念法眞教とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 念法眞教の意味・解説 

ねんぽうしんきょう 【念法真教】

法華経』『浄土三部経』などを教典とする新し教団一九二五(大正一四)年立教。この世極楽を築くことを教える。本尊天之御中主大神久遠実成阿弥陀仏小倉霊現(本名太郎一八八六~一九八二)が開創本部大阪市鶴見区緑。

念法眞教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/19 00:45 UTC 版)

念法眞教(ねんぽうしんきょう)は、教祖の小倉霊現(小倉庄太郎、1886年9月9日 - 1982年3月5日)が1925年大正14年)に立教開宗した仏教系の新宗教




  1. ^ a b c d 塚田穂高、宗教と政治の転轍点、花伝社、2015年。
  2. ^ 「ご協力者御芳名」、『教育再生』、日本教育再生機構、2015年9月号
  3. ^ 上杉聡。「日本における『宗教右翼』の台頭と『つくる会』『日本会議』」戦争責任、39、2003年 53ページ。


「念法眞教」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「念法眞教」の関連用語

念法眞教のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



念法眞教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの念法眞教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS