名誉毀損とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 名誉毀損の意味・解説 

名誉毀損

読み方:めいよきそん

他人の名誉を損なうこと。および、その罪。刑法に基づきせられる

名誉毀損の罪は刑法34章(名誉に対する罪)第230条において以下のように規定されている。
(名誉毀損)
第二三十
公然と事実摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実有無にかかわらず三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金処する
2   死者の名誉を毀損した者は、虚偽事実摘示することによってした場合なければ、罰しない。
230条2項は死者対す名誉毀損罪規定であり、公にした事柄事実であれば罪には問われないが、虚偽内容によって死者の名誉を傷つけた場合処罰対象となることになる。

なお、名誉毀損罪を含む刑法34章の罪はいずれも親告罪であり、当事者告訴をもってのみ罪を問うことができる。

関連サイト:
刑法 - e-Gov

めいよ‐きそん【名誉毀損】

公然と事実指摘して人の名誉すなわち社会的評価を傷つけること。


名誉毀損

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/20 13:57 UTC 版)

名誉毀損めいよきそん: defamation)とは、他人の名誉を傷つける行為。損害賠償責任等を根拠づける不法行為や、犯罪として刑事罰の対象になり得る。「名誉損」とも表記される[1]




  1. ^ 日本新聞協会同音の漢字による書きかえにより
  2. ^ 松尾剛行 2016, p. 2.
  3. ^ a b c d e f g h 大谷實 2013, p. 162.
  4. ^ a b c d 佃克彦 2008, p. 2.
  5. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 4.
  6. ^ 平野晋『アメリカ不法行為法』198頁以下
  7. ^ 最高裁判所昭和39年1月28日判決民集18巻1号136頁参照
  8. ^ a b c d e f 佃克彦 2008, p. 111.
  9. ^ a b c d e f 松尾剛行 2016, p. 27.
  10. ^ a b c d e 松尾剛行 2016, p. 28.
  11. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 54.
  12. ^ a b 佃克彦 2008, p. 112.
  13. ^ a b 松尾剛行 2016, p. 111.
  14. ^ 佃克彦 2008, p. 24.
  15. ^ 最高裁判所昭和39年1月28日判決民集18巻1号136頁参照
  16. ^ http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=55168
  17. ^ 「立命館大学人文科学研究所紀要NO.84」 (2004年3月)
  18. ^ Douglas W. Vick and Linda Macpherson, An Opportunity Lost: The United Kingdom's Failed Reform of Defamation Law (1997), Federal Communications Law Journal Volume 49 Issue 3, p624
  19. ^ Article 19英語版, The Cost of Reputation: Defamation Law and Practice in Russia (2007) p37 38
  20. ^ 親日作家が敗訴 9600万ウォン賠償命令(朝鮮日報 2005年9月2日)
  21. ^ 佃克彦 2008, p. 27.
  22. ^ 静岡地方裁判所昭和56年7月17日判決判時1011号36頁参照
  23. ^ 佃克彦 2008, p. 28.
  24. ^ 東京地方裁判所昭和52年7月19日判決判時857号65頁、東京高等裁判所昭和54年3月14日判決判時918号21頁参照
  25. ^ 東京高判昭和54年3月14日判例時報918号21頁など参照。
  26. ^ 東京高等裁判所昭和54年3月14日判決判時918号21頁参照
  27. ^ 佃克彦 2008, p. 30.
  28. ^ 佃克彦 2008, p. 31.
  29. ^ 松尾剛行 2016, p. 21.
  30. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 5.
  31. ^ 佃克彦 2008, pp. 16-17.
  32. ^ 佃克彦 2008, p. 33.
  33. ^ a b c 松尾剛行 2016, p. 132.
  34. ^ 佃克彦 2008, p. 35.
  35. ^ 東京地方裁判所平成7年2月5日判決判時616号83頁民集18巻1号136頁
  36. ^ a b 松尾剛行 2016, pp. 132-133.
  37. ^ 東京地方裁判所平成20年9月9日判決判タ1305号193頁
  38. ^ 佃克彦 2008, p. 55.
  39. ^ 佃克彦 2008, p. 56.
  40. ^ 潮見佳男『不法行為法』72頁以下を参照。
  41. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 75.
  42. ^ 松尾剛行 2016, p. 220.
  43. ^ 佃克彦 2008, p. 22.
  44. ^ 佃克彦 2008, p. 21.
  45. ^ 松井茂記「意見による名誉毀損と表現の自由」民商法雑誌113巻3号327頁
  46. ^ 松尾剛行 2016, p. 25.
  47. ^ 佃克彦 2008, p. 200.
  48. ^ 松尾剛行 2016, p. 284.
  49. ^ 最高裁判所大法廷 昭和31年7月4日 昭和28(オ)1241 謝罪広告請求 判決 民集10巻7号785頁 日本国憲法19条を根拠とする反対意見あり
  50. ^ 松尾剛行 2016, p. 310.
  51. ^ 東京地方裁判所平成24年1月12日判決
  52. ^ 松尾剛行 2016, p. 311.
  53. ^ 以下、不法行為責任に関する部分については、潮見佳男『不法行為法』70頁以下を参照。
  54. ^ a b c 松尾剛行 2016, p. 235.
  55. ^ a b c d 松尾剛行 2016, p. 162.
  56. ^ 佃克彦 2008, p. 278.
  57. ^ 最高裁第一小法廷昭和41(1966)年6月23日判決[1]
  58. ^ 東京地方裁判所平成2年12月20日判決判時1637号72頁
  59. ^ 松尾剛行 2016, p. 164.
  60. ^ a b 佃克彦 2008, p. 298.
  61. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 296.
  62. ^ a b 佃克彦 2008, p. 279.
  63. ^ a b c 佃克彦 2008, p. 300.
  64. ^ 松尾剛行 2016, p. 182.
  65. ^ 佃克彦 2008, pp. 302-303.
  66. ^ 佃克彦 2008, p. 303.
  67. ^ a b 松尾剛行 2016, p. 194.
  68. ^ 最高裁判所大法廷昭和44年6月25日判決刑集23巻7号975頁
  69. ^ 松尾剛行 2016, p. 195.
  70. ^ 松尾剛行 2016, p. 200.
  71. ^ E.ドイチュ、 H.J.アーレンス 著, 浦川 道太郎訳『ドイツ不法行為法』181頁以下、特に183頁以下
  72. ^ a b 佃克彦 2008, p. 342.
  73. ^ 佃克彦 2008, p. 344.
  74. ^ 松尾剛行 2016, p. 236.
  75. ^ 米国政府の概要 – 連邦最高裁判所による画期的判決|About THE USA|アメリカンセンターJAPAN
  76. ^ 長谷部恭男『憲法(第3版)』164頁
  77. ^ 佃克彦 2008, p. 352.
  78. ^ 松井茂記 2013, pp. 198-200.
  79. ^ a b 佃克彦 2008, p. 354.
  80. ^ 佃克彦 2008, pp. 354-355.
  81. ^ 佃克彦 2008, p. 355.
  82. ^ 佃克彦 2008, p. 359.
  83. ^ 東京地方裁判所昭和52年12月19日判決判時1492号107頁
  84. ^ 東京地方裁判所平成5年5月25日判決判時1637号72頁
  85. ^ 佃克彦 2008, p. 374.
  86. ^ 佃克彦 2008, p. 376.
  87. ^ [2]
  88. ^ [3]
  89. ^ [4]長尾英彦「教師の教育内容批判と名誉毀損」中亰法學 27(2), 41-45, 1992-12-22
  90. ^ [5]
  91. ^ [6]上里美登利「名誉毀損に関する近時の裁判例」OIKE LIBRARY NO.26
  92. ^ [7]
  93. ^ 佃克彦 2008, p. 79.
  94. ^ 佃克彦 2008, pp. 79-80.
  95. ^ 東京地方裁判所平成8年12月24日判決判タ955号155頁
  96. ^ 佃克彦 2008, p. 80.
  97. ^ 東京地方裁判所平成8年12月24日判決判タ955号155頁
  98. ^ 松尾剛行 2016, p. 313.
  99. ^ 佃克彦 2008, p. 82.


「名誉毀損」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「名誉毀損」の関連用語

名誉毀損のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



名誉毀損のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名誉毀損 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS