霧の会議とは?

霧の会議

作者松本清張

収載図書松本清張全集 61 霧の会議
出版社文芸春秋
刊行年月1995.10


霧の会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/28 04:22 UTC 版)

霧の会議』(きりのかいぎ)は、松本清張の長編小説。『読売新聞』に連載され(1984年9月11日号 - 1986年9月20日号)、1987年7月に文藝春秋から刊行された。




  1. ^ 政治学者の馬場康雄は、「カルヴィの変死にマフィアのメンバーが直接関与したことはほぼ間違いない」と述べている。馬場「『霧の会議』の背景」(『松本清張研究 第9号』(2008年、北九州市立松本清張記念館)に収録)参照。
  2. ^ 徳岡孝夫による『松本清張全集 第61巻』(1995年、文藝春秋)巻末解説を参照。もっとも、徳岡も断わっているが、「道徳再武装運動」はプロテスタント系の運動であるのに対して、本作の「精神武装世界会議」はカトリック教徒主体の設定。
  3. ^ 徳岡による『松本清張全集 第61巻』巻末解説を参照。
  4. ^ スイス国内の同名の地区(=Ortsteil)の記事がドイツ語版ウィキペディアにあるが、本作の舞台とは異なる。


「霧の会議」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霧の会議」の関連用語

霧の会議のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霧の会議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧の会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS