姉とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

あね【姉】

きょうだいのうち、年上の女。⇔妹。

《「義姉」とも書く》妻や夫の姉。また、兄の妻。義姉(ぎし)。

(「あねさん」などの形で)女性親しんでいう語。


し【姉】

[音](呉)(漢) [訓]あね

学習漢字2年

[一]〈シ〉

あね。「姉弟姉妹義姉実姉長姉

女性対す敬称。「貴姉諸姉大姉

[二]〈あね〉「姉上姉御

名のり]え

難読従姉(いとこ)・従姉妹(いとこ)


し【姉】

接尾同輩女性氏名に付けて尊敬の意を表す。


あね【姉】

〔名〕

① 親を同じくする同士で、年上の女性。実姉。いろね。⇔妹。

古事記(712)上「又『汝の兄弟(はらから)有りや』と問ひたまへば、『我が姉、石長比売在り』と答へ白しき」

伊勢物語(10C前)一六「尼になりて、あねのさきだちてなりたる所へ行くを」

② 妻や夫の姉妹で、妻や夫より年上の女子、また、兄の妻など。義姉義理の姉

アパアトの女たちと僕と(1928)〈龍胆寺雄〉六「義母(はは)も義姉(アネ)たちも異分子として僕を認めるほどの関心すら、僕には持たなかった」

③ ひろく女性親しんで呼ぶ称。

涅槃経集解十一平初期点(850頃)「姉(アネ)と、我も亦是のごとし」

女性が他の者よりも年長であること。

*あさぢが露(13C後)「しきぶの大夫うせて後いま七八年のあねなれどもかたらひつきて」

(5)あねじょろう姉女郎)」の略。

河東節灸すへ巖の畳夜着(1726)「世話になるをば姉といひ、うきを語るを妹と、名を呼かはす世界なり」

[語誌]姉妹を指す語として、年齢区別しない「いも」「いもうと」もあり、平安時代までは「あね」とも「いもうと」とも呼んだ。例えば「源氏物語」の空蝉(うつせみ)という女性は、弟の小君(こぎみ)から両方の語でよばれている。その場合、「あね」は法制的な続柄、「いもうと」は近しく暮らす間柄という違いあったらしい。→いも・いもうと


あねえ【姉】

〔名〕 (「あね(姉)」の変化した語)

① =あね(姉)①

雑俳柳多留二九1800)「あねへは女郎弟は角兵へ獅々」

② 若い女を親しんで、また、気軽に呼ぶ語。ねえさん

洒落本多佳余宇辞(1780)「どうだ姉(アネ)ヱかわる事もねへか」

安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「ヲイヲイあねへ、親方に〈略〉焼鍋一枚あつらへてくんな」

③ 妻を呼ぶ語。

洒落本・筬の千言(1812頃)下「姉ヱ〈女房の事也〉茶碗壱つくれ」


あんねえ【姉】

〔名〕 (「あんねい」とも。「あね(姉)」の変化した語)

ねえさん先輩格の女や、単に若い女を呼ぶのに用いることが多い。

咄本蝶夫婦(1777)見物「あんねへもせなあも出て見され」

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「わしもハイ此内では、あんねいあんねいといわれる女郎おざいます

娘。

随筆裏見寒話(1753)付録あんねい 娘の事」


いね【姉】

〔名〕

① 「姉」の女房詞

下女女中


し【姉】

1 〔名〕 きょうだいのうち先に生まれ女子。あね。

2接尾同輩上の婦人に対し、その氏名添え敬称


作者武川滋郎

収載図書女絵(おんなえ)
出版社審美
刊行年月1987.4


作者武者小路実篤

収載図書武者小路実篤全集 第3
出版社小学館
刊行年月1988.4


作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第9巻 足迹・黴
出版社八木書店
刊行年月1998.1


作者佐藤正午

収載図書バニシングポイント
出版社集英社
刊行年月2000.2
シリーズ名集英社文庫


作者矢口敬子

収載図書おとななんてクソ食らえ!
出版社日本文学館
刊行年月2005.10
シリーズ名ノベル倶楽部


作者大佛次郎

収載図書
出版社未知谷
刊行年月2007.9
シリーズ名大佛次郎セレクション


読み方:あね

  1. 芸妓酌婦。〔第二類 人物風俗
  2. 芸妓酌婦土蔵一番目
  3. 芸妓酌婦。②土蔵一番目
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 22:51 UTC 版)

(あね)は、本人から見て傍系2親等の年長の女性、通常は同じ(またはどちらか一方が同じ)から生まれた年長の女性をいう。お姉さん(おねえさん)、お姉ちゃん姉さん




「姉」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:22 UTC 版)

発音

名詞

  1. (あね)同じ親から産まれた年上年下いもうとという。
  2. (あね)(主に年上の)女性対する、親しみ込め敬称。(あてられる。)

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類

接尾語    姉    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「姉」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||


9
78% |||||

10
78% |||||

姉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



姉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの姉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS