日本アカデミー賞とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > イベント > > 日本の映画賞 > 日本アカデミー賞の意味・解説 

日本アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 03:05 UTC 版)

日本アカデミー賞(にっぽんアカデミーしょう、Japan Academy Film Prize)は、日本映画賞。主催は日本アカデミー賞協会で、米国の映画芸術科学アカデミーより正式な許諾を得て発足[1][2]1978年昭和53年)4月6日から毎年催されている。




注釈

  1. ^ 2007年新設。
  2. ^ オールナイトニッポン話題賞」(『オールナイトニッポン』のリスナーによる投票にて決まる)。
  3. ^ 製作現場の種々の職能に従事する者に対する賞。
  4. ^ 国民的栄誉に該当する表彰を受けたものへの賞。
  5. ^ 物故者に対する賞。
  6. ^ 永年にわたり活躍する者、あるいはその年顕著な興行成績を挙げ、企画性が優れた作品のチームに対する賞。
  7. ^ その年、独自の創造性と高い技術力により娯楽性と芸術性とを併せ持つ高品質の映画を製作した「製作プロダクション」を顕彰する賞。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 日本アカデミー賞の誕生 1978年”. 日本アカデミー賞の歴史. 日本アカデミー賞. 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c Reiko Uehara (2019年2月26日). “日本アカデミー賞は“本家”と何が違う!? 気になるトリビアをチェック…米国アカデミーから正式許諾を得ているのは、世界で日本と英国のみ”. シネマカフェ. 株式会社イード. 2019年2月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 映画用語 2012, p. 107.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 「映画界の動き 第一回日本アカデミー賞細目」『キネマ旬報』1978年3月下旬号、キネマ旬報社、 180-181頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j 「日本アカデミー賞、四月六日に授賞式第一回ノミネート、10部門の候補決る」『映画時報』1978年2月号、映画時報社、 18頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 「This Week サル真似と嗤われながらも『日本アカデミー賞』の発足」『週刊文春』1978年2月23号、文藝春秋、 24頁。
  7. ^ a b 「タウン アカデミー賞を独占『火宅の人』の不思議」『週刊新潮』1987年3月5日号、新潮社、 17頁。
  8. ^ a b 映画の賞 2009, p. 49.
  9. ^ a b c d e f “広告”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 16. (1978年4月6日) “番組案内 10部門の栄冠きまる1978日本アカデミー賞「映画界最高の栄誉を決定する初の祭典!」/広告”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 16. (1978年4月6日) “初の日本アカデミー賞 主演男優 高倉健 主演女優 岩下志麻”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 15. (1978年4月7日) 
  10. ^ a b c d e f 日本アカデミー賞概要”. 日本アカデミー賞の歴史. 日本アカデミー賞. 2019年10月12日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 「東映(株)専務取締役 高岩淡インタビュー 盛り上がった第15回日本アカデミー賞 京都初開催に全映画人が熱視線」『映画時報』1992年4月号、映画時報社、 4-15頁。
  12. ^ “入江雄三氏が死去 元電通専務”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年2月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H9S_U5A200C1CZ8000/ 2017年9月20日閲覧。 
  13. ^ a b 1978年4月6日「日本アカデミー賞授賞式が挙行された日」”. きょうは何の日. DON! (2010年4月6日). 2011年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月20日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k 「映画界東西南北談議 明るい話題の続く今年の映画界」『映画時報』1978年2月号、映画時報社、 35-36頁。
  15. ^ a b c d e f 脇田巧彦・川端晴男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル〔ワイド版〕 特別ゲスト岡田茂 映連会長、東映社長、そしてプロデューサーとして」『キネマ旬報』1987年3月上旬号、キネマ旬報社、 93-94頁。
  16. ^ a b “「日本映画界のドン」岡田茂氏逝く”. スポーツニッポン (毎日新聞グループホールディングス). (2011年5月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/10/kiji/K20110510000789400.html 2017年9月20日閲覧。 
  17. ^ 松崎輝夫「東宝(株)専務取締役 堀内實三インタビュー 年間配収連続100億突破"V11"当確 製作配給の95年回顧と96年の展望」『映画時報』1995年11月号、映画時報社、 15頁。
  18. ^ “ことば抄”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 2. (1993年12月9日) 
  19. ^ 「第38回「映画の日」中央大会ひらく 岡田茂東映会長に特別功労大章」『映画時報』1993年12月号、映画時報社、 16-17頁。
  20. ^ a b 桑田博之. “あの人に聞きたい 私が選んだ道 第61回 映画評論家、映画監督 水野晴郎さん”. 実業之日本. 実業之日本社. 2019年10月12日閲覧。
  21. ^ 長野辰次 (2009年2月24日). “水野晴郎の遺作『ギララの逆襲』岡山弁で語った最後の台詞は......”. 深読みCINEMA コラム【パンドラ映画館】Vol.03. 日刊サイゾー. 2017年9月20日閲覧。
  22. ^ a b c 「映画界の動き 映連の77年12月定例理事会」『キネマ旬報』1978年2月上旬号、キネマ旬報社、 196頁。
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 美浜勝久 (1981年1月14日). “日本アカデミー賞不毛のケンカ騒ぎ 黒沢監督と対立そのまま”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 5 
  24. ^ a b c 新堀翔「映画界の動き "さよなら"第23回京都市民映画祭」『キネマ旬報』1977年12月上旬号、キネマ旬報社、 181頁。
  25. ^ 今村三四夫編「映画界重要日誌」『映画年鑑 1979(映画産業団体連合会協賛)』1978年12月1日発行、時事映画通信社、 8頁。
  26. ^ a b c d e 「映画界の動き 日本映画芸術科学アカデミー設立へ」『キネマ旬報』1978年1月上旬号、キネマ旬報社、 212-213頁。
  27. ^ 「映画界の動き 短信」『キネマ旬報』1978年1月上旬号、キネマ旬報社、 190頁。
  28. ^ a b 今村三四夫編「映画界重要日誌」『映画年鑑 1979(映画産業団体連合会協賛)』1978年12月1日発行、時事映画通信社、 10頁。
  29. ^ a b c 「映画界の動き 日本アカデミー賞 のノミネート」『キネマ旬報』1978年4月上旬号、キネマ旬報社、 204頁。
  30. ^ a b c “コンクール百花繚乱の中に日本アカデミー賞が新登場”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1978年2月18日) 
  31. ^ a b 「topics 第一回日本アカデミー賞盛大に開く」『映画時報』1978年4月号、映画時報社、 16頁。
  32. ^ a b c d “第一回日本アカデミー賞決る 主演賞 健さん お志麻 山田監督トリプル受賞”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 15. (1975年1月10日) 
  33. ^ a b c d e “初の日本アカデミー"黄色いハンカチ勢"6部門 歌あり寸劇あり本場そっくり 財界人が大半 4万円パーティー”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社): p. 17. (1978年4月7日) 
  34. ^ a b c d e f g 「POST 内容乏しい第一回日本アカデミー賞 本場アカデミー賞のマネに精一杯」『週刊明星』1978年4月23号、集英社、 47頁。
  35. ^ 木崎徹郎「興行価値 日本アカデミー賞について」『キネマ旬報』1979年5月下旬号、キネマ旬報社、 168頁。
  36. ^ a b c d e f g h i j 脇田巧彦・川端晴男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 黒澤監督日本アカデミー賞辞退」『キネマ旬報』1981年3月上旬号、キネマ旬報社、 174-175頁。
  37. ^ a b c d 「映画界東西南北談議 表面は静かだった映画界」『映画時報』1978年12月号、映画時報社、 36頁。
  38. ^ a b c d 高岩淡『銀幕おもいで話』双葉社、2013年、174-177頁。ISBN 4-5757-14-01-1
  39. ^ a b c d e f g h 古田求「映画『影武者』『乱』などの脚本家― 井出雅人の遺したノート ~映画とシナリオに関する未公開手記~」『シナリオ』2012年6月号、日本シナリオ作家協会、 100-101頁。
  40. ^ 「日本アカデミー賞、3月下旬に実施 作品賞など10部門、発表会場は帝劇有力」『映画時報』1977年12月号、映画時報社、 26頁。
  41. ^ a b 白井佳夫「〔エンタテインメント〕 『駅馬車 ジョン・フォードが僕のおやじならコッポラ、ルーカスは息子だよ』 黒沢明の語るアメリカ映画最新事情」『週刊朝日』1978年9月1日号、朝日新聞社、 42–43頁。
  42. ^ 日本アカデミー賞、歴代最優秀作品から5本選んで振り返ってみた
  43. ^ a b c d e f g h i j k 「情報バザール 賛否両論あるが、どうにか三年もった日本アカデミー賞」『週刊読売』1980年4月6号、読売新聞社、 134頁。
  44. ^ 竹入栄二郎「やぶにらみ 今年もまた日本アカデミーはTV観戦」『キネマ旬報』1983年4月上旬号、キネマ旬報社、 177頁。
  45. ^ a b c d e f “第二回日本アカデミー賞要項 組織委員一部改定して発足す”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1979年2月10日) 
  46. ^ 「第二回日本アカデミー賞、実施要項決る」『映画時報』1979年2月号、映画時報社、 30–31。
  47. ^ a b “昨年不評 日本アカデミー賞 組織を作り直して再出発”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 5. (1979年2月9日) 
  48. ^ a b 「This Week 受賞者でさえ批判した日本アカデミー賞のナンセンス」『週刊文春』1979年4月19号、文藝春秋、 21頁。
  49. ^ a b c d e f g h i j k 植草信和「1980(第3回)日本アカデミー賞授賞式レポート」『キネマ旬報』1980年5月下旬号、キネマ旬報社、 134-135頁。
  50. ^ a b c d “ヘンリー坊や会見熱気あり 日本アカデミ祭り笑い少し”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1980年4月5日) 
  51. ^ a b c 「〔ワイドコラム・ルック・るっく 人と事件〕 桃井かおり 『日本アカデミー賞』授賞式に流れた噂」『週刊現代』1980年4月17日号、講談社、 57頁。
  52. ^ a b 「〔ワイドコラム・ルック・るっく 芸能〕 『彼女の隣はイヤ』桃井かおりがライバルから総スカン」『週刊現代』1983年2月26日号、講談社、 49頁。
  53. ^ a b c “週間点描 表彰と批判の両面 採り方もさまざま”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1983年2月26日) 
  54. ^ a b c d e f g h i j 今村三四夫 (1981年1月17日). “週間点描 映画選奨について一つの出来事惹起”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  55. ^ a b c “〈耳〉 5周年の日本アカデミー賞 今回から賞金も”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 9. (1982年1月27日) 
  56. ^ a b c d e f g h i “芸能事件史 1980年 黒澤明日本アカデミー賞を一喝 『はらわたが煮えくり返る思い』 "天皇"の批判で賞は形無しに”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社): p. 23. (2010年8月17日) 
  57. ^ a b c 山城新伍『若山富三郎・勝新太郎 無頼控 おこりんぼ さびしんぼ』幻冬舎、1993年、181-185頁。ISBN 4877282424
  58. ^ a b 田山力哉『辛口シネマ批判 これだけは言う』講談社、1993年、98-99頁。ISBN 406206619X
  59. ^ 野村正昭「ざ・インタビュー(30) 山城新伍」『キネマ旬報』1983年12月下旬号、キネマ旬報社、 123頁。
  60. ^ a b c 「疑惑?の第7回日本アカデミー賞」『シナリオ』1984年5月号、日本シナリオ作家協会、 79頁。
  61. ^ 「1991年(第14回)日本アカデミー・優秀賞及び新人俳優賞決る」『映画時報』1991年2月号、映画時報社、 20頁。
  62. ^ a b c d 日本アカデミー賞とは?”. 日本アカデミー賞. 2015年1月18日閲覧。
  63. ^ a b 山本晋也『カントク記 焼とりと映画と寿司屋の二階の青春』双葉社、2016年、131頁。ISBN 9784575311273
  64. ^ “日本アカデミー賞協会会長 北野監督の“持ち回り”発言に反論”. スポーツニッポン. (2015年1月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/15/kiji/K20150115009629980.html 2015年1月15日閲覧。 
  65. ^ 日本アカデミー賞協会会長、北野武の批判「誤解されている」”. ORICON STYLE (2015年1月14日). 2015年1月15日閲覧。
  66. ^ a b 第38回 日本アカデミー賞授賞式チケットぴあ、2015年1月16日閲覧。
  67. ^ 第31回開催時より名称変更
  68. ^ 中尾さかいさん(元東宝ヘアデザイナー)死去 読売新聞 1997年9月2日 朝刊31ページ
  69. ^ a b “「ALWAYS 三丁目の夕日」が12冠”. 朝日新聞社. (2006年3月4日) 
  70. ^ 『アカデミー授賞式で首相、「JALは沈んじゃったが…」』 - 産経新聞 2010年3月5日
  71. ^ 『渡辺謙栄冠!鳩山首相が祝福「あなたこそ沈まぬ太陽」…日本アカデミー賞授賞式』 - スポーツ報知 2010年3月6日
  72. ^ 『渡辺謙、涙の戴冠「一番ほしかった」』 - デイリースポーツ 2010年3月6日
  73. ^ 日本アカデミー賞、『八日目の蝉』が10冠! 主演女優賞・井上真央「逃げなくてよかった」”. オリコンスタイル (2012年3月2日). 2015年11月10日閲覧。
  74. ^ a b 『舟を編む』に日本アカデミー賞! 松田龍平が主演男優賞、真木よう子は女優2冠の快挙”. シネマカフェ (2014年3月7日). 2015年11月10日閲覧。
  75. ^ a b 【日本アカデミー賞】『永遠の0』が席巻 最優秀作品賞など8冠獲得”. オリコンスタイル (2015年2月27日). 2015年11月10日閲覧。
  76. ^ 「永遠の0」が8冠 日本アカデミー賞”. 日本経済新聞 (2015年2月27日). 2015年11月10日閲覧。
  77. ^ 「三度目の殺人」が最多6冠!第41回日本アカデミー賞授賞式”. 映画ナタリー (2018年3月2日). 2018年3月5日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本アカデミー賞」の関連用語

日本アカデミー賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本アカデミー賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本アカデミー賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS