天城越え_(松本清張)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 天城越え_(松本清張)の意味・解説 

天城越え (松本清張)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/15 22:09 UTC 版)

天城越え』(あまぎごえ)は、松本清張の短編小説。1959年11月『サンデー毎日』特別号に、「天城こえ」のタイトルで掲載され(掲載時の挿絵は御正伸)、1959年12月に、単行本『黒い画集2』収録の1作として[1]光文社から刊行された。




  1. ^ 黒い画集』は元々『週刊朝日』連載のシリーズであるが、本作は初単行本化の時点でこのシリーズに編入され、以降『松本清張全集 第4巻』(1971年8月、文藝春秋)や新潮文庫版(1971年11月)でも、『黒い画集』の1作とされている。
  2. ^ 著者による「私の推理小説作法」(『松本清張自選傑作短篇集』(1976年、讀賣新聞社)に収録)参照。
  3. ^ 「私の推理小説作法」参照。
  4. ^ 『伊豆の踊子』の主人公は「朴歯の高下駄」を履いた「高等学校の学生」であるのに対し、本作の主人公は「裸足」の「十六歳の鍛冶屋の倅」、また『伊豆の踊子』の主人公は峠の茶屋で50銭銀貨を1枚茶代として置くが、本作の主人公の「全財産」が16銭であることなど。なお、本作は主人公が下田から修善寺へ向かう設定となっているが、『伊豆の踊子』は修善寺から天城を越えて下田へ向かう設定となっている。
  5. ^ 藤井淑禎『清張 闘う作家 「文学」を超えて』(2007年、ミネルヴァ書房)、権田萬治『松本清張 時代の闇を見つめた作家』(2009年、文藝春秋)など。
  6. ^ 『週刊 松本清張』第6号(2009年、デアゴスティーニ・ジャパン)20頁参照。
  7. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)27頁参照。
  8. ^ 三村晴彦『「天城越え」と加藤泰』(2004年、北冬書房)参照。
  9. ^ 『週刊 松本清張』第6号 21頁参照。
  10. ^ 三村『「天城越え」と加藤泰』に加えて、 『松本清張傑作映画ベスト10 第3巻 天城越え』(2009年、小学館)、『週刊 松本清張』第6号 21頁を併せて参照。
  11. ^ 三村『「天城越え」と加藤泰』参照。
  12. ^ 林『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』28頁参照。
  13. ^ 土曜ドラマ 松本清張シリーズ 天城越え - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス


「天城越え (松本清張)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天城越え_(松本清張)」の関連用語

天城越え_(松本清張)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天城越え_(松本清張)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天城越え (松本清張) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS