砂の器とは?

砂の器

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:松竹
スタッフ
監督:野村芳太郎 ノムラヨシタロウ
製作:橋本忍 ハシモトシノブ

佐藤正之 イトウマサユキ

三嶋与四治 
原作:松本清張 マツモトセイチョウ
脚本:橋本忍 ハシモトシノブ

山田洋次 ヤマダヨウジ
企画:川鍋兼男 
撮影:川又昂 カワマタタカシ
音楽:芥川也寸志 アクタガワヤスシ
作曲:菅野光亮 カンノミツアキ
美術:森田郷平 モリタキョウヘイ
編集:太田和夫 オオタカズオ
録音:山本忠彦 ヤマモトタダヒコ
スチール:金田正 カネダタダシ
助監督:熊谷勲 クマガイイサオ
照明:小林松太郎 コバヤシショウタロウ
制作補:杉崎重美 
キャスト(役名
丹波哲郎 タンバテツロウ (今西栄太郎
森田健作 モリタケンサク (吉村正
加藤剛 カトウゴウ (和賀英良)
加藤嘉 カトウヨシ (本浦千代吉)
春田和秀 ハルタカズヒデ (本浦秀夫)
島田楊子(陽子) シマダヨウコ (高木理恵子)
佐分利信 サブリシン (田所重喜
山口果林 ヤマグチカリン (田所佐知子
緒形拳 オガタケン (三木謙一)
松山省二 マツヤマセイジ (三木彰吉)
内藤武敏 ナイトウタケトシ (捜査一課長
稲葉義男 イナバヨシオ (捜査一課係長
穂積隆信 ホヅミタカノブ (新聞記者松崎
夏純子 ナツジュンコ (女給・明子)
松本克平 マツモトカッペイ (三森署々長)
花澤徳衛 ハナザワトクエ花沢徳衛 (安本
笠智衆 リュウチシュウ (桐原小十郎
春川ますみ ハルカワマスミ (女中澄江
渥美清 アツミキヨシ (ひかり座・支配人
菅井きん スガイキン (山下お妙)
殿山泰司 トノヤマタイジ (のみ屋主人
野村昭子 ノムラアキコ (若葉荘の小母さん
浜村純 ハマムラジュン (巡査
解説
迷官入りと思われた殺人事件捜査する二人刑事執念と、暗い過去背負為に殺人犯してしまう天才音楽家宿命を描くサスペンス映画原作松本清張同名小説脚本は「日本沈没」の橋本忍と「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」の山田洋次監督は「東京ド真ン中」の野村芳太郎撮影同作川又昂それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
六月二十四日早朝国鉄蒲田操車場構内扼殺死体発見された。被害者年齢五十六十歳だが、その身許が分らず、捜査難航をきわめた。警視庁今西栄太郎刑事と、西蒲田署の吉村正刑事らの必死聞き込みによって、前夜蒲田駅前のバー被害者と酒を飲んでいた若い男重要参考人として浮かび上った。そしてバーホステスたちの証言で、二人の間に強い東北なまりで交わされていた“カメダ”という言葉注目された。カメダ人の姓の連想から東北各県より六十四名の亀田姓が洗い出されたが、その該当者はなかった。しかし、今西は「秋田県亀田」という土地名を洗い吉村とともに亀田に飛ぶが、手がかり発見できなかった。その帰途二人列車の中で音楽家和賀英良に逢った。和賀公演旅行帰りらしく、優れた才能を秘めたその風貌印象的だった。八月四日西蒲田署の捜査本部解散以後警視庁継続捜査に移った。その夜中央線塩山付近夜行列車から一人の女が白い紙吹雪窓外散らしていた。その女高木理恵子を「紙吹雪の女」と題し旅の紀行文として紹介した新聞記事が、迷宮入りで苛だっていた吉村触角にふれた。窓外散らしていたのは、紙なのか? 布切れではなかったか? 早速吉村は、銀座クラブ理恵子を訪ね、その事を尋ねるが、彼女は席をはずしたまま現われなかった。だが、その店に和賀英良が客として現われた。和賀英良。和賀音楽界で最も期待されている現代音楽家で、現在「宿命」という大交響楽の創作取り組んでいる。そしてマスコミでは、前大蔵大臣令嬢田所佐知子との結婚が噂されている。八月九日被害者息子警視庁に現われた。だが被害者三木謙一の住所は、捜査陣の予測とはまるで方角違い岡山県江見町で、被害者知人にも付近土地にもカメダ存在しない。しかしそれも今西執念事態を変えた。彼は調査により島根県出雲地方に、東北弁との類似見られ、その地方に「亀嵩」(カメダケ)なる地名発見したのだ。なまった出雲弁ではこれが「カメダ」に聞こえる。そして三木謙一はかつて、そこで二十年間、巡査生活をしていたのだ。今西勇躍亀嵩へ飛んだ。そして三木親友だった桐原老人記憶から何かを聞きだそうとした。一方吉村山梨県塩山付近線路添い猟犬のように這い廻って、ついに“紙吹雪”を発見した。それは紙切れではなく布切れで、被害者と同じ血液反応があった。その頃、とある粗末アパート理恵子と愛人和賀がいた。妊娠した彼女は子供を生ませて欲しいと哀願するが、和賀は冷たく拒否するのだった和賀は今、佐知子との結婚によって、上流社会一歩踏み出す貴重な時期だったのだ。一方今西被害者犯人と会う前の足跡調査しているうちに、妙に心にひっかかる事があった。それは三木伊勢映画館二日続けて行っており、その直後帰宅予定変更して急に東京へ出かけているのだ。そして、その映画館を訪ねた今西は重大なヒントを得た。本庁に戻った今西に、亀嵩桐原老人から三木在職中出来事詳細に綴った報告書が届いていた。その中で特に目を引いたのは、三木あわれな乞食父子世話し、親を病院に入れた後、引き取った子をわが子のように養育していた、という事だった。その乞食本浦千代吉の本籍地石川県江沼郡大畑村へ、そして一転和賀英良の本籍地大阪市浪速区恵比寿町へ、今西駆けめぐる。今や彼の頭には、石川県片田舎を追われ、流浪の旅の末、山陰亀嵩三木巡査育てられ、昭和十九年に失踪した本浦秀夫と、大阪恵比寿町和賀自転車店の小僧で、戦災死した店主夫婦戸籍を、戦後混乱期に創り直し和賀英良を名乗り成人した、天才音楽家プロフィルが、鮮やかにダブル・イメージとして焼きついていた。理恵子が路上で流産し、手当てが遅れて死亡した。そして、和賀尾行していた吉村理恵子のアパートつきとめ、彼女こそ“紙吹雪の女”であることを確認した。今や事件ネガとポジは完全に重なり合った。伊勢参拝を終えた三木謙一は、同地映画館にあった写真思いがけず発見した本浦秀夫=和賀英良に逢うべく上京したが、和賀にとって三木は、自分の生いたちと、父との関係を知っている忌わしい人物だったのである和賀英良に逮捕状請求された。彼の全人生を叩きつけた大交響曲「宿命」が、日本音楽界の注目中に巨大ホール満員にしての発表の、丁度その日だった。

砂の器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/19 07:20 UTC 版)

砂の器』(すなのうつわ)は、松本清張の長編推理小説1960年5月17日から1961年4月20日にかけて『読売新聞』夕刊に連載され(全337回。連載時の挿絵は朝倉摂)、同年7月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。




注釈

  1. ^ 小説第六章の桑原文部技官のモデルを、当時同研究所に勤務していた言語学者の柴田武に比定する推測もあるが、本作の速記を担当していた福岡隆によれば、本作内の方言論の記述は柴田に取材したものではないとされている[11]。その後、本作内の方言論の記述の由来について、研究者による資料考察が行われている。小西いずみ「松本清張『砂の器』における「方言」と「方言学」」(『都大論究』第42号掲載)では、小説第六章に記述されている「中国地方の方言のことを書いた本」『出雲国奥地における方言の研究』などに関して、著者が実在の研究文献の記述を再構成し記述していることを論証している。
  2. ^ なお、第十三章では、山中温泉まで北陸鉄道山中線を利用する描写があるが、同線はすでに廃止され、状況が変化している。
  3. ^ 都筑道夫は『サタデイナイト・ムービー』(奇想天外社集英社文庫)で「B級映画はB級映画らしく、推理映画は推理映画らしくなければならない。推理小説を原作にしてもお涙頂戴の映画をつくっていたりすると、腹が立ってくるのである」というような批判もある。
  4. ^ 原作では架空の人物となっていた和賀夫妻が実在していて、その夫妻の店で奉公していたなど。
  5. ^ 日中戦争(劇中では「支那事変」と表現されていた)で軍に徴用され、戦場での負傷と恐怖体験により精神を病んで除隊したという設定。

出典

  1. ^ 第十三章1節を参照。
  2. ^ 「捜査本部は所轄の品川署の一室が当てられていた」(第一章4節)、「吉村は、事件の起こった地元の所轄署の刑事である」(第二章4節)をそれぞれ参照。
  3. ^ 『週刊 松本清張』第2号、デアゴスティーニ・ジャパン、2009年、 26-27頁。
  4. ^ デアゴ 2009, pp. 20-21
  5. ^ デアゴ 2009, pp. 11, 20-21
  6. ^ デアゴ 2009, p. 19
  7. ^ a b 「山村亀二郎「“砂の器”のころの清張さん」」『松本清張全集』第5巻 砂の器、文藝春秋、1971年。全国書誌番号:75011919同文によれば、超音波の設定は東京工業大学で取材したもの。
  8. ^ 小沼純一 「第六章「併行する時代」」『武満徹 その音楽地図』 PHP研究所PHP新書〉、2005年。ISBN 4-569-64213-6
  9. ^ デアゴ 2009, p. 7
  10. ^ デアゴ 2009, p. 11
  11. ^ 福岡隆 『人間・松本清張 専属速記者九年間の記録』 大光社、1968年、84頁。全国書誌番号:68008509
  12. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、198-199頁。ISBN 4-87376-595-1
  13. ^ a b c 白井佳夫橋本忍「橋本忍が語る清張映画の魅力」、『松本清張研究』第5号、砂書房、1996年。
  14. ^ 荒井裕樹「文学にみる障害者像 松本清張著 『砂の器』とハンセン病」、『ノーマライゼーション 障害者の福祉』2004年9月号、日本障害者リハビリテーション協会、2018年10月25日閲覧。
  15. ^ 西本智実指揮 組曲《宿命》〜映画「砂の器」公開40周年記念”. タワーレコード (2014年6月30日). 2018年10月25日閲覧。
  16. ^ a b c 山田洋次川本三郎「清張映画の現場」、『松本清張研究』第13号、北九州市立松本清張記念館、2012年、 [要ページ番号]
  17. ^ a b c d 『砂の器 永久保存版』 小学館〈小学館DVD BOOK 松本清張傑作映画ベスト10 第1巻〉、2009年、[要ページ番号]ISBN 978-4-09-480401-0
  18. ^ 西村雄一郎「(追悼・橋本忍)傑作『砂の器』と怪作『幻の湖』」、『新潮45』2018年9月号、新潮社、 100-105頁。
  19. ^ 島村幸恵 (2012年10月22日). “「家政婦のミタ」がグランプリで5冠! 東京ドラマアウォード2012発表”. シネマトゥデイ. 2012年10月23日閲覧。
  20. ^ 通常の字幕の制作が間に合わなかったためドラマとしては異例のリアルタイム字幕放送で実施された。
  21. ^ “東山紀之で『砂の器』!清張作品“常連”「先生ならではの“人間”を表現したい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月24日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190224/joh19022405020001-n1.html 2019年2月24日閲覧。 
  22. ^ “土屋太鳳が「砂の器」で中島健人の“愛人”役、「一瞬一瞬を丁寧に」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年3月2日). https://natalie.mu/eiga/news/322210 2019年3月2日閲覧。 


「砂の器」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

映画作品 寄生木 YADORIGI  闇の口笛  砂の器  ラブラブラブ?  砂の香り
日本の映画作品 人のセックスを笑うな  ビッグ・ショー! ハワイに唄えば  砂の器  ザ・マジックアワー  美しい夏キリシマ
フジテレビのテレビドラマ いまどき銀座物語ぼんぼん  拐帯行  砂の器  麗わしき鬼  花のあすか組!
TBSのテレビドラマ 女はつらいよ  夜王  砂の器  平四郎危機一発  青春をぶっつけろ!
テレビ朝日のスペシャルドラマ ミヤコ蝶々ものがたり  恋人はスナイパー  砂の器  THE WINDS OF GOD  フキデモノと妹
TBS日曜9時枠の連続ドラマ カミさんなんかこわくない  ヨイショの男  砂の器  渚に死のうと書いたとき  理想の上司
日本の推理小説 五声のリチェルカーレ  ルパンの消息  砂の器  夜行列車殺人事件  溺れる人魚
松本清張の小説 草の陰刻  彩り河  砂の器  火の路  坂道の家
読売新聞の連載小説 花と竜  草の陰刻  砂の器  八日目の蝉  ある落日

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「砂の器」の関連用語

砂の器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



砂の器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの砂の器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS