不倫とは?

ふ りん [0] 【不倫】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ
道徳反すること。特に、男女の関係人の道にはずれること。また、そのさま。 「 -の恋」 「 -な関係」 「我孫坊様つちやま)の嬢様のと。-千万尊号を奉りて/二人女房 紅葉


不倫

作者北杜夫

収載図書昭和文学全集 22
出版社小学館
刊行年月1988.7


不倫

作者赤瀬川隼

収載図書みんなで一人旅
出版社文芸春秋
刊行年月1996.7


不倫

作者唯川恵

収載図書別れ言葉私か
出版社光文社
刊行年月2000.6
シリーズ名知恵文庫

収載図書別れ言葉私か
出版社光文社
刊行年月2002.2
シリーズ名光文社文庫


不倫

作者吉田としろう

収載図書フーコー短編小説傑作13
出版社フーコー
刊行年月2003.7


不倫

作者真田コジマ

収載図書シングルマザー
出版社ポプラ社
刊行年月2007.10


姦通

(不倫 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 22:16 UTC 版)

姦通(かんつう)とは、社会的道徳的に容認されない不貞行為性交渉のことである。婚外性交渉[1]とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。




  1. ^ 岩田 剛 インドネシア・ブギス-マカッサル社会におけるシリ(恥-名誉)を核とする行為集団に関する一考察 アジア・アフリカ地域研究 (8-1), 75-88, 2008
  2. ^ 南谷覺正 戦後日本の性とメディア群馬大学社会情報学部研究論集第19巻55~74頁2012年3月31日
  3. ^ CHAPTER VIII.CRIMES AND PUNISHMENTS."Sketches of Japanese manners and customs" Jacob Mortimer Wier Silver, 1867
  4. ^ 他人の妻を密懐する罪科の事 右、強奸、和奸を論ぜず、人の妻を懐抱するの輩、所領・半分を召せ被れ、出仕を罷め被る可し。所帯・無んば、遠流に処す可き也。女の所領・同じく之を召せ被る可し。所領・無んば、又、之を配流せ被る可き也。」「次に、道路の辻に女を捕う事、御家人に於ては、百箇日の間、出仕を止む可し。郎従・巳下に至りては、右大将家の御時の例に任せて、片方の鬢髪を剃除す可き也。但し、法師の罪科に於ては、其の時に当たりて、斟酌せ被る可し。
  5. ^ 一、密通致し候妻 死罪
    一、密通之男死罪 但、實之夫を殺し様ニ勸候歟、又ハ手傳殺候におゐてハ、獄門
    一、密夫いたし實之夫を殺し候もの 引廻し之上 磔
    一、密夫いたし實之夫ニ疵付候もの 引廻し之上 獄門
    一、主人之妻江密通之手引いたし候もの 死罪
  6. ^ 御成敗式目、公事方御定書とも既婚男性が未婚女性と交情に及ぶ件に関しては規定がない。
  7. ^ 既婚男性が既婚女性と不倫関係にある場合は、女性の夫から姦通罪で告発され罪に問われる可能性がある
  8. ^ 不倫を行った者の配偶者は、不倫の相手に対し「夫(妻)の立場を不当に侵したもの」として訴訟を起こすことが可能であり、訴えが認められた場合は損害賠償責任を負う。
  9. ^ a b c 川崎佳代子 文学にみる恋愛と結婚について
  10. ^ 星川啓慈 カルスタ、あれこれ(23)――『源氏物語』は「不倫物語」か? 大正大学


「姦通」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不倫」の関連用語

不倫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



不倫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの姦通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS