円応教とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 円応教の意味・解説 

えんのうきょう 【円応教】

一九二五(大正一四)年発足の円応法修会が始まり教祖深田千代子一八八七~一九二五)。大御親として天照皇大神八百万神釈迦三世十方諸仏を円型の御鏡表象感謝の生活を教える。所在地兵庫県氷上郡山南町村森

円応教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 14:47 UTC 版)

円応教(えんのうきょう)は、1948年昭和23年)に日本で発祥した新宗教の一つ。教祖を深田千代子とし、深田長治により現在の宗教法人として設立された。文部科学省による宗教団体の分類においては諸教となっている[1]






「円応教」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「円応教」の関連用語

円応教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



円応教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの円応教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS