嵐_(グループ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 嵐_(グループ)の意味・解説 

嵐 (グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/23 09:55 UTC 版)

(あらし、ローマ字表記: ARASHI)とは、日本の5人組男性アイドルグループである。ジャニーズ事務所所属。レコード会社ジェイ・ストーム




注釈

  1. ^ デビュー当初、氏名表記は新字体の「桜井翔」としていたが、2002年頃から戸籍名の「櫻井翔」に変更した。
  2. ^ 「JET STORM」(ジェットストーム)とはプライベートジェット機の名前。タイ、台湾、韓国の3ヶ国を1日で回りアジア進出をPR。この日はコンサートツアー中だったため、大阪公演(1日3回公演)を終えた翌日、午前1時30分に東京国際空港を出発、午前8時(日本時間)にバンコク、午後3時(日本時間)に台北市、午後8時(日本時間)にソウル特別市と巡る。
  3. ^ なお、『スポーツ報知』(2012年10月17日付)がこれを「同じ年に紅白と『24時間テレビ』の司会を双方担当するケースは史上初」と誤って報じている。
  4. ^ 2019年4月~12月の公演日程は2018年12月23日の東京公演にて発表された。
  5. ^ 「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」。
  6. ^ CDセールスとダウンロード数(サブスクリプションは含まず)、加えてIFPIの規定によってミュージックビデオを収録したDVD「5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019」の売り上げもカウントされ、合わせて約330万枚を記録。
  7. ^ 2曲ともalbum versionでの収録。single versionの初収録は、どちらも『5×5 THE BEST SELECTION OF 2002←2004』。
  8. ^ 携帯サイト「Johnny's web」会員限定の通信販売
  9. ^ 新エンディングテーマとなった「ナイスな心意気」の紹介として本編前に少しだけ登場。
  10. ^ 「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「Believe」のメドレー
  11. ^ 「Troublemaker」「Monster」のメドレー
  12. ^ 「迷宮ラブソング」「果てない空」のメドレー
  13. ^ 「ワイルド アット ハート」「Face Down」のメドレー
  14. ^ 「Endless Game」「Breathless」のメドレー
  15. ^ 「感謝カンゲキ雨嵐」「GUTS !」のメドレー
  16. ^ 「Sakura」「愛を叫べ」のメドレー
  17. ^ 曲に入る前に、10年ぶりに新作が公開された映画『スター・ウォーズ・シリーズ』とコラボした演出を行った。
  18. ^ 「A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」のメドレー
  19. ^ 「GUTS !」「Doors〜勇気の軌跡〜」のメドレー
  20. ^ 「君のうた」「Happiness」のメドレー
  21. ^ ただし、後にサザンオールスターズが特別枠として歌唱しており、メディアによっては嵐を「白組トリ」と扱っているものも存在する。
  22. ^ 「A・RA・SHI」「Turning Up」のメドレー
  23. ^ 正式な大トリとしては2回目(2016年以来)。

出典

  1. ^ a b c d Eremenko, Alexey. - オールミュージック. 2020年6月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 嵐、2020年12月31日をもって活動休止”. 音楽ナタリー (2019年1月27日). 2019年1月29日閲覧。
  3. ^ 公式サイトプロフィール
  4. ^ 紅白歌合戦出場歌手決まる!嵐、カエラら初出場、福山16年ぶり”. ORICON NEWS. 2019年12月5日閲覧。
  5. ^ 歴代司会者 - NHK紅白歌合戦 - 芸能 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年12月5日閲覧。
  6. ^ 嵐 デビュー時会見の舞台裏を検証 名言「世界中に嵐を巻き起こす」は言ってなかった⁉”. 2020年5月28日閲覧。
  7. ^ 雑誌『H』(2009年4月号)[要ページ番号]
  8. ^ 『アラシゴト』(集英社、2005年7月26日発売、102頁)、『日経エンタテインメント!』(2009年11月号、30-33頁)
  9. ^ 『アラシゴト : まるごと嵐の5年半』集英社、2005年、24頁。
  10. ^ 嵐トーク HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP、2004年02月23日放送
  11. ^ ARASHI > Profile”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2015年2月16日閲覧。
  12. ^ 99年「A・RA・SHI」でデビュー/嵐のあゆみ”. 日刊スポーツ (2019年1月27日). 2020年8月12日閲覧。
  13. ^ 嵐 ジャニーズ初の韓国単独公演”. スポニチ (2006年9月1日). 2016年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月4日閲覧。
  14. ^ 福田内閣メールマガジン(第38号 2008/07/03)”. 内閣官房内閣広報室 (2008年7月3日). 2016年3月6日閲覧。
  15. ^ ジャニーズ初!嵐 秋には中国本土公演”. スポニチ (2008年6月16日). 2016年8月4日閲覧。
  16. ^ 嵐ベストが発売13日目でミリオン達成、デビュー以来初”. オリコン (2009年9月2日). 2016年3月8日閲覧。
  17. ^ 嵐のDVD、発売2週目で史上初の50万枚突破”. オリコン (2009年11月11日). 2016年3月7日閲覧。
  18. ^ 嵐、史上初の“CD、DVD4 冠”達成〜シングルTOP3独占は光GENJI以来21年ぶり”. オリコン (2009年12月18日). 2016年3月7日閲覧。
  19. ^ 観光立国ナビゲーター「嵐」の皆さんによる図書(「ニッポンの嵐」)の全国の小・中・高等学校等への寄贈への協力について”. 観光庁 (2010年9月10日). 2015年11月13日閲覧。
  20. ^ 嵐がミュージックDVD総売上枚数273万枚で歴代1位、モー娘。の記録抜く”. オリコン (2010年4月14日). 2016年8月4日閲覧。
  21. ^ 嵐、“歌手”と“俳優”でDVD初週売上2冠”. オリコン (2010年6月9日). 2016年8月4日閲覧。
  22. ^ 日航、テレビCM再開…リストラの中で議論も Archived 2010年7月28日, at the Wayback Machine. YOMIURI ONLINE
  23. ^ 特別塗装機「JAL 嵐JET」が就航!”. JAL (2010年9月4日). 2016年3月6日閲覧。
  24. ^ 嵐ジェット5日から発進! - デイリースポーツオンラインArchived 2010年9月5日, at the Wayback Machine.
  25. ^ 第7回・2万人が選んだ“好きなアーティスト”、嵐が初の1位”. オリコン (2010年9月9日). 2017年12月26日閲覧。
  26. ^ 「嵐、初ミリオン!JAL『ミリオンジェット』お披露目」”. スポーツ報知 (2010年10月13日). 2010年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月18日閲覧。
  27. ^ 【年間ランキング】嵐、シングルTOP10に6作! 2010年7冠達成”. オリコン (2010年12月20日). 2016年3月7日閲覧。
  28. ^ 紅白司会に松下奈緒と嵐 Archived 2010年11月3日, at the Wayback Machine. 産経新聞 2010年11月3日閲覧
  29. ^ ゴールドディスク大賞 6冠達成の嵐がV2 洋楽はガガ”. オリコン (2011年1月5日). 2018年12月11日閲覧。
  30. ^ 嵐起用のau新CM、3件のギネス世界記録を樹立”. オリコン (2011年1月31日). 2020年8月12日閲覧。
  31. ^ 嵐、ミュージックDVD史上最高の初週売上61.8万枚”. オリコン (2011年2月2日). 2016年8月4日閲覧。
  32. ^ 嵐、史上初の音楽DVD総売上400万枚突破”. オリコン (2011年2月9日). 2017年1月16日閲覧。
  33. ^ 「嵐のワクワク学校が大盛況」『デイリースポーツ』2011年6月27日。
  34. ^ 第8回『2万人が選ぶ好きなアーティスト』嵐が2連覇 ~AKB48、Perfumeが急上昇”. オリコン (2011年11月4日). 2017年12月26日閲覧。
  35. ^ 「5年連続 嵐、今年mも国立ライブ!!」『サンケイスポーツ』2012年7月21日。
  36. ^ 『2万人が選ぶ好きなアーティスト』嵐が史上初の3連覇 ~実力派ベテラン勢の躍進にも注目”. オリコン (2012年11月1日). 2017年12月26日閲覧。
  37. ^ 嵐&ゆずが登場 Nコン関連番組2週連続放送決定”. オリコン (2013年5月15日). 2015年11月13日閲覧。
  38. ^ 嵐24時間TV初2年連続パーソナリティ. 日刊スポーツ
  39. ^ 嵐、最後の国立ライブ7年後の"再会"誓う. オリコン
  40. ^ 第10回『2万人が選ぶ“好きなアーティストランキング”』嵐が史上初の4連覇”. オリコン (2013年10月25日). 2017年12月26日閲覧。
  41. ^ a b c 【オリコン年間】嵐、原動力は飽くなき探究心 男性最多3度目の総売上1位 - オリコン (2013年12月15日). 2013年12月17日閲覧。
  42. ^ NHK紅白歌合戦 司会は綾瀬はるかと「嵐」. スポニチ
  43. ^ 嵐4年連続紅白司会は徹子に並ぶ最多タイ”. 日刊スポーツ (2013年10月19日). 2014年9月14日閲覧。
  44. ^ THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 第28回 日本ゴールドディスク大賞 アルバム・オブ・ザ・イヤー
  45. ^ 【オリコン】嵐、39作目の首位 シングル総売上2000万枚突破”. オリコン (2014年5月6日). 2016年3月8日閲覧。
  46. ^ 嵐 18公演84万5000人動員!最大のドームツアーを敢行”. スポニチ (2014年6月30日). 2015年11月13日閲覧。
  47. ^ 嵐「生誕の地」ハワイで9月15周年公演”. 日刊スポーツ (2014年5月8日). 2015年10月28日閲覧。
  48. ^ 嵐、ハワイ2DAYSライブを全国の映画館で”. ナタリー (2014年9月1日). 2015年11月13日閲覧。
  49. ^ 音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティスト”. オリコン (2014年10月24日). 2017年12月26日閲覧。
  50. ^ 【オリコン年間】嵐、総売上138億円で10冠 4度目年間1位で明菜に並ぶ”. オリコン (2014年12月20日). 2017年1月16日閲覧。
  51. ^ “嵐、紅白最多連続司会に歓喜 初の大トリは「想像できない」”. ORICON STYLE. (2014年10月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2043162/full/ 2015年2月21日閲覧。 
  52. ^ 嵐「うれしい」 4年ぶりゴールドディスク大賞 シングルはAKBが史上初のV5”. オリコン (2015年3月2日). 2018年12月11日閲覧。
  53. ^ 【オリコン】嵐、史上初の歌手&俳優で同時3冠”. オリコン (2015年3月3日). 2017年1月16日閲覧。
  54. ^ 【オリコン】嵐、相葉主演月9主題歌1位 CD総売上3000万枚突破”. オリコン (2015年5月19日). 2016年3月8日閲覧。
  55. ^ 宮城県知事記者会見(平成27年5月11日)”. 宮城県庁 (2015年5月12日). 2015年11月27日閲覧。
  56. ^ 音楽ファン2万人が選ぶ 好きなアーティストランキング 2015”. オリコン (2015年10月22日). 2017年12月26日閲覧。
  57. ^ 嵐、単独コンサート総動員数1000万人突破 来春9年ぶりアリーナツアー決定”. オリコン (2015年12月28日). 2016年1月22日閲覧。
  58. ^ 【オリコン年間】嵐、総売上143億円で史上初11冠 明菜超え5度目のATS1位”. オリコン (2015年12月23日). 2016年3月7日閲覧。
  59. ^ 【オリコン】嵐『Japonism』がミリオン達成 男性歌手3年7ヶ月ぶり快挙”. オリコン (2016年1月12日). 2016年1月13日閲覧。
  60. ^ 『日本GD大賞』嵐が4度目邦楽部門、ビートルズが5度目洋楽部門 W最多受賞を達成”. オリコン (2016年2月27日). 2017年1月16日閲覧。
  61. ^ 「嵐のワクワク学校2016」最終公演レポート”. エンタメOVO (2016年6月27日). 2016年6月29日閲覧。
  62. ^ “第13回 音楽ファン2万人が選ぶ“好きなアーティストランキング”2016”. オリコン. (2016年11月14日). http://www.oricon.co.jp/special/2016/favorite-artist-ranking/ 2017年5月6日閲覧。 
  63. ^ 【オリコン年間】受賞アーティスト/作品一覧”. オリコン (2016年12月24日). 2017年1月16日閲覧。
  64. ^ 紅白歌合戦:嵐 初の大トリでスペシャルメドレー 白組司会・相葉は感涙”. MANTANWEB (2016年12月31日). 2019年4月12日閲覧。
  65. ^ 嵐、3年連続5度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」 - 史上初の記録”. マイナビニュース (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  66. ^ 【オリコン年間】音楽ランキング受賞アーティスト/作品一覧”. オリコン (2017年12月23日). 2017年12月26日閲覧。
  67. ^ 【紅白リハ】嵐・松本潤、紅白メドレーを予告「180人の激しいステージに」”. walkerpuls. 2018年3月1日閲覧。
  68. ^ 二宮和也、紅白司会に絶賛の嵐! テンポの良さ&安定感に「司会うますぎ」”. マイナビニュース. 2020年8月12日閲覧。
  69. ^ 相葉雅紀:念願の「熱闘甲子園」に出演へ 高校野球スペシャルナビゲーターに”. MANTANWEB (2018年4月2日). 2018年12月10日閲覧。
  70. ^ 高校野球100回大会、ABC応援ソングは嵐「夏疾風」”. 朝日新聞デジタル (2018年4月27日). 2018年12月10日閲覧。
  71. ^ 嵐、20周年ツアー終わる 大野さん涙「ホッとしてる」”. 朝日新聞デジタル (2019年12月26日). 2020年1月9日閲覧。
  72. ^ 弊社所属アーティスト「嵐」に関するご報告 -ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny's net」2019年1月27日
  73. ^ “嵐、活動休止発表 メンバーが心境を吐露した75分会見の全貌”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2019年1月28日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190128-OHT1T50039.html 2019年1月28日閲覧。 
  74. ^ 嵐、活動休止理由を説明「また5人で再開できれば」「絆は過去最大に太くなってる」”. 音楽ナタリー (2019年1月27日). 2019年1月29日閲覧。
  75. ^ “嵐ベスト盤が発売3日でミリオン突破 令和第1号に”. オリコン. (2019年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2138811/full/ 2019年7月1日閲覧。 
  76. ^ “嵐、グループ初の展覧会に自信 二宮和也「毎日きます!」”. オリコン. (2019年7月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2138962/full/ 2019年7月1日閲覧。 
  77. ^ “嵐20周年ベスト、200万枚突破 令和初&ジャニーズ事務所作品初のダブルミリオンアルバム”. オリコン. (2019年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2144088/full/ 2019年9月10日閲覧。 
  78. ^ 嵐がYouTubeチャンネル開設、一部楽曲サブスク解禁”. ナタリー (2019年10月9日). 2019年10月10日閲覧。
  79. ^ a b 嵐がYouTube&サブスクで楽曲解禁するメリットは? 5曲の選曲などから考察” (2019年10月10日). 2019年10月10日閲覧。
  80. ^ “「嵐」YouTubeチャンネル 開始わずか1日で登録者数100万人突破!”. オリコン. (2019年10月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/10/kiji/20191010s00041000403000c.html 2019年10月13日閲覧。 
  81. ^ 嵐、公式SNS一斉開設 デビュー20周年記念日に初投稿「僕らについてきてね!!!!!」”. オリコン (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  82. ^ 嵐20周年 SNS一斉解禁 全シングル配信&初のデジタルシングルリリースも”. オリコン (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  83. ^ 嵐、デビュー20周年記念日にYouTube Live配信「“何か”が起きる」”. ナタリー (2019年11月1日). 2019年11月3日閲覧。
  84. ^ 嵐 初のYoutube生配信で会見 今後の活動を大発表 SNS公式アカウントを開設 音楽配信も解禁”. スポニチ (2019年11月3日). 2019年11月3日閲覧。
  85. ^ 嵐が3部構成の奉祝曲を披露 皇后雅子さま涙ぬぐう”. 日刊スポーツ (2019年11月9日). 2019年11月9日閲覧。
  86. ^ “嵐、吹き抜けた アジア4都市 39時間で1万3000キロ 解禁SNSで熱狂拡散”. デイリースポーツ. (2019年11月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/11/12/0012869677.shtml 2019年12月13日閲覧。 
  87. ^ 嵐&ドリカム国立競技場OPイベントで6万人沸かす、サプライズでゆずも登場”. ナタリー (2019年12月22日). 2019年12月22日閲覧。
  88. ^ 【オリコン年間】嵐、18年ぶり200億円超えで年間売上1位 ベスト盤は13年ぶりWミリオン突破”. オリコン (2019年12月23日). 2019年12月23日閲覧。
  89. ^ 嵐、ドキュメンタリーがNetflixで配信決定&第1話は12/31午後5時に配信”. Billboard JAPAN (2019年12月13日). 2020年1月9日閲覧。
  90. ^ 嵐、『ONE PIECE』コラボは5人がもっと愛おしくなる「A-RA-SHI : Reborn」MVの見どころは?” (2020年1月4日). 2020年1月9日閲覧。
  91. ^ 嵐、旧譜オリジナルアルバム全16作品256曲のデジタル配信開始”. オリコン (2020年2月7日). 2020年8月3日閲覧。
  92. ^ 嵐「日本GD大賞」史上初6度目の受賞”. オリコン (2020年2月27日). 2020年2月28日閲覧。
  93. ^ 嵐 世界一! 日本のアーティスト初 ベスト盤が「19年最も売れたアルバム」認定”. デイリー (2020年3月20日). 2020年3月22日閲覧。
  94. ^ “嵐 アラフェス2020延期、動画でメッセージ 新型コロナ感染拡大予防も呼び掛け”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/14/kiji/20200414s00041000256000c.html 2020年4月15日閲覧。 
  95. ^ 嵐、2012年開催の「アラフェス」ライブ映像を公開 再生回数500万回超えの反響”. イザ! (2020年4月20日). 2020年8月3日閲覧。
  96. ^ 嵐の紙芝居動画が話題 「汗かくほど笑った」「真摯に演技してる」”. イザ! (2020年5月26日). 2020年8月3日閲覧。
  97. ^ 嵐、有料映像配信「Johnny's net オンライン」第1弾として「嵐のワクワク学校 オンライン」配信”. TOWER RECORDS ONLINE (2020年4月30日). 2020年8月3日閲覧。
  98. ^ ジャニーズ15組参加の期間限定ユニットTwenty★Twenty結成、楽曲提供は櫻井和寿”. 音楽ナタリー. 2020年5月15日閲覧。
  99. ^ 嵐、英語のメッセージに反響も デジタル国際映画祭「We Are One:A Global Film Festival」で3曲披露”. モデルプレス (2020年6月4日). 2020年8月3日閲覧。
  100. ^ 嵐が中国SNSの賞をダブル受賞!ファン祝福「さすが世界の嵐」”. エキサイト (2020年6月26日). 2020年6月28日閲覧。
  101. ^ Biggest-selling album worldwide (current year)”. Guinness World Records. 2020年8月12日閲覧。
  102. ^ 嵐、ギネス認定 19年に最も売れたアルバム…ベスト盤330万枚”. スポーツ報知 (2020年8月12日). 2020年8月12日閲覧。
  103. ^ デイリーシングルランキング2020年8月29日付”. ORICON NEWS. 2020年8月30日閲覧。
  104. ^ 嵐、最新シングル「カイト」で自身初のシングルミリオン達成【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2020年9月1日). 2020年9月1日閲覧。
  105. ^ 嵐と賛同企業13社、夢を持つことを応援するプロジェクトがスタート”. BARKS (2020年9月14日). 2020年9月15日閲覧。
  106. ^ 嵐の歌声であなたの願いを「夢応援」企画スタート”. 日刊スポーツ (2020年9月14日). 2020年9月18日閲覧。
  107. ^ 嵐、週間シングル通算31作目の首位獲得に向け好スタート”. オリコン. 2018年4月15日閲覧。
  108. ^ 嵐 最新2作で「初動」と「累積」売上今年最高のシングル2冠”. ORICON NEWS (2008年8月26日). 2017年4月29日閲覧。
  109. ^ オリコンに“嵐”シングル1、2位独占”. 日刊スポーツ (2008年12月12日). 2017年4月29日閲覧。
  110. ^ 嵐、史上初の“CD、DVD4 冠”達成〜シングルTOP3独占は光GENJI以来21年ぶり”. ORICON NEWS (2009年12月18日). 2017年4月29日閲覧。
  111. ^ 嵐、男性歌手最速11年でシングル通算30作目首位 史上3組目の快挙”. ORICON NEWS (2010年11月16日). 2017年4月29日閲覧。
  112. ^ 【オリコン】嵐、自己最高初動75.6万枚で首位 男性歌手7年ぶり70万枚突破”. ORICON NEWS (2013年3月12日). 2017年4月29日閲覧。
  113. ^ レコ協 3月ゴールド等認定作品発表”. Musicman-NET (2013年4月10日). 2017年4月29日閲覧。
  114. ^ 【オリコン】嵐、39作目の首位 シングル総売上2000万枚突破”. ORICON NEWS (2014年5月6日). 2017年4月29日閲覧。
  115. ^ 【オリコン】嵐、相葉主演月9主題歌1位 CD総売上3000万枚突破”. ORICON NEWS (2015年5月19日). 2017年4月29日閲覧。
  116. ^ レコ協、5月ゴールドディスク認定作品発表”. musicman-net. 2016年6月11日閲覧。
  117. ^ 【オリコン】嵐が歴代最多記録樹立 シングル通算50作目1位”. ORICON NEWS (2018年2月27日). 2018年2月27日閲覧。
  118. ^ 嵐がついにSMAP超え!結成20周年を目前に快挙達成” (2018年10月28日). 2018年10月29日閲覧。
  119. ^ 嵐、2週連続1位&歴代最多7作同時TOP10入り デジタルSGランキングを席巻【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2019年11月12日). 2019年12月20日閲覧。
  120. ^ デビュー20周年の嵐、1日のみの集計で初の週間デジタルシングルが1位 【オリコンランキング】”. ORICON NEWS (2019年11月5日). 2019年12月20日閲覧。
  121. ^ 嵐、最新シングルが自己最高初週売上で初登場1位に 歴代1位の「通算1位獲得数」を54作に自己更新【オリコンランキング】”. ORICON NEWS. 2020年8月10日閲覧。
  122. ^ 嵐、最新シングル「カイト」で自身初のシングルミリオン達成【オリコンランキング】”. 2020年9月1日閲覧。
  123. ^ 5×10 All the BEST! 1999-2009”. J-Storm. ジェイ・ストーム. 2019年5月14日閲覧。
  124. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2012年10月13日閲覧。
  125. ^ 年間ランキング特集『2007年 オリコン年間ランキング大発表!』年間総合DVDランキング”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  126. ^ 年間ランキング特集『2008年 オリコン年間ランキング大発表!』年間総合DVDランキング”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  127. ^ 嵐、史上初の“CD、DVD4 冠”達成~シングルTOP3独占は光GENJI以来21年ぶり”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  128. ^ 【年間ランキング】嵐、音楽DVD史上最高売上で2年連続3冠”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  129. ^ a b 【オリコン年間】嵐、音楽DVD史上初の年間売上100億円突破 上位独占&全5冠”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  130. ^ 【オリコン年間】嵐、ライブDVD2冠 史上初の4年連続1位”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  131. ^ 嵐のライブDVDが特別であるワケ 一流スタッフの手で「芸術作品」の域に”. Real sound. 2018年4月14日閲覧。
  132. ^ 【オリコン年間】嵐、総売上141億円で6冠 男性初の3度目1位”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  133. ^ a b 【オリコン】嵐、史上初のDVD主要5部門制覇”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  134. ^ 【オリコン年間】嵐、史上初の3年連続DVD総合1位”. オリコン. 2018年4月14日閲覧。
  135. ^ a b 【オリコン年間】嵐ライブDVDが1・2位独占 音楽BD最多売上も記録”. oricon. 2018年4月14日閲覧。
  136. ^ 【オリコン】嵐、ハワイ公演DVD&BDが首位 初週で音楽BD歴代1位に - オリコン(2015年4月22日) 2015年4月22日閲覧。
  137. ^ 【オリコン】嵐、音楽BD歴代1位の週間28万枚 4作連続記録更新 - オリコン(2015年8月5日) 同日閲覧。
  138. ^ 【オリコン】嵐、宮城ライブDVD&BD同時首位 - オリコン(2016年1月7日) 2016年3月21日閲覧。
  139. ^ 【オリコン】嵐、前人未到の10年連続DVD総合首位 BDは今年度最高初動27.8万枚 - ORICON STYLE(2016年8月31日) 同日閲覧。
  140. ^ 【オリコン年間】映像ランキング受賞作品一覧”. オリコン ME. 2018年4月14日閲覧。
  141. ^ 嵐、最新ライブDVD/BD同時首位 BD初週売上は歴代1位記録更新”. オリコン ME. 2018年6月24日閲覧。
  142. ^ 【嵐、20周年記念ビデオ・クリップ集が1位 初週で今年度最高売上【オリコンランキング】”. オリコン ME. 2019年10月24日閲覧。
  143. ^ 2019年12月23日(月)「ARASHI SPECIAL SHOOTING "5×20" at Tokyo Dome 2019.12.23」開催決定”. 2019年9月9日閲覧。
  144. ^ 嵐、20周年ツアー終わる 大野さん涙「ホッとしてる」”. 朝日新聞 (2019年12月26日). 2019年12月26日閲覧。
  145. ^ 嵐、20周年ツアー完走に大野が感涙 活動休止発表は「命がけだった」”. オリコンニュース (2019年12月26日). 2019年12月26日閲覧。
  146. ^ 2019年12月23日(月)「ARASHI SPECIAL SHOOTING "5×20" at Tokyo Dome 2019.12.23」開催決定”. 2019年9月9日閲覧。
  147. ^ 2020年5月15日(金)「ARASHI アラフェス 2020 at NATIONAL STADIUM」開催決定”. 2020年3月16日閲覧。
  148. ^ Nコン2013 番組情報”. 日本放送協会. 2013年10月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  149. ^ Nコン2013 番組情報”. 日本放送協会. 2013年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  150. ^ 「嵐」を起用したiOS/Android「パズル&ドラゴンズ」のTVCM「Future Gaming」篇が8月10日よりオンエア開始―5つの駅でデジタルサイネージも展開”. Gamer. 2015年8月9日閲覧。
  151. ^ 嵐、年賀はがきの“顔”に決定 “年男”大野のおかげ?”. ORICON STYLE (2015年10月29日). 2015年10月29日閲覧。
  152. ^ 嵐、新CMで指揮に挑戦! 松本潤、監督から「ジェントルマン」と絶賛”. マイナビニュース (2020年8月5日). 2020年8月10日閲覧。
  153. ^ 〔AIRBUS A350〕20th ARASHI THANKS JET就航記念キャンペーン - JAL国内線”. 2019年12月8日閲覧。
  154. ^ 嵐・松本潤、20年後の自分を想像「歌って踊っていますかね」”. モデルプレス (2019年11月25日). 2019年12月8日閲覧。
  155. ^ 第33回日本ゴールドディスク大賞 | ベスト・ミュージック・ビデオ” (日本語). 日本ゴールドディスク大賞. 2020年3月15日閲覧。
  156. ^ アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽部門)|第34回日本ゴールドディスク大賞” (日本語). 日本ゴールドディスク大賞. 2020年3月15日閲覧。
  157. ^ アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽部門)|第34回日本ゴールドディスク大賞” (日本語). 日本ゴールドディスク大賞. 2020年3月15日閲覧。
  158. ^ ベスト・ミュージック・ビデオ(邦楽部門)|第34回日本ゴールドディスク大賞” (日本語). 日本ゴールドディスク大賞. 2020年3月15日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「嵐_(グループ)」の関連用語

嵐_(グループ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嵐_(グループ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嵐 (グループ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS