妾とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > > の意味・解説 

しょう【×妾】

読み方:しょう

[音]ショウセフ)(呉)(漢) [訓]めかけ わらわ

めかけ。「妾宅愛妾妻妾侍妾蓄妾婢妾(ひしょう)」


しょう〔セフ〕【×妾】

読み方:しょう

【一】[名]めかけ。そばめ。

【二】[代]一人称人代名詞女性自分へりくだって言う語。わらわ。

「―は一層学芸心を籠め」〈福田英子妾の半生涯


め‐かけ【×妾/目掛(け)】

読み方:めかけ

目をかけるところから正妻のほかに、愛し養う女性二号。「―を囲う

ひいきにすること。また、そのもの

不断―の浜側色宿昼過ぎより入らせられ」〈浮・曲三味線・三〉


て‐かけ【手掛(け)/手懸(け)】

読み方:てかけ

器物の、手をかける所。「―穴」「―金物

手をかけて愛する者の意。「妾」とも書く》めかけ。そばめ。


わらわ〔わらは〕【私/×妾】

読み方:わらわ

[代]《「わらわ(童)」の意から》一人称人代名詞女性へりくだって自分をいう語。近世では、特に武家の女性が用いた


原題:
製作国:日本
製作年:1964
配給:
スタッフ
監督:小川欽也 オガワキンヤ
製作:菜穂俊一 

矢元照雄 ヤモトテルオ
脚本:芳賀呉雄 
撮影:須藤登 スドウノボル
音楽:竹村次郎 タケムラジロウ
美術:福島良 フクシマ
照明:市川幸雄 
キャスト(役名
牧和子 マキカズコ (不明
九重京司 ココノエキョウジ (不明
解説
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されいますのでご注意ください

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/21 08:12 UTC 版)

(めかけ、しょう)とは、婚姻した男性が、以外にも囲う女性のことで、経済的援助を伴う愛人を指す。


注釈

  1. ^ 「等親」は、「親等」とは別のもので「親等」は世代を数えるだけなのに「等親」は間柄の尊卑(そんぴ)親疎(しんそ)を現したものである。「親等」では配偶者(夫や妻)は世代の問題ではないので数えない。新律綱領では「夫」は「一等親」である。

出典

  1. ^ ”. 言語由来辞典. ルックバイス (2019年). 2019年9月16日閲覧。
  2. ^ 文字文化研究所 認定教本 (2019年). “第21回 人の形から生まれた文字〔5〕 女の人の姿(2)”. ジャパンナレッジ. 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉小学館
  4. ^ 村上 一博「明治前期における妾と裁判」法律論叢, 明治大学法律研究所, 1998, 71,pp.3-6
  5. ^ a b c d 「第7回 「アルナイ(二号さん)村」が生まれてしまう“悲劇” 中国は、政治と経済を切り離しすぎた」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年5月9日付配信



妾(わらわ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 13:40 UTC 版)

日本語の一人称代名詞」の記事における「妾(わらわ)」の解説

詳細は「わらわ」を参照 女性謙譲一人称で、語源は「童(わらわ)」。貴人近づき奉仕する入れ墨ほどこされ女性腰元侍女)。近世では特に武家の女性が用いた。「童」は目の上に入れ墨をされ、重い袋を背負わされた奴隷の意味表し転じてわらべの意味をも表す。フィクションにおいて女王女性貴族など尊大な演出として使う場合がある

※この「妾(わらわ)」の解説は、「日本語の一人称代名詞」の解説の一部です。
「妾(わらわ)」を含む「日本語の一人称代名詞」の記事については、「日本語の一人称代名詞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「妾」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2017/06/24 05:41 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. めかけ正妻外で、妻同様に扶養する女性
  2. (わらわ)女性の古い謙称

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「妾」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



妾と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「妾」の関連用語

妾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



妾のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの妾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本語の一人称代名詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS