浄土真宗親鸞会とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 宗教 > 宗教 > 浄土真宗親鸞会の意味・解説 

浄土真宗親鸞会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 03:05 UTC 版)

浄土真宗親鸞会(じょうどしんしゅうしんらんかい)は、1958年昭和33年)に発足した、仏教系新宗教のひとつ。親鸞会は新宗教と呼ばれるのを好まず、自らを、浄土真宗の宗派の一つであると主張し、今日の本願寺は親鸞の教えから逸脱していると批判している。一方、伝統的な浄土真宗系各宗派は教義の解釈の違いから、親鸞会を異端とみている。主として、組織的に偽装した布教方法を批判されることがあり、カルト教団であると批判的に議論されることがある。




  1. ^ 「親鸞会は(乃至)会員約五万人」読売新聞 1980年5月28日
  2. ^ 「現在の会員数は約10万人で」小沢浩「新宗教の風土」
  3. ^ 「経典に釈尊は、「一切衆生、必堕無間」とこれを説かれています。これは、総ての人間は必ず無間地獄へ堕ちて苦しむということです。」高森『こんなことが知りたい1』1969年
  4. ^ 親鸞学徒とは?”. 2010年1月18日閲覧。
  5. ^ 浄土真宗親鸞会結成50年の軌跡”. 浄土真宗親鸞会. 2010年1月18日閲覧。
  6. ^ 高森顕徹『本願寺なぜ答えぬ』親鸞会1984年
  7. ^ 現代の教学問題・派外からの論議について1982年
  8. ^ 「真宗の本尊について」伝道院紀要19号1977年
  9. ^ 井上順孝『人はなぜ新宗教に魅かれるのか』三笠書房(2009)p210


「浄土真宗親鸞会」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浄土真宗親鸞会」の関連用語

浄土真宗親鸞会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



浄土真宗親鸞会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浄土真宗親鸞会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS