遺書とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 文書 > 遺書の意味・解説 

い‐しょ〔ヰ‐〕【遺書】

読み方:いしょ

死後のために書き残す文書手紙書き置き遺言状

後の世残した書物遺著

方々に散りうせた書物

[補説] 書名別項。→遺書


いしょ〔ヰシヨ〕【遺書】

読み方:いしょ

河内仙介小説昭和16年1941)刊。翌昭和17年1942)、成瀬巳喜男監督により「母は死なず」の題名映画化


遺書

作者津村節子

収載図書空中楼閣
出版社集英社
刊行年月1986.6
シリーズ名集英社文庫


遺書

作者与謝野晶子

収載図書みだれ髪
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.5
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)


遺書

作者永瀬隼介

収載図書わたしが愛した愚か者
出版社文藝春秋
刊行年月2005.10
シリーズ名Dojo 道場


遺書

作者木原浩勝

収載図書隣之怪―木守り
出版社メディアファクトリー
刊行年月2007.6


遺書

作者城島明彦

収載図書恐怖がたり42夜―携帯サイト怖い話
出版社扶桑社
刊行年月2007.7
シリーズ名扶桑社文庫


遺書

作者田村光雄

収載図書化粧する男
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2008.4
シリーズ名民主文学


遺書

作者結城昌治

収載図書怖い話と短い話
出版社中央公論社
刊行年月1988.10

収載図書怖い話と短い話
出版社中央公論社
刊行年月1992.12
シリーズ名中公文庫


遺書

作者北里蓉子

収載図書寒い部屋
出版社審美
刊行年月1994.5


遺書

作者鮎川哲也

収載図書本格推理 13 幻影の設計者たち
出版社光文社
刊行年月1998.11
シリーズ名光文社文庫


遺書

作者江川晴

収載図書医療少年院物語法務教官という名の看護婦
出版社筑摩書房
刊行年月2001.5
シリーズ名ちくま文庫


遺書

作者持田

収載図書新青年傑作選幻の探偵雑誌 10
出版社光文社
刊行年月2002.2
シリーズ名光文社文庫


遺書

作者道平

収載図書ロック傑作選甦る推理雑誌 1
出版社光文社
刊行年月2002.10
シリーズ名光文社文庫


遺書


遺書

作者森一

収載図書陽だまり
出版社森一
刊行年月2005.2


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 05:52 UTC 版)

遺書(いしょ)は自殺する人、死刑執行を受ける人、あるいはなんらかの要因で死を覚悟した人が残す文章である。


  1. ^ この事故は圧力隔壁の破損、それによる垂直尾翼の破損に伴う油圧喪失及び操縦不能といった異常発生から30分ほど迷走飛行を続けることができたため、遺書を書く時間があった航空事故としては特異なケースである。
  2. ^ 『日航機墜落事故(日航ジャンボ機墜落事故)、犠牲者の遺書とメモ書き』 (アーカイブ) 日航機墜落事故 東京-大阪123便 新聞見出しに見る30年間の記録


「遺書」の続きの解説一覧

遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/08 06:16 UTC 版)

リリアとトレイズ」の記事における「遺書」の解説

II巻収録アリソンがもしもの時の為にヴィル残した遺書。

※この「遺書」の解説は、「リリアとトレイズ」の解説の一部です。
「遺書」を含む「リリアとトレイズ」の記事については、「リリアとトレイズ」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 21:01 UTC 版)

関行男」の記事における「遺書」の解説

父上様、母上西条母上には幼時より御苦労かりおかけし、不孝の段、お許し下さいませ。 今回帝国勝敗岐路に立ち、身を以て君恩報ずる覚悟です。武人本懐此れにすぐることはありません鎌倉御両親に於かれましては、本当に心から可愛がっていただき、その御恩報いる事も出来ず征く事を、御許し下さいませ本日帝国の為、身を以て母艦体当たりを行ひ、君恩報ずる覚悟です。皆様御体大切に里子殿 何もしてやる事も出来ず散り行く事はお前に対して誠にすまぬと思って居る 何も言はずとも 武人の妻の覚悟は十分出来ている事と思ふ 御両親様に孝養専一心掛け生活して行く様 色々と思出をたどりながら出発前に記す 恵美ちゃん坊主も元気でやれ 教へ子へ 教へ子よ散れ山桜此の如く

※この「遺書」の解説は、「関行男」の解説の一部です。
「遺書」を含む「関行男」の記事については、「関行男」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 07:57 UTC 版)

荒木幸雄」の記事における「遺書」の解説

荒木出撃前に、父に宛てた遺書が残っている。以下 陸伍長 荒木幸雄最后の便り致します其後元気の事と思ひます幸雄も栄ある任務をおび本日出発致します。必ず大戦果を挙げます桜咲く九段で会う日を待って居りますどうぞ御身体大切に弟達及隣組皆様にも宜敷く さような

※この「遺書」の解説は、「荒木幸雄」の解説の一部です。
「遺書」を含む「荒木幸雄」の記事については、「荒木幸雄」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 08:39 UTC 版)

上原良司」の記事における「遺書」の解説

上原の遺書と呼ばれるものは三種ある。愛読書クロォチェ』の見返し綴られ1943年付の文章、封筒入れられ実家残された遺書(特攻出撃前の1945年4月上原帰郷した際に記述日付なし)、知覧取材活動をしていた陸軍報道班員高木俊朗報道用のノートには、誰彼となくそれぞれの経歴感想伝言書きつけるようになったが、その中遺されていた、上原出撃前夜記述した所感』と称した絶筆である。ただし、実際の所感』は、報道ノートへの寄せ書きではなく日本映画社報道原稿用紙7書かれており、高木主張とは異なる。また、高木上原に「今の思い書いてください」を個別にお願いして書いてもらったという報道もあり、高木が『所感』を上原から託されたとする状況は、高木によって脚色加えられていることも指摘されており、事実不明である高木はその絶筆上原戦死直後6月に、直接遺族両親妹達届けた主張しているが、実際に遺族届けられ時期不明である。 『所感』は、戦後まもなくの1949年1月出版された週刊朝日』(1949年1月23日号)「第二はるかなる山河に」という記事に、日本大学医学専門学校田坂徳太郎の遺書とともに掲載され、のちの『きけ わだつみのこえ出版きっかけともなっている。そして『きけ わだつみのこえ』に、上原の遺書は、高木遺族届けたとする『所感』と、1945年4月上原故郷帰郷したさいに家族残した遺書の2通が掲載された2006年10月22日故郷池田町上原記念碑石碑)が建立され、『所感』の一部碑文刻まれた。

※この「遺書」の解説は、「上原良司」の解説の一部です。
「遺書」を含む「上原良司」の記事については、「上原良司」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 02:07 UTC 版)

向井敏明」の記事における「遺書」の解説

自筆の遺書が残されている 辞世 我は天地神明誓ひ捕虜住民殺害せる事全然なし。南京虐殺事件等の罪は絶対に受けません。死は天命思ひ日本男子として立派に中国の土になります。然れ共魂は大八州に帰ります我が死を以て中国抗戦八年苦杯遺恨流れ去り日華親善東洋和の因ともなれば捨石となり幸です中国御奮闘を祈る日本の敢闘を祈る 中国日本天皇陛下万歳死して護国の鬼となります 十二月三十一日 十時記す 向井敏明

※この「遺書」の解説は、「向井敏明」の解説の一部です。
「遺書」を含む「向井敏明」の記事については、「向井敏明」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/19 22:05 UTC 版)

消去 (小説)」の記事における「遺書」の解説

ムーラウは葬式前日になって故郷ヴォルフスエックに到着し二人の妹に取仕切られ葬式準備の様子を眺めながら敷地内の様子見て回る前章思い起こした人々実際に再会しながら、幼年時代からの様々な記憶がムーラウの頭に去来するが、同時に家族悪し様に考えすぎているとも感じる。ムーラウの独白参列者顔ぶれ見ながら、前章続いて現代オーストリア国民性に対する嫌悪増していき、やがてこうした精神性のない俗物的なもの、カトリック的なもの国民社会主義的なものすべてを書きしるすことによって「消去」することを目的とした著作消去』の構想思いを馳せる。そして埋葬終わると、ムーラウは故郷ヴォルフスエックを宗教文化財団寄付する決意固める。

※この「遺書」の解説は、「消去 (小説)」の解説の一部です。
「遺書」を含む「消去 (小説)」の記事については、「消去 (小説)」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 19:20 UTC 版)

山本幡男」の記事における「遺書」の解説

山本を慕う仲間たちは、帰国への希望与えてくれた彼へ恩返しとして、彼の遺書を日本の遺族のもとへ届けることを熱望した。しかし収容所では、日本語書き残すことはスパイ容疑見なされており、ほぼ不可能であった帰国時に隠し持っていても所持品検査発見されれば収容所逆戻りとなり、帰国希望完全に断たれてしまう。事実帰国機会を得たにも関わらず隠し持っていた日本語書物没収され収容所逆戻りした者や、新たに10年の刑が加重された者、重労働25年の刑を受けた者もいた。山本自身もそれを理解していたと見えて全文暗記して日本の家のもとに伝えるよう、仲間たち宛てに遺書に書き添えられていた。 告別式の後、アムール句会出席者を始めとして山本親しい者、信頼のおける者、体力のある者、記憶力に長ける者、計6人が分担して、遺書を暗記することになった一同それぞれ、遺書の一部紙片書き写して隠し持ち作業中に監視目を盗みつつその文面を暗唱して頭に叩きこむ方法をとった。作業後も貴重な睡眠時間削って暗記費やし、その記憶を遺書の写し照合しながら、山本からの依頼通り一字一句洩らさない完璧な暗記目指した帰国何年先、何十先になるかもわからない気の遠くなる作業であった1955年昭和30年)には、俘虜たちが初め団結して収容所側に対抗するハバロフスク事件」が勃発俘虜たちはハンガー・ストライキ決行したが、空腹で頭の動き虚ろになる中でも山本の遺書の暗記担当者たちは遺書の内容復唱していた。同年日本宛て山本の死を報せる電報送られ日本残された妻である山本モジミのもとに届けられた。 翌1956年昭和31年4月頃には、ハバロフスク事件経て収容所内の環境がかなり改善されたが、同事件の影響で俘虜たちは明らかに衰弱し記憶力低下日本語言い間違えることも多くなった。極寒環境下での重労働栄養失調記憶力低下拍車をかけ故郷家族の名を忘れる者も続出。さらに遺書の暗記担当者何人かは、隠し持っていた遺書の写し発見され没収され暗記内容照合不可となったが、それでもなお彼らは自らの記憶力戦い続けていた。日本では戦後の復興進み、すでに「もはや戦後ではない」が流行語となった時代であった。 そして山本の死から2年上後終戦から11年目にあたる同年12月日ソ共同宣言発効されシベリア抑留者の最後の帰国実現した日本目指す引き揚げ船興安丸船内で、7年上続いたアムール句会最後の句会開かれた。 翌1957年昭和32年1月、遺書の暗記担当者1人が、当時埼玉県在住であった山本モジミのもとを訪ね暗記をもとに代筆により再現した遺書の一部届けたこれによりモジミは、遺書にまつわる一連の経緯を知ることになった。これを皮切りに同年のうちに計6人が、ある者は直接モジミのもとを訪ね、ある者は郵送小包で復元した遺書を届けた山本収容所作った俳句や詩も、合せて彼らによりモジミに届けられた。 1961年昭和36年)、戦後初のシベリア墓参に、モジミは代表者1人として山本の遺書を携えて参加初めての夫の墓参りで、仲間たち託された遺書が無事に自分のもとに届いていることを報告した。そして山本の死から30年以上経った1987年昭和62年)夏、最後の遺書がモジミのもとに郵送された。奇しくも山本三十三回忌の盆に当たるであった

※この「遺書」の解説は、「山本幡男」の解説の一部です。
「遺書」を含む「山本幡男」の記事については、「山本幡男」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 14:54 UTC 版)

松岡千代」の記事における「遺書」の解説

読売新聞紙上紹介された遺書の抜粋以下の通り。 我最愛の姉君よ........君よ我をあはれむとまでハ行かずともせめて自ら世をすてたる我罪を憎み給ひぞよ、さらバ/\再び我ハ君と結ぶべからず幽明遠く隔て永久に見えざるべし、されど妾が君の妹たるべき事のみハ、永久にゆるしてよ、大なる悲觀大なる樂觀一致すと、實に然り、我ハ今決せんとするに及びて胸中何等の不安あることなし、最早この期に及びてハ、何事も云ふまじ、(中畧)汚れ世の塵ハ只一つも我心にとヾまることなし、たヾなつかし姉君あることをのみ忘れざらん、さらバ永久にさめざる眠につかん、十月以來本懐はじめてこ〻に達す、あ〻何等の愉快ぞ........痛絶........快絶(中畧)死ハ塵の世遁るべき、只一すぢの道なるを、好機ありぬ今旣に我ハ決せ姉君よ、九十九年の條約を、破りし罪はゆるしてよ、(此書のうち入用のものあら君に參らせん昨日何を渡したるかそれすら覺えず、我をして徒らに藤村操を學ぶものとなす勿れ(下畧)巖頭立て狂暴極まる生存不適當者より なつかし姉上 靜枝子の君御許に

※この「遺書」の解説は、「松岡千代」の解説の一部です。
「遺書」を含む「松岡千代」の記事については、「松岡千代」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 02:31 UTC 版)

マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」の記事における「遺書」の解説

遺書は中隊印章封印され茶色封筒収められていた。ラインハルト中隊長副官により開封され中隊長発表した。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}「本職哨戒飛行より帰還せざりし場合第六飛行中隊ラインハルト中尉戦闘指揮をとること。1918年3月10日 騎兵大尉 フォン・リヒトホーフェン」 とのみ記載され、彼個人のことに言及する言葉家族へ言葉一切なく、これが彼の遺言全てであった

※この「遺書」の解説は、「マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」の解説の一部です。
「遺書」を含む「マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」の記事については、「マンフレート・フォン・リヒトホーフェン」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:07 UTC 版)

湯浅竹次郎」の記事における「遺書」の解説

湯浅出撃に際し残した遺書には、「古人曰ヘルアリ従容ト義ニ就クハシト。今ヤ廿有余勇士ト此難事決行ス。武士面目之ニ過ギズ」との一節があった。海兵一生徒はこの一節感激し生涯目標を「従容義ニ就ク境地到達センコト」に定めた。この生徒後年特攻攻撃の魁とされた有馬正文である。

※この「遺書」の解説は、「湯浅竹次郎」の解説の一部です。
「遺書」を含む「湯浅竹次郎」の記事については、「湯浅竹次郎」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 15:45 UTC 版)

野田毅 (陸軍軍人)」の記事における「遺書」の解説

自筆の遺書が1948年(昭和23年)1月28日処刑当日日記残されている。 死刑臨みての辞世 此の度中国法各位弁護士国防部各位、蒋主席の方々を煩はしました事に就き厚く御礼申し上げます。 只俘虜非戦闘員虐殺南京屠殺事件罪名絶対にお受け出来ませんお断り致します。死を賜はりました事に就ては天なりと観じ命なりと諦めて日本男児最後の如何なるものであるかをお見せ致します今後は我々を最後として我々の生命を以つて残余戦犯嫌疑者公正な裁判に代へられん事をお願ひ致します宣伝政策的意味を以って死刑判決したり、面目を以て感情的に判決したり、或は抗戦八年恨みをはらさんがため、一方的裁判をしたりされない様に祈願致します。 我々は死刑執行され雨花台散りましても貴国怨むものではありません。我々の死が中国日本のとなり、両国提携基礎となり、東洋和の人柱となり、ひいては世界平和到来する事を喜ぶものであります何卒我々の死を犬死徒死たらしめない様にそれだけ祈願致します中国日本天皇陛下万歳 野田毅

※この「遺書」の解説は、「野田毅 (陸軍軍人)」の解説の一部です。
「遺書」を含む「野田毅 (陸軍軍人)」の記事については、「野田毅 (陸軍軍人)」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:06 UTC 版)

穴澤利夫」の記事における「遺書」の解説

4月16日智恵子は利夫からの遺書が送られた。書かれたのは4月12日である。 あなたの幸せを願う以外に何物ありません無駄に過去のこと過去義理こだわっていけません。あなたは過去に生きるのではありませんから。勇気をもって過去忘れ将来新しく生きる場を見出すことです。あなたは今後の、一時一時の現実中に生きるのです。穴沢現実の世界にはもう存在しません。いまさら何を言うのかと自分でも考えますが、ちょっぴり欲を言ってみたいです。1、読みたい本、「万葉」「句集」2、観たい画、ラファエルの「聖母子像」、狩野芳崖かのうほうがい)の「悲母観音」3、智恵子会いたい話したい無性に今後は明るく朗らかに自分負けずに朗らかに笑って征きます — 穴澤利夫特攻隊員たちの遺書』より

※この「遺書」の解説は、「穴澤利夫」の解説の一部です。
「遺書」を含む「穴澤利夫」の記事については、「穴澤利夫」の概要を参照ください。


遺書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/30 05:09 UTC 版)

松平露」の記事における「遺書」の解説

死後引き出しから遺書が見つかった。これを見た定常さらに深く悲しみ、4通の遺書を木版刷りにして全国配布したまた、家臣命じて露姫伝記である『玉露童女行状』を編纂させた。 遺書を見た全国人々から追悼文次々と届いたため、定常はこれらをまとめて玉露童女追悼集』(全30巻)を編纂し浅草寺奉納した酒豪として知られた定常は、遺書で酒を諫められて以後、酒を一切飲まなかった。

※この「遺書」の解説は、「松平露」の解説の一部です。
「遺書」を含む「松平露」の記事については、「松平露」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「遺書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遺書

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:40 UTC 版)

名詞

(いしょ)

関連語


「遺書」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



遺書と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遺書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリリアとトレイズ (改訂履歴)、関行男 (改訂履歴)、荒木幸雄 (改訂履歴)、上原良司 (改訂履歴)、向井敏明 (改訂履歴)、消去 (小説) (改訂履歴)、山本幡男 (改訂履歴)、松岡千代 (改訂履歴)、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン (改訂履歴)、湯浅竹次郎 (改訂履歴)、野田毅 (陸軍軍人) (改訂履歴)、穴澤利夫 (改訂履歴)、松平露 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遺書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS