V6_(グループ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > V6_(グループ)の意味・解説 

V6 (グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 10:10 UTC 版)

V6(ブイシックス)は、日本男性アイドルグループである。所属事務所はジャニーズ事務所。所属レコードレーベルavex trax




注釈

  1. ^ 4枚目のシングル『TAKE ME HIGHER』はデイブ・ロジャースのカバー、最初のシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』、2枚目のシングル『MADE IN JAPAN』は、デイブ自身が後にセルフカバーした。
  2. ^ 3曲ともリアレンジされており、「MUSIC FOR THE PEOPLE」のオリジナルはアルバム未収録、他2曲のオリジナルの初収録は『Very best
  3. ^ 4曲ともリアレンジされており、「WAになっておどろう」のオリジナルはアルバム未収録、他3曲のオリジナルのアルバム初収録は『Very best
  4. ^ 「GENERATION GAP」と「Be Yourself!」はリアレンジされており、オリジナルのアルバム初収録は共に『Very best
  5. ^ 4曲ともリアレンジされており、いずれもオリジナルのアルバム初収録は『Very best
  6. ^ 5曲ともリアレンジされており、「MY DAYS」のオリジナルはアルバム未収録、他4曲のオリジナルのアルバム初収録は『Very best
  7. ^ リアレンジされており、オリジナルのアルバム初収録は『Volume 6
  8. ^ 「愛のMelody」と「SHODO」はリアレンジされたもののみ収録されており、オリジナルのアルバム初収録は共に『Very best II
  9. ^ 「Catch」と「タカラノイシ」はアルバム未収録
  10. ^ 「ハナヒラケ」と「太陽と月のこどもたち」はアルバム未収録
  11. ^ これより早く『"LUCKY" 20th Century, Coming Century to be continued...』に、メドレー「Coming Century Non-stop Remix」の1曲目として収録されている
  12. ^ MiMyCEN名義
  13. ^ ただし、この年は年末年始の合算週でそのまま自動的に2週連続1位になるものだった。
  14. ^ リリースから約4年、配信限定だったが、2015年7月29日発売のベスト・アルバム『SUPER Very best』の通常盤Disc3の16曲目に収録された。ただし、商品に記載されていないため、事実上シークレットトラックとなっている。

出典

  1. ^ Bush, John. V6 | Biography & History - オールミュージック. 2020年11月25日閲覧。
  2. ^ a b V6三宅健 結成時に森田剛入らないならV6やらないと抗議した”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年12月1日). 2016年1月31日閲覧。
  3. ^ V6 > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2013年5月24日閲覧。
  4. ^ a b c アーティスト詳細 V6”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社 (2015年4月23日). 2016年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月22日閲覧。
  5. ^ V6の「V」はベテランの頭文字?”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2005年6月16日). 2005年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  6. ^ 「デビューからのシングルTOP10入り連続年数」を26年連続に更新” (日本語). オリコン (2020年9月29日). 2020年9月29日閲覧。
  7. ^ a b c 嵐バックにV6が20年の集大成2万5000人熱狂”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2015年11月2日). 2015年11月27日閲覧。
  8. ^ V6三宅健 結成時に森田剛入らないならV6やらないと抗議した”. NEWSポストセブン. 小学館 (2014年12月1日). 2020年11月16日閲覧。
  9. ^ ありがとう J-FRIENDS from KOBE”. 神戸市ホームページ. 神戸市役所 (2003年7月18日). 2011年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  10. ^ a b 「学校へ行こう!」かつて「未成年の主張」出演熱望した学生が…”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2015年11月3日). 2015年11月27日閲覧。
  11. ^ 日曜日のヒーロー 第300回 J-FRIENDS”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2002年1月20日). 2002年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  12. ^ a b c 今夏「24時間テレビ」V6とヘイセイが初の“2世代パーソナリティー””. スポーツ報知. 報知新聞社 (2015年4月5日). 2015年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  13. ^ ジャニーズ夏ツアー121万人動員”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞 (2000年10月16日). 2000年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  14. ^ a b V6が約7年ぶりのアジアツアーを台湾、韓国で開催”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2009年8月14日). 2016年3月4日閲覧。
  15. ^ a b 7年越しの想い実現。V6、初の韓国公演にファン熱狂”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2009年11月16日). 2016年3月4日閲覧。
  16. ^ 「ごくせんトリオ」台湾グラミー賞プレゼンター”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2008年6月5日). 2008年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  17. ^ a b V6が7年ぶりアジアツアー台湾&韓国”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2009年8月14日). 2016年3月4日閲覧。
  18. ^ カミセンが映画初出演…宇宙舞台の本格SF作”. SANSPO.COM. 産業経済新聞社 (2003年5月22日). 2003年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  19. ^ V6三宅“半同棲”否定”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2003年6月28日). 2003年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  20. ^ V6「ハードラックヒーロー」パレード試写会”. SANSPO.COM. 産業経済新聞社 (2003年9月29日). 2003年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  21. ^ V6井ノ原、SMAP剛に負けない韓国語を披露”. ZAKZAK. 産経デジタル (2004年1月20日). 2016年3月4日閲覧。
  22. ^ 「サンダーバード」実写版にV6”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2004年2月19日). 2004年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  23. ^ V6「サンダーバード」のアフレコ収録”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社 (2004年5月15日). 2004年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  24. ^ V6が全国10万人握手ツアー”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2005年10月18日). 2005年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  25. ^ 渋谷に8階建て「V6博物館」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2005年9月27日). 2005年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  26. ^ V6主演“ぶっ飛び”映画が完成”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2005年9月14日). 2005年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  27. ^ 中島&V6「日韓友情年」“集大成唱””. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2005年12月7日). 2006年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  28. ^ V6 500万人動員ファンに感謝!”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2006年8月7日). 2007年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月4日閲覧。
  29. ^ オリコン史上1000作目のアルバム1位はV6!”. ORICON STYLE. oricon ME (2007年9月18日). 2016年3月4日閲覧。
  30. ^ a b 【紅白】V6、笑顔で念願の舞台を盛り上げる”. ORICON STYLE. oricon ME (2014年12月31日). 2015年11月27日閲覧。
  31. ^ V6、20周年記念日までの全国ツアー&披露曲リクエスト受付中”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年3月19日). 2015年11月27日閲覧。
  32. ^ ジャニーズ事務所初!V6全国ツアー最終公演12・6テレビ放送”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2015年10月2日). 2016年3月4日閲覧。
  33. ^ ジャニーズ史上初WOWOW放送!V6の20周年記念日ツアーファイナル、リハ風景も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月2日). 2016年3月4日閲覧。
  34. ^ V6坂本、初の“2世代”に「まさに昭和と平成」 24時間完走”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年8月23日). 2015年11月27日閲覧。
  35. ^ a b V6、24時間ラジオ完走に感慨「心が満たされた」”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年12月25日). 2015年12月31日閲覧。
  36. ^ 7年ぶりに復活『学校へ行こう!2015』平均17.8%獲得”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年11月4日). 2015年11月27日閲覧。
  37. ^ V6、21年目で国内フェス初出演へ「今からワクワク」”. ORICON NEWS. oricon ME (2016年8月27日). 2017年1月13日閲覧。
  38. ^ ジャニーズ15組参加の期間限定ユニットTwenty★Twenty結成、楽曲提供は櫻井和寿”. 音楽ナタリー. 2020年5月15日閲覧。
  39. ^ a b 【紅白】V6井ノ原と岡田が肩組み仲良くリハーサル!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2015年12月30日). 2020年4月25日閲覧。
  40. ^ V6「WAになっておどろう」「HONEY BEAT」で3度目紅白ステージを笑顔に〈紅白本番〉”. モデルプレス. ネットネイティブ (2016年12月31日). 2020年4月25日閲覧。
  41. ^ V6 20周年に紅白初出場!朝の顔・井ノ原、官兵衛・岡田で大貢献”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2014年11月21日). 2016年3月4日閲覧。
  42. ^ “坂本昌行×長野博×井ノ原快彦の三人芝居「戸惑いの惑星」作・演出はG2”. ステージナタリー. (2016年9月7日). http://natalie.mu/stage/news/200841 2016年9月7日閲覧。 
  43. ^ a b V6のCM出演情報”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。
  44. ^ a b V6、14年ぶり全員CMで末っ子岡田イジリ談笑”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年11月5日). 2016年2月28日閲覧。
  45. ^ a b 20th CenturyのCM出演情報”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。
  46. ^ a b c Coming CenturyのCM出演情報”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年2月28日閲覧。
  47. ^ V6カミセン、焼肉囲んで和気あいあい”. ライブドアニュース. LINE (2008年3月13日). 2016年2月28日閲覧。
  48. ^ 恋愛ゲーム市場で、なぜ『ラブセン』は2年連続で「GREE Platform Award」恋愛部門で最優秀賞をとれたのか”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年3月27日). 2016年2月28日閲覧。
  49. ^ トニセン「20thCentury『10』TONI-TEN」発売記念トークイベント開催”. シアターガイド. モーニングデスク (2005年6月15日). 2016年2月28日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「V6_(グループ)」の関連用語

V6_(グループ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



V6_(グループ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのV6 (グループ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS