和久井映見とは?

和久井 映見

和久井映見の画像 和久井映見の画像
芸名和久井 映見
芸名フリガナわくい えみ
性別女性
生年月日1970/12/8
干支戌年
血液型A
出身神奈川県
身長158 cm
URLhttp://www.alpha-agency.com/artist/wakui.html
靴のサイズ24 cm
プロフィール`91年息子』(山田洋次監督)、『就職戦線異状なし』(金子修介監督)で、日本アカデミー賞新人賞、最優秀助演女優賞、日刊スポーツ映画賞助演女優賞、キネマ旬報助演女優賞など他多数受賞本格的に映画デビュー。`93年虹の橋』で23歳の若さ日本アカデミー賞最優秀主演女優賞の栄誉輝いた。翌`94年夏子の酒』(CX)で初の連続ドラマ主演を果たし、以後妹よ』(`94年 CX)『ピュア』(`96年 CX)『バージンロード』(`97年 CX)『二十六夜参り』(`98年 TBS 終戦記念特番)『殴る女』(`98年 CX)と主演をつとめ、その楚々とした中に強さ秘め清潔感あふれるキャラクター多く支持を得、若手演技派女優として括弧たる地位を築いた。その後ドラマ主演作に`02年『抱きしめたい』(NHK 芸術祭優秀賞受賞作)、また`04年『9.11NYテロ 真実物語』(CX)、`05年『華岡青洲の妻』(NHK 金曜時代劇)などで、第13橋田賞・42ギャラクシー賞テレビ部門個人賞を受賞した。他主演作に、`06年『ヘレンときよしの物語』(NTV)『君が光をくれた』(TBS)がある。近年では、NHK連続テレビ小説ちりとてちん』(`07年~`08年)で、国際ドラマフィステバル2008助演女優賞を受賞し、『不毛地帯』(`09年~`10年 CX)『必殺仕事人シリーズ(`07年、`09年、`10年 ANB)などの話題作に出演シリアスな作品からコメディまで存在感溢れ表現力で常に人々魅了続けている。`11年、『四十九日のレシピ』(NHK)主演、`12年ロボジー』(監督/矢口史靖)、『必殺仕事人2012』(EX)、『もう一度君に、プロポーズ』(TBS)、`14年木曽オリオン』(NHK)主演、`15年デート恋とはどんなものかしら~』(CX)、`16年お義父さんと呼ばせて』(CX)、`16年横山秀夫サスペンス』(TBS)、『希望ヶ丘の人びと』(WOWOW)、『必殺仕事人2016』(EX)、`17年THE LAST COP/ラスト コップ』(NTV)、NHK連続テレビ小説ひよっこ』、『ユニバーサル広告社~あなたの人生売り込みます!~』(TX)、`18年必殺仕事人』(EX)、TBS系全国ネットそれでも恋する
代表作品1年2018
代表作品1TBSそれでも恋する
代表作品2年2017
代表作品2NHKひよっこ
代表作品3年2017
代表作品3テレビ東京ユニバーサル広告社
職種タレント俳優女優

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
神奈川県出身のタレント  白井貴子  はな  余貴美子  和久井映見  中井信之  末永遥

和久井映見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/09 00:03 UTC 版)

和久井 映見(わくい えみ、1970年12月8日 - )は、日本女優、元歌手。本名:和久井 良子[1]神奈川県横浜市出身[1]。はじめ藤賀事務所[2]、のちにアルファーエージェンシーに所属[3]




注釈

  1. ^ 1990年2月5日放送分で「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」を「話題曲」として歌唱。
  2. ^ 1991年8月11日放送分で「アキラが可哀想」を歌唱。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 和久井映見”. KINENOTE. 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ TVスター名鑑』(東京ニュース通信社)の1992年版(1992年10月15日発行)から2002年版(2001年12月1日発行)までの「和久井映見」の項。
  3. ^ 『TVスター名鑑』(東京ニュース通信社)の2003年版(2002年12月1日発行)以降の「和久井映見」の項。
  4. ^ “和久井映見、デビューのきっかけは東京ディズニーランド「乗り物に乗りたくて並んでいた”. SANSPO.COM. (2017年5月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170519/geo17051916460027-n1.html 2017年5月21日閲覧。 
  5. ^ 「ジャックス、横浜銀蝿そしてWINK、トップ・ディレクターの略歴 水橋 春夫氏」(『ディレクターの仕事がおもしろい レコード業界/第一線ディレクター15人に聞く。』ビクター音楽産業、1990年1月20日)p.10。
  6. ^ “和久井映見「夏子の酒」が縁、日本酒女子会を「ぜひ経験してみたい」”. Sponichi Annex. (2015年9月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/14/kiji/K20150914011131410.html 2017年5月21日閲覧。 
  7. ^ a b 和久井映見が女優デビュー25年目にして舞台初挑戦 三谷幸喜作・演出×渡辺謙主演『ホロヴィッツとの対話』のキャストが発表に”. シアターガイド (2012年10月18日). 2018年10月17日閲覧。
  8. ^ 主演女優賞 受賞インタビュー 和久井映見|第3回”. ザテレビジョン. KADOKAWA (1994年). 2018年12月10日閲覧。
  9. ^ 主演女優賞 受賞インタビュー 和久井映見|第8回”. ザテレビジョン. KADOKAWA (1994年). 2018年12月10日閲覧。
  10. ^ ““最も質の高いドラマ”に『ひよっこ』〜第9回「コンフィデンス」ドラマ賞で最多3部門受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2099708/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  11. ^ “【2017年間ドラマ賞】「助演女優賞」に“ひよっこ”和久井映見「毎日緊張しながら、本当に幸せな日々でした」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2106374/full/ 2018年2月26日閲覧。 
  12. ^ “和久井映見、獣医学部の大学院生役”. SANSPO.COM. (2003年3月25日). オリジナルの2003年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031211125656/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200303/gt2003032516.html 2017年3月22日閲覧。 
  13. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  14. ^ 東山紀之&松岡昌宏、最後の『必殺』野際陽子さんの女優魂に感服”. マイナビニュース (2017年12月21日). 2018年1月25日閲覧。
  15. ^ 連続テレビ小説「ひよっこ」出演者発表!〈東京編〉”. NHK (2017年1月30日). 2017年1月30日閲覧。
  16. ^ “和久井映見:おばちゃんキャラ全開に「申し訳ない」”. MANTANWEB. (2014年1月6日). https://mantan-web.jp/2014/01/06/20140106dog00m200026000c.html 2017年4月27日閲覧。 
  17. ^ 和久井映見、脚本家・北川悦吏子と初タッグ「なんだか不思議」”. ORICON STYLE (2014年9月8日). 2015年9月23日閲覧。
  18. ^ “杏主演月9、国仲涼子・Hey! Say! JUMP中島裕翔ら新キャスト発表”. modelpress. (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451344 2014年12月5日閲覧。 
  19. ^ “唐沢ドラマ「ラストコップ」、妻役に和久井映見!娘役に佐々木希”. SANSPO.COM. (2015年4月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150422/geo15042205030019-n1.html 2017年3月22日閲覧。 
  20. ^ TBSドラマ『天皇の料理番』第十話 人物相関図
  21. ^ TBSドラマ『天皇の料理番』第十一話 人物相関図
  22. ^ “和久井映見 渡部篤郎と12年ぶり共演!夫婦役に「頑張らねば」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年12月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/12/16/kiji/K20151216011695830.html 2015年12月16日閲覧。 
  23. ^ TBSテレビ:月曜名作劇場 横山秀夫サスペンス 陰の季節
  24. ^ TBSテレビ:月曜名作劇場 横山秀夫サスペンス 刑事の勲章
  25. ^ 和久井映見、西田尚美、木村多江を前に志尊淳「大人の魅力を感じてほしい」”. テレビドガッチ (2018年9月26日). 2018年10月17日閲覧。
  26. ^ “遠藤憲一、20年ぶり月9レギュラー出演 窪田正孝主演「ラジエーションハウス」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/06/kiji/20190305s00041000162000c.html 2019年3月6日閲覧。 
  27. ^ “反町隆史と和久井映見が22年ぶり共演、ドラマ『リーガル・ハート』で夫婦役”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年6月3日). https://www.cinra.net/news/20190603-legalheart 2019年6月3日閲覧。 
  28. ^ 岡田惠和×峯田和伸「いちごの唄」映画キャストに清原果耶、蒔田彩珠、岸井ゆきのなど”. ほんのひきだし (2019年3月7日). 2019年3月7日閲覧。
  29. ^ 和久井映見、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』ヒロイン母親役で声優初挑戦”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2018年7月16日). 2018年10月17日閲覧。


「和久井映見」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和久井映見」の関連用語

和久井映見のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



和久井映見のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和久井映見 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS