叔父とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 叔父 > 叔父の意味・解説 

お‐じ〔をぢ〕【伯父/叔父】

読み方:おじ

《「小父(おじ)」と同語源》父母の兄や弟。また、父母姉妹の夫。父母の兄には「伯父」、弟には「叔父」の字用いる。⇔伯母(おば)。


しゅく‐ふ【叔父】

読み方:しゅくふ

父母の弟。おじ。


叔父

読み方:オジoji

父母の弟


叔父

作者若杉鳥子

収載図書渡良瀬の風―若杉鳥子短篇集 増補改訂版
出版社武蔵野書房
刊行年月2008.8


叔父

読み方:おじ

  1. 警察本分署。〔第五類 一般建物
  2. 警察署。「おつさんとこ」に同じ。「何時も厄介になる所」、「親類近し」と思考せしめてかく呼びものなるべし。
  3. 警察署。「おっさんとこ」に同じ。「何時も厄介になっとるところ」の意。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おじ

(叔父 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/15 08:11 UTC 版)

おじ伯父/叔父/小父)とは、日本語で以下の関係にある男性を指す語。


注釈

  1. ^ ただし、身分が異なるので「叔父上」と呼ぶ機会はほとんどなかったものと思われる。
  2. ^ 「実力伯仲」や「伯仲の間」という語は、ここから派生し、差がほとんどなく、よく似ていて優劣つけがたいことを意味する。
  3. ^ 例えば、『系図纂要』の岩松満国の項には「泰家雖爲嫡子大季父直國無嗣子故併領其邑」とある。直国は満国の大叔父にあたる。

出典

  1. ^ a b 『ステージアップ漢字』p.70


「おじ」の続きの解説一覧

叔父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 18:51 UTC 版)

阿骨打」の記事における「叔父」の解説

劾孫(ヘスン) 粛宗 頗剌淑(ポラシェ) 穆宗 盈歌インコ) - 撻懶の父。

※この「叔父」の解説は、「阿骨打」の解説の一部です。
「叔父」を含む「阿骨打」の記事については、「阿骨打」の概要を参照ください。


叔父(おじ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/21 01:34 UTC 版)

喰 -kuu-」の記事における「叔父(おじ)」の解説

八千代の叔父。誰も完食したことの無い30人前相当のラーメン食神」が看板メニュー食堂ひまわり経営している。かなりの変人

※この「叔父(おじ)」の解説は、「喰 -kuu-」の解説の一部です。
「叔父(おじ)」を含む「喰 -kuu-」の記事については、「喰 -kuu-」の概要を参照ください。


叔父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 17:30 UTC 版)

封奕」の記事における「叔父」の解説

封抽 - 封悛の弟。西晋仕えて幽州参軍地位にあったが、封悛と共に慕容廆仕官してその長史となり、後に股肱東夷校尉にも任じられた。338年後趙軍が襲来すると、封抽降伏して統治していた城を明け渡したが、後趙敗れて軍を撤退させた為に逆に慕容皝より攻撃を受け、進退窮まって高句麗亡命した。子の封裕前燕中書監記室監・記室参軍歴任し、父の亡命後前燕仕え続けた。孫の封衡は前燕前秦後燕3国仕え前秦では尚書郎に、後燕では右司馬安東将軍中山尹・吏部尚書歴任している。

※この「叔父」の解説は、「封奕」の解説の一部です。
「叔父」を含む「封奕」の記事については、「封奕」の概要を参照ください。


叔父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 08:32 UTC 版)

潮風の街」の記事における「叔父」の解説

主人公の父5歳下の弟。独身

※この「叔父」の解説は、「潮風の街」の解説の一部です。
「叔父」を含む「潮風の街」の記事については、「潮風の街」の概要を参照ください。


叔父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 14:57 UTC 版)

真鶴 (志賀直哉の小説)」の記事における「叔父」の解説

「彼」の叔父。元、根府川石切り人足今は海軍兵曹長

※この「叔父」の解説は、「真鶴 (志賀直哉の小説)」の解説の一部です。
「叔父」を含む「真鶴 (志賀直哉の小説)」の記事については、「真鶴 (志賀直哉の小説)」の概要を参照ください。


叔父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 14:01 UTC 版)

愛と死」の記事における「叔父」の解説

村岡パリに来ることを誘う。

※この「叔父」の解説は、「愛と死」の解説の一部です。
「叔父」を含む「愛と死」の記事については、「愛と死」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「叔父」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

叔父

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:40 UTC 版)

名詞

((音)シュクフ、シュクブ (訓)おじ)

  1. 父母。おじ。

関連語


「叔父」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



叔父と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

叔父のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



叔父のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおじ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの阿骨打 (改訂履歴)、喰 -kuu- (改訂履歴)、封奕 (改訂履歴)、潮風の街 (改訂履歴)、真鶴 (志賀直哉の小説) (改訂履歴)、愛と死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの叔父 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS