処罰とは? わかりやすく解説

しょ‐ばつ【処罰】

読み方:しょばつ

[名](スル)罪に相当する罰を加えること罰すること。「違反者を—する」


処罰

作者楊守愚

収載図書台湾抗日小説
出版社研文出版
刊行年月1988.12
シリーズ名文選


処罰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/05 07:23 UTC 版)

処罰(しょばつ)とは、一般的な意味として「を与えること」と定義される。 法的な意味では、国家権力による刑罰権の発動を意味する。 近代国家の多くは私的復讐や仇討ちを認めず、刑罰権を独占することで民主主義を担保している。 刑罰原理はおおむね三つの観点から説明されるのが一般的である。 すなわち、




「処罰」の続きの解説一覧

処罰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 14:47 UTC 版)

BC級戦犯」の記事における「処罰」の解説

A級戦犯200名が、巣鴨拘置所逮捕監禁されたのと同時にBC級戦犯約5,600人が各地逮捕投獄された。横浜上海シンガポールラバウルマニラマヌス島等々南方各地50数カ所牢獄抑留され、約1,000名が軍事裁判結果死刑処された。処刑方法は、約3分の2絞首刑残り銃殺刑であり、中国において市中引き回しの上死刑執行させられている。また、巣鴨拘置所では、銃殺刑処され1人(元ネグロス島司令大佐)を除いて33人が絞首刑処された。1952年サンフランシスコ講和条約発効後、戦犯死没者遺書巣鴨プリズン巣鴨遺書編纂会によって取りまとめられ『世紀の遺書』として1953年出版された。 なお、この裁判では上官命令従っただけの下級兵多く処刑されたというのがよく一般的に言われるが、実際は2等兵などの下級兵士起訴され割合低く死刑になった割合減刑などを考慮に入れる割合としては少ない(ただし、朝鮮人などの軍属では、処刑になった割合はやや多い)。死刑になった割合が多いのは准士官下士官が多い。一方でシンガポール華僑虐殺事件のように戦争犯罪命令した高級軍人戦犯逃れ逃亡したために、命令反対した軍人身代わりのように処刑された例もあり、旧軍官僚組織非道さ具現化した例もあった。他にも真犯人戦死抑留等によって不在のために、より罪の軽いはずの軍人重罪問われた例もあった。 また、外国で逮捕され中にはマレー半島のイロンロン虐殺事件などで現地人々が「助けてくれた。」などの証言をして弁護したケースがある。この事件では比較厳し裁判官であったが、虐殺にしては軽い罪になったこれらのケースでは虐殺などの罪でも比較的軽い罪で済むケース多かった

※この「処罰」の解説は、「BC級戦犯」の解説の一部です。
「処罰」を含む「BC級戦犯」の記事については、「BC級戦犯」の概要を参照ください。


処罰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 02:11 UTC 版)

江島生島事件」の記事における「処罰」の解説

評定所江戸中町奉行坪内定鑑大目付仙石久尚目付稲生正武らによって関係者徹底的に調べられ、それにより大奥の規律緩み次々と明らかにされた。江島生島との密会疑われ評定所から下された裁決は死一等減じて遠島島流しであったが、月光院嘆願により、さらに罪一等減じて高遠藩内藤清枚お預けとなった連座して、旗本であった江島異母兄白井勝昌は武士の礼に則った切腹ではなく斬首、弟の豊島常慶重追放となった江島遊興相手みなされ生島三宅島への遠島山村座座元五代目山村長太夫伊豆大島への遠島となって山村座は廃座。この巻添えを食う形で江戸中にあった芝居小屋簡素な造り改築命ぜられ、夕刻営業禁止されたこのほか取り巻きとして利権貪っていた大奥御殿医奥山交竹院とその弟の水戸藩士幕府呉服師後藤その手代、さらには材木商らも遠島追放処分を受けるなど、大奥風紀粛正のために多数連座者が出され最終的に50人近くの人が罰せられた。 江島27年間の幽閉閑居)生活の後、寛保元年1741年)に61歳死去生島新五郎寛保2年1742年2月徳川吉宗により赦免され江戸戻ったが、翌年小網町にて73歳死去

※この「処罰」の解説は、「江島生島事件」の解説の一部です。
「処罰」を含む「江島生島事件」の記事については、「江島生島事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「処罰」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

処罰

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:02 UTC 版)

名詞

しょばつ

  1. 罰を与えること。

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
処罰-する

翻訳


「処罰」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

処罰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



処罰のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの処罰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBC級戦犯 (改訂履歴)、江島生島事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの処罰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS