夫とは? わかりやすく解説

ふ【夫】

[音](呉)(漢) フウ(慣) ブ(慣) [訓]おっと つま おとこ それ

学習漢字4年

[一]〈フ〉

成人した男。「丈夫・情夫壮夫大夫(たいふ)・匹夫凡夫

仕事たずさわる男。「火夫漁夫工夫(こうふ)・坑夫水夫(すいふ)・農夫牧夫

男の配偶者。おっと。「夫君夫妻先夫亡夫有夫一夫一婦

[二]フウ

りっぱな男子。「夫子

おっと。「夫婦

名のり]あき・お・すけ

難読水夫(かこ)・妓夫(ぎゆう)・工夫(くふう)・大夫(たゆう)・太夫(たゆう)・夫役(ぶやく)・丈夫(ますらお)・夫婦(めおと・みょうと)・鰥夫(やもお)・鰥夫(やもめ)


ぶ【夫】

公事などのために徴発された人夫夫役(ぶやく)に従う人夫

「この御堂の—をしきりに召す事こそ」〈大鏡道長上〉

(「歩」とも書く)雑兵

「かたちをやつし—になり」〈太平記・一〇〉


お‐ひと〔を‐〕【夫】

「夫(おっと)」に同じ。


ひこ‐じ〔‐ぢ〕【夫】

《「ひこ」は男子美称。「じ」は敬称》おっと。

「その—答へて歌ひたまひしく」〈記・上〉


お‐うと〔を‐〕【夫】

《「おひと」の音変化》おっと。

「—は若く色衰へず盛りなる程なり」〈水鏡・上〉


お〔を〕【男/夫】

《「雄(お)」と同語源。「女(め)」に対する語》

おとこ。男子

吾が大国主汝(な)こそは—にいませば」〈記・上・歌謡〉

おっと。

「吾(あ)はもよ女(め)にしあれば、汝(な)を置(き)て—はなし」〈記・上・歌謡〉

(「雄」「牡」とも書く)他の語の上または下に付いて複合語をつくる。

男性、または動植物のおすを表す。「—牛」「—花」「益荒(ますら)—」

一対物のうち、大きいもの、または男性的思われるほうのものを表す。「—岳」「—竹」

おおしい、勇ましい意を表す。「—たけび」「—心」


そ【×其/夫】

[代]

中称指示代名詞。それ。

受付は—を受け取り」〈独歩牛肉と馬鈴薯

「妹が門(かど)行き過ぎかねつひさかたのも降らぬか—をよしにせむ」〈・二六八五〉

三人称人代名詞その人

「—が言ひけらく」〈土佐


ふう【夫/富】

〈夫〉⇒ふ

〈富〉⇒ふ


おっと〔をつと〕【夫/良人】

《「おひと(男人)」の音変化配偶者ある男性。結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。亭主。「—のある身」⇔妻。


せ【兄/夫/背】

女が男を親しんでいう語。主として夫・恋人をさす。⇔妹(いも)。

信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道刈りばね足踏ましむな沓(くつ)はけ我が—」〈三三九九〉

女の側から兄または弟をよぶ語。⇔妹。

「人ならば母が愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と—の山」〈万・一二〇九〉


つま【夫/妻】

《「端(つま)」の意》

夫婦恋人が、互いに相手を呼ぶ称。

「吾(あ)はもよ女(め)にしあれば汝(な)を置(き)て男(を)はなし汝を置て—はなし」〈記・上・歌謡〉

動物のつがいで、互い相手

下辺(しもへ)にはかはづ—呼ぶ」〈・九二〇〉

鹿と秋風など、関係の深い一組のものの一方をいう語。

小牡鹿(さをしか)の—にすめる萩の露にも」〈源・匂宮


結婚 1に関する研究は、結婚行動) 2、すなわち法もしくは慣習により規定された権利義務に伴う両性間の結合 3頻度結婚婚姻訳注)によって結びついている者たちの属性、そしてそのような結合結婚)の解消取り扱う。さらに、その発生頻度ある程度高ければ、その他の夫婦的結合(503-8)の研究もまたこれに含まれる婚礼 4ないし結婚式 4とは、一人男性一人女性の間の結合配偶者 5、つまり夫 6と妻 7として一般に認知させるための儀式のことを指し、それは法もしくは慣習によって規定されている配偶者同士総称して、夫婦 8と呼ぶ。


作者プシュパラター・シュレスタ

収載図書二十世紀 ある小路にて―ネパール女性作家
出版社段々社
刊行年月1988.7
シリーズ名現代アジアの女作家秀作シリーズ


作者沈従文

収載図書中国現代文学珠玉小説 1
出版社二玄社
刊行年月2000.3

収載図書辺城 復刻版
出版社本の友社
刊行年月2002.1
シリーズ名大陸文学叢書


読み方:ふ

  1. 壮年者。〔第二類 人物風俗
  2. 壮年者を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:05 UTC 版)

 (おっと)は、結婚している男性を指す。配偶者)や家族との関係や、社会的、法的な位置づけは時代や文化によって多様である。


  1. ^ 小松寿雄・鈴木英夫編(2011年)『新明解語源辞典』三省堂刊(179p)
  2. ^ Britannica 2005, dowry
  3. ^ Dower - Definition of dower by Merriam-Webster”. m-w.com. m-w.com. 2015年11月24日閲覧。
  4. ^ Heba G. Kotb MD, Sexuality in Islam Archived 9 July 2011 at the Wayback Machine., PhD Thesis, Maimonides University, 2004
  5. ^ Ephesians 53A26-27 ESV - - Bible Gateway”. www.biblegateway.com. 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ Ephesians 5:28 In this same way, husbands ought to love their wives as their own bodies. He who loves his wife loves himself.”. biblehub.com. 2016年6月1日閲覧。
  7. ^ Ephesians 5:25 Husbands, love your wives, just as Christ loved the church and gave himself up for her”. biblehub.com. 2016年6月1日閲覧。
  8. ^ Ephesians 5:29 After all, no one ever hated their own body, but they feed and care for their body, just as Christ does the church--”. biblehub.com. 2016年6月1日閲覧。
  9. ^ Galatians 5:22 But the fruit of the Spirit is love, joy, peace, forbearance, kindness, goodness, faithfulness,”. biblehub.com. 2016年6月1日閲覧。
  10. ^ 1 Corinthians 7:5 Do not deprive each other except perhaps by mutual consent and for a time, so that you may devote yourselves to prayer. Then come together again so that Satan will not tempt you because of your lack of self-control.”. biblehub.com. 2016年6月1日閲覧。
  11. ^ The History of Rome, by Theodor Mommsen Book I Chapter 5 Section 2”. About.com Ancient/Classical History. About.com Ancient/Classical History. 2015年11月24日閲覧。
  12. ^ Stephanie Coontz on "classic marriage"
  13. ^ William C. Horne, Making a heaven of hell: the problem of the companionate ideal in English marriage, poetry, 1650–1800 Athens (Georgia), 1993
  14. ^ William Blackstone, Commentaries upon the Laws of England
  15. ^ Cuckoo's egg in the nest, Spiegel 07, 2007
  16. ^ Britannica, Legal limitations on marriages (from family law)
  17. ^ Britannica 2004, Legal limitations on marriage (from family law)
  18. ^ Women and Achievement in Nineteenth-Century Europe - Google ブックス
  19. ^ http://www.aifs.gov.au/institute/seminars/finlay.html
  20. ^ Gender Equality in Philippines - Social Institutions and Gender Index (SIGI)”. genderindex.org. genderindex.org. 2015年11月24日閲覧。
  21. ^ A brief discussion on Infidelity, Concubinage, Adultery and Bigamy”. Philippine e-Legal Forum. Philippine e-Legal Forum. 2015年11月24日閲覧。


「夫」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 11:39 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. おっと、古・つま男性配偶者

関連語

熟語

接尾辞

  1. (~ふ)(少なくともかつては主に)男性従事する特定の職業。現在は性差別につながるとして、用いられなくなっている。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「夫」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



夫と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夫」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||


6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
72% |||||


夫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS