 少年層は「チャレンジングエンジェルス スクール」、青年層は「青年塾」、壮実年層は「フロンティアカレッジ」、婦人層は「こころの看護学校」、熟年層は「豊心大学」と呼ばれる。
  29. ^ 中には、全国の地方本部の会場でも同時中継で開催されるセミナーもある。
  30. ^ 層別セミナーは、GLAの教義の1つである「円環的人生観」に基づいて作られている。
  31. ^ 主宰高橋佳子の著作や、月刊『G.』、講演映像などを学びながら、1人ひとりが自らの心(受発色)の傾向を見つめつつ、お互いの人生を深く語り合う。その中で、互いの絆や友情が育まれると同時に、現実の試練や問題をあるがままに受けとめ、解決してゆく道が開かれてゆくという。
  32. ^ この高橋佳子講演会の様子は、たとえば中外日報で以下のように紹介されている。「……GLAは9日、パシフィコ横浜で高橋佳子主宰の講演会を開いた。約7千人が来場し、高橋主宰は心を魂がつながれば使命達成の道を歩めると説いた。広島など全国6会場にも中継された。横浜会場ではまず会員の体験を映像で紹介・・・・埼玉で障害児施設を運営する医師・許斐博史さんとの対話を通して、『心と魂の溝をなくせば、現実の快苦の刺激に振り回されることなく、悠々と使命達成の道を歩むことができる』と語った。会場ロビーには、心の傾向が分かる『自己診断チャート』のコンピューター判定コーナーもあり、来場者らの長い列ができていた」 [7]
  33. ^ トータルライフ総合事務局が運営を行っている。ようこそGLAへP75
  34. ^ ここでは、高橋佳子の講義、様々な実習、仲間の実践発表、シンポジウムなどが行われている。
  35. ^ さまざまな問題を解決するために考案された実践シート
  36. ^ ボランティアのスタッフに関しても、「セミナーの運営を通してのセミナー」という位置付けでさまざまな問題を解決するために考案された実践シートを用いての実践がなされている。
  37. ^ また、新年の集い、 善友の集い 、感謝の集い、高橋佳子講演会(4地域)は、 年間総計約700名ほどのボランティアスタッフにて、運営されている。

出典

  1. ^ a b c 松野純孝編『新宗教辞典』東京堂出版、1984年、111-112頁。
  2. ^ GLA(宗教団体)の意味を知りたい。」レファレンス協同データベース、1995年5月24日、2011年6月16日更新、国立国会図書館。2020年7月23日閲覧。
  3. ^ a b c 宗教法人GLA」『教団データベース(新)』宗教情報リサーチセンター、公益財団法人国際宗教研究所
  4. ^ 経営、医療、教育等に跨る「TL(トータルライフ)人間学」を提唱。島田裕巳『日本の10大新宗教』
  5. ^ a b 島田裕巳『日本の10大新宗教』幻冬舎、2007年11月、ISBN 978-4344980600
  6. ^ 東日本大震災のときにGLAがどのような支援をしたのか。
  7. ^ 中外日報2014年11月21日
  1. ^ ウエブサイト、トータルライフ(TL)人間学とは | トータルライフ経営研修機ー高橋佳子先生紹介
  2. ^ GLAの概要」GLA(ジー・エル・エー)。2020年7月22日閲覧。
  3. ^ ようこそGLAへP7
  4. ^ ようこそGLAへP8
  5. ^ ようこそGLAへP7
  6. ^ ウエブサイト、トータルライフ(TL)人間学とは | トータルライフ経営研修機ー高橋佳子先生紹介
  7. ^ ようこそGLAへP10、『心行』(神意の仏国土を造らんがため生まれいでた)より
  8. ^ ようこそGLAへP10
  9. ^ 1976年1977年GLA誌
  10. ^ サイレント・コーリングP282、P306、P261
  11. ^ TL人間学とは | トータルライフ総合事務局
  12. ^ ようこそGLAへ年表14-2
  13. ^ ようこそGLAへP22
  14. ^ G.誌2019年3月号
  15. ^ ようこそGLAへ年表14-2
  16. ^ ようこそGLAへ年表14-2
  17. ^ TL経営研修機構
  18. ^ ようこそGLAへ年表14-2
  19. ^ ようこそGLAへ年表14-3
  20. ^ ようこそGLAへ年表14-3
  21. ^ ようこそGLAへP23
  22. ^ ようこそGLAへ年表14-3
  23. ^ ようこそGLAへP23
  24. ^ ようこそGLAへP23
  25. ^ 『最高の人生のつくり方』P233,P123
  26. ^ G.誌2019年12月号
  27. ^ GLAの施設
  28. ^ GLA「冠婚葬祭」
  29. ^ GLA「命名の儀」
  30. ^ GLA「結婚式」
  31. ^ GLA「葬儀」
  32. ^ GLA「特別供養」
  33. ^ ^ 高橋佳子『果てなき荒野を越えて』増補版 p13 三宝出版、2016年3月、ISBN 978-4879281043
  34. ^ GLA「四聖日の集い」
  35. ^ GLA「層別の研鑽で学ぶ」
  36. ^ GLA「生活実践」で学ぶ
  37. ^ GLA「グローバル・ジェネシスプロジェクト研鑽」で学ぶ
  38. ^ GLA「各種講演会・文化活動」
  39. ^ GLA「専門性を生かした活動
  40. ^ 2018年G.誌
  41. ^ 『運命の逆転』(p.75~77)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「GLA_(宗教法人)」の関連用語

GLA_(宗教法人)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



GLA_(宗教法人)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGLA (宗教法人) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS