きょうだいとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > きょうだいの意味・解説 

きょう‐だい〔キヤウ‐〕【京大】

読み方:きょうだい

京都大学」の略称。


きょう‐だい〔キヤウ‐〕【兄弟】

読み方:きょうだい

片親または両親同じくする男の子供たち。兄と弟また、その間柄。けいてい

男女の別なく、片親または両親同じくする子供たちまた、その間柄。兄弟姉妹。「姉二人、兄二人五人―の末っ子」「―げんか」

養子縁組みなどにより親を同じくする間柄になった者。また、自分の兄弟姉妹配偶者または自分の配偶者兄弟姉妹義理の兄弟。

親し男性どうしが、くだけた場面で用い呼び名。「おい―、ひとつ頼むよ

兄弟分(ぶん)」に同じ。

[補説] 23は「兄妹」「姉弟」「姉妹」とも書く。
書名別項。→兄弟

「兄弟」に似た言葉

きょうだい〔キヤウダイ〕【兄弟】

読み方:きょうだい

なかにし礼による自伝的小説平成9年1997)「オール読物」誌に連載。単行本は翌平成10年1998刊行され、第119直木賞の候補作にもなった。平成11年1999ドラマ化


きょう‐だい〔キヤウ‐〕【強大】

読み方:きょうだい

[名・形動強くて大きいこと。また、そのさま。「―な勢力を誇る」⇔弱小

[派生] きょうだいさ[名]

「強大」に似た言葉

きょう‐だい〔ケウ‐〕【橋台】

読み方:きょうだい

橋の上構造両端支持する基礎

「橋台」に似た言葉

きょう‐だい【×矜大】

読み方:きょうだい

おごりたかぶること。尊大


きょう‐だい〔キヤウ‐〕【経題】

読み方:きょうだい

経文題目


きょう‐だい〔キヤウ‐〕【鏡台】

読み方:きょうだい

鏡を立てる台。多く造り引き出しなどがある。


きょうだい

作者石原慎太郎

収載図書遭難者
出版社新潮社
刊行年月1992.9

収載図書石原愼太郎文学 10 短篇集(2)遭難者
出版社文藝春秋
刊行年月2007.10


きょうだい

作者ミトサキ

収載図書忘れがたい者たち―ライトノベル・ジュブナイル選集
出版社創英社
刊行年月2007.7


きよーだい

読み方:きょうだい

  1. 賭博犯窃盗犯人中に於て仲間の事を云ふ。
  2. 賭博犯又は窃盗犯中で仲間のことをいう。

分類 賭博犯窃盗犯


キヨウダイ

読み方:きょうだい

  1. 我ニ均シキモノヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・京都府

分類 京都府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

兄弟姉妹

(きょうだい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 05:06 UTC 版)

兄弟姉妹(けいていしまい、きょうだいしまい、: siblings)は、同じから生まれた子供たちの総称。一般には呉音で「きょうだいしまい」と読まれることが多い。法律用語としては漢音で「けいていしまい」と読む。同胞(音:どうほう、訓:はらから)ともいう。教育学などではきょうだいというひらがな表記が兄弟姉妹の意味で使われることがある。


  1. ^ きょうだい支援、全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会、2016年2月21日閲覧。
  2. ^ 例えば、最年長と最年少の者が男性で中間が女性。又は最年長と最年少の者が女性で中間が男性であること。
  3. ^ a b 現代言語研究会、1997年、「一家族の中で年長の男性をいう「兄」」「一家族の中で年長の女性をいう「姉」」「一家族の中で年下の女性をいう「妹」」、『日本語使いさばき辞典』、あすとろ出版、ISBN 978-4755508288
  4. ^ 父子関係の立証は父親の認知が必要


「兄弟姉妹」の続きの解説一覧

きょうだい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 04:51 UTC 版)

和泉式部」の記事における「きょうだい」の解説

和泉式部には、姉妹何人かいたことが歌集・『和泉式部正集(正集)』などから判明している。「岩躑躅いはねばうとしかけていへばもの思ひさる物をこそ思へ(正集・六九八)」の詞書には、人に知られ物思いをすることがあった折にはらから」に歌を送っていることが記されており、相談内容から姉であると考えられる。姉と思しき女性は、斎院選子内親王の許に出仕しており、『後拾遺和歌集』の歌人である中将中務姉妹の母にあたるまた、大江匡衡赤染衛門間の子大江挙周交際してたらしい女性が『赤染衛門集』から判明しており、挙周と女性ではなく和泉式部赤染衛門もっぱら贈答交わし、恋の主導権握っているため、こちらは和泉式部の妹であると考えられる。もう1人藤原有家嫁した女性もいたが、和泉式部年齢開きあるため異腹の妹と推測される

※この「きょうだい」の解説は、「和泉式部」の解説の一部です。
「きょうだい」を含む「和泉式部」の記事については、「和泉式部」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「きょうだい」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

きょうだい

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:34 UTC 版)

同音異義語


「きょうだい」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



きょうだいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きょうだい」の関連用語

きょうだいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きょうだいのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兄弟姉妹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの和泉式部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきょうだい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS