少年時代とは? わかりやすく解説

少年時代


少年時代

作者倉田英之

収載図書R.O.D 第7巻
出版社集英社
刊行年月2002.12
シリーズ名集英社スーパーダッシュ文庫


少年時代

作者風木

収載図書黄昏の街
出版社新風舎
刊行年月2004.6


少年時代

作者小山正孝

収載図書稚兒ヶ淵小説集
出版社潮流
刊行年月2005.12


少年時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 16:15 UTC 版)

少年時代』(しょうねんじだい)は、藤子不二雄による日本漫画および、1990年に公開された映画


  1. ^ ロカルちゃvol5(アニメ漫画編)4ページ下部
  2. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1991年平成3年)2月下旬号、キネマ旬報社、1991年、 143頁。
  3. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、299頁。ISBN 4390116029


「少年時代」の続きの解説一覧

少年時代(0歳〜16歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:58 UTC 版)

1990年東京都武蔵野市生まれて間もなく岡山県岡山市転居以降16歳まで岡山市内で育つ。 音楽家系に生まれながらも、母自身の過去英才教育へのトラウマと、子供には好きなことをさせてあげたいという思いから村田幼少期英才教育を受けることなくスポーツ熱中していた。 小学校岡山市立平島小学校同級生女性タレント藤原史織(旧芸名ブルゾンちえみ))岡山市三勲小学校岡山市立中南小学校岡山市宇野小学校転校の多い小学生時代送りガキ大将から一転して11歳時には転校先のクラス馴染め不登校保健室登校となる。 2001年から父の勧め芸能スクールに通い始め子役として芸能活動開始アルゴミュージカル岡山公演でのコーラス出演市民ミュージカルで準主役演じたことで、本格的に俳優志す2003年劇団四季影響でミュージカル俳優志し、歌の才能気づいたから手ほどきを受ける。 岡山市立操山中学校進学後、男女複数人グループからいじめを受け不登校なりかけるも、母が出場勧めた山陽学生音楽コンクール(現:岡山学生音楽コンクール)の声楽部門で第一位受賞して以降周囲の生徒学年主任らが動きいじめは解消された。これらの一件もあってか、卒業文集中学生ながら「人生七転び八起き」と題した内容教師らを驚嘆させた。 2006年岡山県立岡山城東高等学校音楽推薦進学後、夏休み都内芸能事務所からスカウトされ高校中退し上京した

※この「少年時代(0歳〜16歳)」の解説は、「村田真生」の解説の一部です。» 「村田真生」の概要を見る


少年時代(0歳〜16歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:58 UTC 版)

1990年東京都武蔵野市生まれて間もなく岡山県岡山市転居以降16歳まで岡山市内で育つ。 音楽家系に生まれながらも、母自身の過去英才教育へのトラウマと、子供には好きなことをさせてあげたいという思いから村田幼少期英才教育を受けることなくスポーツ熱中していた。 小学校岡山市立平島小学校同級生女性タレント藤原史織(旧芸名ブルゾンちえみ))岡山市三勲小学校岡山市立中南小学校岡山市宇野小学校転校の多い小学生時代送りガキ大将から一転して11歳時には転校先のクラス馴染め不登校保健室登校となる。 2001年から父の勧め芸能スクールに通い始め子役として芸能活動開始アルゴミュージカル岡山公演でのコーラス出演市民ミュージカルで準主役演じたことで、本格的に俳優志す2003年劇団四季影響でミュージカル俳優志し、歌の才能気づいたから手ほどきを受ける。 岡山市立操山中学校進学後、男女複数人グループからいじめを受け不登校なりかけるも、母が出場勧めた山陽学生音楽コンクール(現:岡山学生音楽コンクール)の声楽部門で第一位受賞して以降周囲の生徒学年主任らが動きいじめは解消された。これらの一件もあってか、卒業文集中学生ながら「人生七転び八起き」と題した内容教師らを驚嘆させた。 2006年岡山県立岡山城東高等学校音楽推薦進学後、夏休み都内芸能事務所からスカウトされ高校中退し上京した

※この「少年時代(0歳〜16歳)」の解説は、「村田真生」の解説の一部です。» 「村田真生」の概要を見る


少年時代(クラシック・現代音楽時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 20:32 UTC 版)

幼少期両親離婚母子家庭育った三人姉弟末っ子として生まれ上に二人姉がいたが、下の姉は14歳難病のため亡くなっている。左利き4歳からピアノを始め6歳頃から作曲を始める。作曲家黛敏郎才能を見出され幼少よりクラシック音楽英才教育受けた黛敏郎師事当初はクラシック作曲家志望であり、十代前半作曲家として活動を始めいくつかのクラシック作品習作発表また、この頃より電子音楽前衛音楽傾倒する作曲家武満徹は、高校生だった芙苑晶会っているが、当時武満芙苑晶を「たぐい稀な悪魔的な天才・・・」と評したというエピソードがある。 高校在学中全て電子楽器のみによるアンサンブル・オーケストラ「エテロフォニック・オーケストラ(Etherophonic Orhcestra)」結成図形楽譜等を用いた前衛的コンサート活動をおこなう。恐らく日本(ないし東洋)初と推定される革命的なものであった。ほかに、ミュージック・コンクレートの手法を用いた実験的テープ音楽作品制作なども発表前衛的サイケデリック・ロック・バンド「淫心」等でも活動した日本の高校2年中退後、ヨーロッパに渡り1987年-1991年頃(推定)、ドイツ旧・西ドイツ)に滞在現地作曲家カールハインツ・シュトックハウゼン会い感化受けたマウリシオ・カーゲル作曲師事ケルン隠秘学研究専門学者師事し学ぶが、のちに訣別ミュンヘン大学美学芸術学等を学んだのち、ベルリン自由大学哲学を学ぶ(のちに中退)。 1988年初のソロ電子音楽プロジェクト幻覚植物研究所Psychedelic Plants Research Laboratory)(タイトルなし・『幻覚植物研究所』)自主制作盤200部のみカセット・リリース。 なお、音楽ジャンル的に見た場合、恐らくこの時期を境にクラシック/現代音楽範疇から、よりフリースタイルなノンジャンル・テクノ/電子音楽的な作風変化したものと見られている

※この「少年時代(クラシック・現代音楽時代)」の解説は、「芙苑晶」の解説の一部です。» 「芙苑晶」の概要を見る


少年時代(1854年 - 1868年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 16:01 UTC 版)

1854年7月3日モラヴィア北部のフクヴァルディ(ドイツ語版)というで、父イルジーと母アマリア10番目の子供(14人兄弟)として誕生した祖父と父はともに教師で、音楽家でもあった。 11歳のとき、ヤナーチェク音楽的素養見抜いていた父イルジー意向によってモラヴィア首都ブルノにあるアウグスティノ会修道院付属学校入学し同時に修道院少年聖歌隊となった聖歌隊指揮者であったパヴェル・クシーシュコフスキーヤナーチェクの父イルジーのもとで音楽教育受けた人物で、ベドルジハ・スメタナ同時期活動したチェコ音楽における重要人物とされるヤナーチェクは約4年または8年の間、クシーシュコフスキーの指導受けた1866年に父のイルジー死去し伯父ヤン後見を受けることになった。なお、ヤナーチェク後に生まれ故郷のフクヴァルディに足繁く通うようになり、1921年には家を購入している。

※この「少年時代(1854年 - 1868年)」の解説は、「レオシュ・ヤナーチェク」の解説の一部です。» 「レオシュ・ヤナーチェク」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「少年時代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

少年時代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



少年時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの少年時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの村田真生 (改訂履歴)、村田真生 (改訂履歴)、芙苑晶 (改訂履歴)、レオシュ・ヤナーチェク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS