ディーン・フジオカとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ディーン・フジオカの意味・解説 

ディーン・フジオカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 04:02 UTC 版)

ディーン・フジオカ英語: Dean Fujioka中国語: 藤岡靛、本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)、1980年8月19日 - )は、モデル俳優シンガーソングライター映画監督福島県須賀川市生まれ。所属芸能事務所アミューズ。所属レコード会社およびレーベルA-Sketch。公式ファンクラブは「FamBam」。




注釈

  1. ^ プロローグとエピローグに出演
  2. ^ 第38回愛媛広告賞「テレビ広告(15秒)部門」最優秀賞受賞
  3. ^ このMVは2つの短編映画「睡公主」と「睡王子」から編集された
  4. ^ 『DEAN FUJIOKA Special Live InterCycle 2016』ライブ会場にて販売
  5. ^ ライブ会場限定販売のためカウント外
  6. ^ CDは通常盤。また、Goodsは“Plan B”オリジナルハット
  7. ^ 「A!SMART」にて数量限定販売
  8. ^ オリコンデジタルチャート発足前のため集計なし
  9. ^ 中国の無料音楽配信サービス「网易云音乐」での配信日
  10. ^ 中国での配信は2020年9月15日
  11. ^ a b 「DEAN FUJIOKA & 福克斯」として発表
  12. ^ CH Ver.とJP Ver.の全2曲
  13. ^ オンラインショップ限定販売のためカウント外
  14. ^ 『2019年初春、New Albamリリース』''History In The Making''「Cycleから約3年ぶりのリリース」
  15. ^ 撮影:堤裕介
  16. ^ シングル『Take Over』ブックレットより
  17. ^ 編集アシスタント:Masaki Sato、プロデューサー:Koki Takei
  18. ^ カラリスト:Seiya Uehara、オンラインエディター:Naoto Kiyota (629 Inc.)、ミキシングエンジニア:Satoshi Fukuda、MA:Satomi Agematsu (629 Inc.)、プロデューサー:Koki Takei, Keita Watanabe (isai Inc.)、プロダクション:project K, isai Inc.
  19. ^ サタステ:2017年4月22日 - 2019年9月28日
    サンステ:2017年4月23日 - 2019年9月29日
  20. ^ サタステ:2019年10月5日 -2020年9月26日
    サンステ:2019年10月6日 -2020年9月27日
  21. ^ インドネシア公演のタイトルは、DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019 "Born To Make History" <Prelude To Tomorrow> in Jakarta
  22. ^ 正式なタイトル名が決まる前に中止が発表された
  23. ^ 网易云音乐は中国に住む人向けのライブ配信サービス
  24. ^ DJとして参加

出典

  1. ^ a b ディーン・フジオカじ~ん、故郷福島で初公演大盛況”. 日刊スポーツ (2017年7月17日). 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 【第10回】ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの歴史”. JUNON (2015年6月1日). 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ 2016年1月29日TBS『金スマ』の企画「スター街道」の解説映像で「1997年(17歲)妹が勝手に応募して出場」と書いた。
  4. ^ ディーン・フジオカ知られざる原点、あだ名は“フジタツ””. 女性自身 (2016年2月13日). 2021年2月21日閲覧。
  5. ^ ASIAN CROSSING:インタビュー ディーン藤岡”. ASIAN CROSSING (2007年5月30日). 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ 香港亜洲電影節、東京国際映画祭、台湾の南方影展、ロッテルダム国際映画祭、フライブルグ国際映画祭。
  7. ^ 映画『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED』サイン入りギター、チャリティーオークション出品決定!”. CINEMATOPICS (2013年6月13日). 2013年6月13日閲覧。
  8. ^ 市橋被告の逃亡劇描く映画が公開 監督&主演のフジオカ”. 映画.com (2013年11月9日). 2016年8月19日閲覧。
  9. ^ Dean Fujioka Takes a Killer Approach to a Global Career”. Tokyo Weekender (2015年4月26日). 2016年1月21日閲覧。
  10. ^ 監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤 (1/2)”. 日刊ゲンダイ (2013年11月7日). 2013年11月7日閲覧。
  11. ^ a b 人生をサバイブする旅人の方法論 DEAN FUJIOKAインタビュー (2/3)”. CINRA.NET (2013年11月6日). 2013年11月6日閲覧。
  12. ^ a b ディーン・フジオカ“逆輸入”で日本ドラマに初出演”. スポニチアネックス (2015年5月22日). 2015年6月3日閲覧。
  13. ^ a b 台湾で活躍中のディーン・フジオカ、初連ドラで北川景子サポート”. SANSPO.COM (2015年5月22日). 2015年6月3日閲覧。
  14. ^ a b “逆輸入俳優”ディーン・フジオカ、朝ドラデビュー「光栄」”. スポーツ報知 (2015年6月3日). 2015年6月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月3日閲覧。
  15. ^ a b 第88回ドラマアカデミー賞・ザテレビジョン特別賞”. Smartザテレビジョン (--). 2016年10月8日閲覧。
  16. ^ a b “五代様”ディーン・フジオカ 五代友厚の生きざまに「日本人として誇り」”. ニュースウォーカー (2016年5月12日). 2016年10月8日閲覧。
  17. ^ a b 深田恭子&ディーン・フジオカ 人気漫画『ダメ恋』ドラマ化で初共演”. ORICON STYLE (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  18. ^ a b 『ダメ恋』ハッピーエンドも、「ダメ恋ロス」「主任ロス」「最上ロス」続出”. クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2020年9月11日閲覧。
  19. ^ ディーン 36歳誕生日にファンクラブ結成ライブ”. スポニチアネックス (2016年6月10日). 2016年6月10日閲覧。
  20. ^ a b 織田裕二、ディーンフジオカと初共演 9年ぶりTBS連ドラで“天才貴族””. ORICON STYLE (2016年8月26日). 2016年8月26日閲覧。
  21. ^ a b 久保ミツロウの熱烈オファー実る!DEAN FUJIOKA、スケートアニメにOP曲提供”. 音楽ナタリー (2016年9月22日). 2016年9月25日閲覧。
  22. ^ “アニメ・ファン、五輪に登場の「ユーリ!!!」曲に興奮と涙” (英語). BBCニュース. (2018年2月10日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43007538 2018年12月23日閲覧。 
  23. ^ Google's Year in Search”. Google Trends (2016年12月14日). 2018年12月22日閲覧。
  24. ^ a b “ディーン・フジオカがニュース情報番組に初挑戦!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年2月7日). http://news.walkerplus.com/article/100027/ 2017年2月7日閲覧。 
  25. ^ 日刊スポーツ 2017年1月12日
  26. ^ a b 「鋼の錬金術師」実写映画化!山田涼介らキャスト解禁、6月よりイタリアで撮影”. 映画ナタリー (2016年5月24日). 2016年5月24日閲覧。
  27. ^ a b “「女子大生」武井咲&「脅迫屋」ディーン・フジオカが日テレ連ドラでダブル主演”. スポーツ報知. (2017年8月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170806-OHT1T50310.html 2017年8月7日閲覧。 
  28. ^ Inc, Natasha. “DEAN FUJIOKA、来年2月に6会場巡る初全国ツアー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年1月15日閲覧。
  29. ^ 【ライブレポート】DEAN FUJIOKA初全国ツアー、“育ててくれた”大阪で大団円”. 音楽ナタリー (2018年2月26日). 2018年12月30日閲覧。
  30. ^ a b “ディーン・フジオカ、連ドラ初単独主演で華麗なる復讐鬼に ターゲットは大倉忠義”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2105568/full/ 2018年3月6日閲覧。 
  31. ^ a b “【18年4月期ドラマ賞】好青年から復讐鬼へ… ディーン・フジオカ「モンクリ」の好演で主演男優賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2116372/full/ 2018年7月27日閲覧。 
  32. ^ DEANFUJIOKA 新曲MVでヴァンパイア役 最上もがを蘇らせ操る”. ORICON NEWS (2018年5月29日). 2018年12月30日閲覧。
  33. ^ a b 「MTV VMAJ 2018」の受賞作品発表!出演者第一弾も公開! | MTV Japan”. 2018年12月24日閲覧。
  34. ^ a b “ディーン・フジオカ×深田晃司「海を駆ける」2018年公開、舞台はインドネシア”. 映画ナタリー. (2017年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/245862 2017年9月2日閲覧。 
  35. ^ a b “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  36. ^ DEANFUJIOKA、新作ジャケ写&収録内容公開 全MV/ライブ映像収録盤も”. ORICON NEWS (2018年11月28日). 2018年12月31日閲覧。
  37. ^ ☆Taku Takahashi presents インターギャラクティック – “History In The Making” Party- Produced by WONDER&CLOCKS//ワンクロ – EVENT”. WOMB. 2019年2月21日閲覧。
  38. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『カメラを止めるな!』『万引き家族』など5作品”. ORICON NEWS (2019年1月15日). 2019年3月1日閲覧。
  39. ^ DEANFUJIOKA、来年2月から初のアジアツアー “原点”香港&台湾含む10公演”. ORICON NEWS (2018年9月19日). 2018年12月31日閲覧。
  40. ^ 色気すごい!ディーン・フジオカ『記憶にございません!』首相秘書官が話題”. シネマトゥデイ. 2019年9月29日閲覧。
  41. ^ a b KREVA主催<908 FESTIVAL 2019>第三弾にBONNIE PINK、DEAN FUJIOKA”. BARKS. 2019年9月27日閲覧。
  42. ^ a b “ディーン探偵「ホームズ」 三代目岩田が相棒「ワトソン」で月9 東京舞台にリメーク”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年7月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/24/kiji/20190723s00041000465000c.html 2021年2月9日閲覧。 
  43. ^ a b DEAN FUJIOKA、初主演月9主題歌も担当「ラブバラードで書き下ろしました」”. ORICON NEWS (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  44. ^ a b c DEANFUJIOKA、月9『シャーロック』OPテーマを11・4配信リリース”. ORICON NEWS. 2019年11月11日閲覧。
  45. ^ a b 松下奈緒×ディーン・フジオカ、語らずに愛を語る!北条司氏が実写映画初監督”. SANSPO.COM (2019年6月20日). 2019年6月21日閲覧。
  46. ^ ディーン&松下奈緒が初デュエット 音楽家の恋人同士演じた映画「エンジェルサイン」主題歌”. www.sponichi.co.jp. Sponichi Annex. 2020年1月2日閲覧。
  47. ^ ザテレビジョン. “ディーン・フジオカ、タピオカブームに苦言も出店意欲「ディーン・タピオカみたいな…」 (1/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン”. ザテレビジョン. 2019年12月19日閲覧。
  48. ^ Inc, Natasha. “DEAN FUJIOKA監修「ディーンタピオカ」誕生”. 音楽ナタリー. 2019年12月19日閲覧。
  49. ^ a b ディーン・フジオカ、司会初挑戦「光栄な立場」 中国語披露に拍手起こる”. マイナビニュース (2019年11月28日). 2019年12月19日閲覧。
  50. ^ DEAN FUJIOKA、EP「Shelly」トレーラーで中国で話題の楽曲を日本初解禁 | Musicman”. 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2020年1月2日閲覧。
  51. ^ 「World Robot Summit 2020」のアンバサダーにディーン・フジオカ(DEAN FUJIOKA)さんが就任 | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン”. ロボスタ. 2020年2月29日閲覧。
  52. ^ DEANFUJIOKA、スタジオライブ生配信&全国ツアー発表「秋には笑顔で会おう!」”. ORICON NEWS. 2020年3月9日閲覧。
  53. ^ a b c DEANFUJIOKA、8・19誕生日に“一新”「NeoDimension」配信 YouTube生番組も”. ORICON NEWS. 2020年8月5日閲覧。
  54. ^ a b DEAN FUJIOKA、映画『I AM ICHIHASHI 逮捕されるまで』主題歌で音楽デビュー”. BARKS. 2020年8月6日閲覧。
  55. ^ a b c DEAN FUJIOKA、新曲「Go The Distance」を配信リリース!DEANがアニメキャラとなって登場するPVも公開”. 音楽WEBメディア M-ON! MUSIC(エムオンミュージック). 2020年10月31日閲覧。
  56. ^ a b “妻夫木聡主演『危険なビーナス』にディーン・フジオカ、染谷将太、中村アン出演決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2171580/full/ 2020年9月10日閲覧。 
  57. ^ DEAN FUJIOKA、初のストリーミングライブ<Plan B>開催決定”. BARKS. 2020年12月4日閲覧。
  58. ^ a b DEAN FUJIOKA、自身の配信ライブ前にリリースする"Follow Me"、"Plan B"への導きか? - ニュース”. Rooftop. 2020年12月18日閲覧。
  59. ^ a b “ディーン・フジオカ、大河ドラマ初出演 『青天を衝け』で“五代様”が再来「時を超えた不思議な縁」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年2月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2184062/full/ 2021年2月9日閲覧。 
  60. ^ a b DEAN FUJIOKA、シングル「Take Over」3/10リリース決定 | Musicman”. 音楽業界総合情報サイト | Musicman. 2021年1月16日閲覧。
  61. ^ a b DEAN FUJIOKA、新シングル「Take Over」より収録曲「Plan B」の先行配信が決定、YouTubeオフィシャルオーディオで期間限定試聴も | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2021年2月4日閲覧。
  62. ^ a b ディーン・フジオカ、初の絵本が発売決定 支援プロジェクトもスタート”. ORICON NEWS. 2021年2月14日閲覧。
  63. ^ a b 福島出身ディーン・フジオカ、“フラガール”アニメ映画で声優初挑戦 山田裕貴も参加”. ORICON NEWS (2021年1月28日). 2021年1月28日閲覧。
  64. ^ a b 福島のフラガール描くアニメ映画「フラ・フラダンス」公開時期を延期”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年3月31日). 2021年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
  65. ^ a b DEANFUJIOKA、初写真集で“究極の肉体美” 故郷福島で心も体もさらけ出す”. ORICON NEWS. 2021年5月10日閲覧。
  66. ^ a b ディーン・フジオカ『ダメ恋』以来5年ぶりラブストーリードラマ出演 今回はドM?「愛されるキャラクターに」”. ORICON NEWS. 2021年6月4日閲覧。
  67. ^ a b ディーン・フジオカ「シャーロック」が映画化…月9ドラマの岩田剛典と再タッグ”. スポーツ報知 (2021年3月17日). 2021年3月17日閲覧。
  68. ^ a b 北京語」も中国語の方言で、現代標準中国語(普通話・国際漢語国語・対外華語)ではない。
  69. ^ 福島生まれ ディーン・フジオカ 全米デビュー 5言語操る“謎の日本人””. スポニチアネックス (2014年11月10日). 2016年10月7日閲覧。
  70. ^ ディーン・フジオカさん(俳優・ミュージシャン)「海外で得た経験や価値観は、日本を豊かにする原動力になる」”. JUNGLE CITY.COM (2015年12月). 2016年10月3日閲覧。
  71. ^ ショーンKの学歴詐称疑惑がなぜかディーン・フジオカに飛び火!?”. ASAGEI plus (2016年3月16日). 2016年10月20日閲覧。
  72. ^ ディーン 学歴詐称追及にタジタジも「卒業証書ある」”. スポニチアネックス (2016年4月4日). 2016年10月20日閲覧。
  73. ^ ディーン 米留学経歴を追及され…”. デイリースポーツ (2016年4月4日). 2016年10月20日閲覧。
  74. ^ ディーン・フジオカがブレイクした真の理由 実は女性より「男がホレる男」だった”. 東洋経済オンライン (2016年3月13日). 2016年11月5日閲覧。
  75. ^ ““ボクシング好き”ディーン・フジオカ、パッキャオの復帰戦はKO勝ちを予想”. ORICON NEWS. (2016年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2080727/full/ 2020年11月28日閲覧。 
  76. ^ ディーン様、グルテンのアレルギーを告白「小麦とか、食べられない」”. デイリースポーツ (2017年10月10日). 2018年5月26日閲覧。
  77. ^ a b c d 週刊文春 2015年12月3日号 p.133
  78. ^ DEAN FUJIOKAが語る、3年間の歩みと変化「自分の音楽の未来を作っていきたい」”. Real Sound (2019年1月30日). 2019年1月30日閲覧。
  79. ^ ディーン・フジオカ、今年の目標に「定住」…仮宿暮らしは「しんどい」”. スポニチアネックス (2016年1月4日). 2018年12月19日閲覧。
  80. ^ 黒柳徹子によるヒューマンビートボックス”が「面白すぎる」「世界一自由」と話題 ディーン・フジオカと衝撃セッション”. モデルプレス (2017年4月12日). 2018年12月19日閲覧。
  81. ^ DEAN FUJIOKA、吉田美和の高評価に感謝「信じられない気持ちでした」”. オリコンニュース (2018年6月20日). 2019年6月23日閲覧。
  82. ^ ディーン・フジオカの転機は香港 米定住考えるも「アジアの時代」ディーン・フジオカ インタビュー(上)” (2016年2月23日). 2016年3月2日閲覧。
  83. ^ NHK朝ドラに出演 ディーン・フジオカは国際派俳優”. NIKKEI STYLE (2015年10月16日). 2016年10月7日閲覧。
  84. ^ 週刊新潮 2016年1月21日号 p.40 - 41 より
  85. ^ Cityかまがや”. Cityかまがや98号インタビュー 藤岡麻美さん. 2014年8月3日閲覧。
  86. ^ 朝ドラ出演ディーン・フジオカ実はパパ デイリースポーツ 芸能”. デイリースポーツ (2015年11月2日). 2015年11月12日閲覧。
  87. ^ ディーン・フジオカ、第3子誕生を発表”. オリコンニュース (2017年3月14日). 2017年3月15日閲覧。
  88. ^ 300人に聞いた!ミステリアスな役が似合う俳優・女優ランキングベスト10!ディーン・フジオカ、菜々緒…1位は?” (日本語). TVマガ (2021年1月24日). 2021年1月28日閲覧。
  89. ^ 日本人なのになぜ“ディーン”?ディーン・フジオカが語る名前の由来。”. E-TALENTBANK (2016年4月5日). 2016年4月7日閲覧。
  90. ^ ディーン・フジオカ「クレイジーな生活を送っていました」”. ジュージョプライム (2015年11月27日). 2016年10月23日閲覧。
  91. ^ ディーン・フジオカ、芸名の由来を明かす”. シネマトゥデイ (2016年1月26日). 2016年3月2日閲覧。
  92. ^ 【藤岡癲撐廣東話】 藤岡靛效應推動華語 阿Dean意思原來解阿癲”. 蘋果日報(香港) (2016年1月23日). 2016年10月3日閲覧。
  93. ^ ディーン・フジオカ 双子の子どもは「夜泣きが大変でした」”. ジュージョプライム (2015年11月29日). 2016年10月23日閲覧。「中華圏だと親しみを込めてニックネームに阿を付ける」と書いてある。
  94. ^ 第88回ドラマアカデミー賞・ザテレビジョン特別賞 | Smartザテレビジョン
  95. ^ 国際ドラマフェスティバル:東京ドラマアウォード、2016年度 国內作品 個人賞
  96. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON STYLE. (2016年11月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2016年11月7日閲覧。 
  97. ^ ディーン・フジオカ、助演男優賞受賞で男泣き「奇跡のよう」”. ORICON STYLE (2016年11月7日). 2016年11月8日閲覧。
  98. ^ “りゅうちぇる、心霊写真の正体は“もののけ”「勘違いして寄ってきた」”. ORICON STYLE. (2016年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2082668/full/ 2016年12月7日閲覧。 
  99. ^ 2017年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会 (2017年1月19日). 2017年2月2日閲覧。
  100. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『カメラを止めるな!』『万引き家族』など5作品”. ORICON NEWS (2019年1月15日). 2019年3月1日閲覧。
  101. ^ ディーン・フジオカ、司会初挑戦「光栄な立場」 中国語披露に拍手起こる”. マイナビニュース (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  102. ^ 撮影:2005年。上映:香港亜洲電影節(2006年)のは22分版で、第19回東京国際映画祭(2006年)のは62分版で、台湾の南方影展(2006年)のは58分版で、香港国際電影節(2007年)のは版権の問題で上映を取り消すことになった。
  103. ^ 撮影:2006年。上映:香港亜洲電影節(2007年)、香港百老匯電影中心(2008年)、台北電影節(2008年)。
  104. ^ 上映:ベルギーのFilm Fest Gent(2014年)、日本のショートショート フィルムフェスティバル & アジア(2015年)、台湾の高雄電影節(2015年)、日本のゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2016年)。
  105. ^ 上映:カナダのFantasia International Film Festival(2015年)、日本の京都ヒストリカ国際映画祭(2015年)。
  106. ^ 逆輸入俳優ディーン・フジオカ、海外向け作品に主演!ヒロインは森川葵”. 映画.com (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。
  107. ^ “ディーン・フジオカが結婚詐欺師役で主演、井上荒野の小説「結婚」映画化”. 映画ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216456 2017年1月12日閲覧。 
  108. ^ “映画『坂道のアポロン』ディーン・フジオカが出演 劇中で歌声披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2091323/full/ 2017年5月26日閲覧。 
  109. ^ 『海を駆ける』“ラウ”演じたディーン・フジオカを深田晃司が絶賛「演技だけでは辿り着けない領域に」”. 映画ランドNEWS (2018年5月7日). 2018年5月7日閲覧。
  110. ^ ディーン・フジオカが長瀬智也と共演「空飛ぶタイヤ」追加キャスト発表”. 映画ナタリー (2017年5月17日). 2017年5月17日閲覧。
  111. ^ 国際派俳優ディーン・フジオカが語る海外挑戦「人が行ったことのない道を突き進む」”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  112. ^ ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」”. WOWOW (2016年3月1日). 2016年3月19日閲覧。
  113. ^ ディーン・フジオカ、NHKドラマ初主演 寺尾聰と父子役”. ORICON STYLE (2016年3月30日). 2016年4月8日閲覧。
  114. ^ 『精霊の守り人』にディーン登場 「人気出ると思った」朝ドラ放送前に出演交渉”. ORICON STYLE (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  115. ^ ディーン・フジオカで『はぴまり』連ドラ化 ヒロインは清野菜名”. ORICON STYLE (2016年5月2日). 2016年5月9日閲覧。
  116. ^ 「アジアン!プラスα Dean Tatsunami RADIO」いよいよ今日から放送!”. アジアンパラダイス (2007年2月9日). 2016年10月18日閲覧。
  117. ^ ASIAN CROSSING:インタビュー ディーン藤岡、P3。
  118. ^ SUNDAY MARK'E 765|FM COCOLO
  119. ^ 文化放送「アインシュタイン・山崎紘菜 Heat & Heart!」&J-WAVE「ROPPONGI PASSION PIT」4月より放送開始!(2020年3月26日)|BIGLOBEニュース”. BIGLOBEニュース. 2020年4月4日閲覧。
  120. ^ ディーン・フジオカ味わいにハマる 日本のテレビCM初出演”. スポニチアネックス (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  121. ^ {{cite web|url=http://www.marutomo.co.jp/brand/#page6%7Ctitle=CM特設ページ%7Cpublisher=マルトモ株式会社%7Caccessdate=2018-04-12}}
  122. ^ ディーン・フジオカ:家事のコンシェルジュに 「全て私にお任せください」”. MANTANWEB (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  123. ^ TVCM作品集”. ダスキン. 2017年4月10日閲覧。
  124. ^ 三ツ矢サイダー CM情報”. アサヒ飲料. 2017年4月10日閲覧。
  125. ^ ウィルキンソン WILKINSON”. アサヒ飲料. 2018年4月12日閲覧。
  126. ^ ディーン真剣 CMで三枚目ポーズも「僕にとってはアクション」”. スポニチアネックス (2016年4月26日). 2016年4月26日閲覧。
  127. ^ ジョンソンヴィル”. ジョンソンヴィル・ジャパン. 2017年4月10日閲覧。
  128. ^ “スマート”ディーン 決めゼリフ一発OK「のぞむなら、あなたとも。」”. スポニチアネックス (2016年6月23日). 2016年6月23日閲覧。
  129. ^ 電子マネーWAON10周年記念大抽選会”. AEON (2017年4月28日). 2017年5月4日閲覧。
  130. ^ ディーン・フジオカさんが出演 ヤマハ英語教室 新TVCM 「自分の思いを話せる英語」篇 2018年1月29日(月)より放映開始”. @Press:アットプレス. 2018年1月26日閲覧。
  131. ^ ディーン・フジオカも登場。福島発アニメ「みらいへの手紙」”. エキサイトニュース. 2021年3月4日閲覧。
  132. ^ ふくしまの“想い”と“今”を、歌にのせて全国へ。「ふくしまへの想い」をもとに谷村新司氏が作詞作曲!チャレンジふくしまプロジェクトふくしまの今を伝える歌『雲のかな...”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年3月4日閲覧。
  133. ^ ディーン・フジオカが「ピーターラビット™展」オフィシャルサポーターに就任 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2021年3月4日閲覧。
  134. ^ ディーン・フジオカがイギリス湖水地方・ピーターラビットの世界を訪ね、作者の足跡をたどる - music.jpニュース”. music.jp. 2021年3月4日閲覧。
  135. ^ ディーン・フジオカ、恐竜特番でナビゲーター「自分の子どもたちにも見せたい」”. ORICON NEWS. 2021年3月4日閲覧。
  136. ^ ディーン・フジオカ『ユーリ!!! on ICE』主題歌「History Maker」TJOリミックスバージョン配信 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2020年8月6日閲覧。
  137. ^ DEANFUJIOKAの端正な顔立ちを堪能…月9『シャーロック』主題歌EPジャケ写&詳細公開”. ORICON NEWS. 2019年10月21日閲覧。
  138. ^ DEAN FUJIOKA、初の年末ライブを映像作品として5/10リリース&トレーラー映像公開 | Musicman-net”. www.musicman-net.com (2017年3月24日). 2019年3月19日閲覧。
  139. ^ Dean Fujioka x EOS M5”. Canon Singapore (2016年11月18日). 2017年4月10日閲覧。
  140. ^ テレビで中国語”. NHK. 2017年4月10日閲覧。
  141. ^ VIDEOS”. Canon Singapore (2017年4月7日). 2017年4月10日閲覧。
  142. ^ ディーン・フジオカ演じる結婚詐欺師がダンスを踊りベッドイン「結婚」予告編”. 映画ナタリー (2017年4月20日). 2017年5月17日閲覧。
  143. ^ DEANFUJIOKA、野村周平主演『僕キミ』主題歌を書き下ろし”. ORICON NEWS. 2019年9月23日閲覧。
  144. ^ ディーン・フジオカ&松下奈緒が主演映画主題歌歌う - シネマ : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年9月23日閲覧。
  145. ^ DEAN FUJIOKA、テレビ『スッキリ』3月テーマソング決定 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年2月25日閲覧。
  146. ^ High Jinks by CHAPTER47 - O.N.O "Ougenblick" Release Tour in TOKYO -”. iFLYER.tv. 2019年10月1日閲覧。
  147. ^ マキタスポーツ 恒例ライヴにディーン・フジオカとYOU出演 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年9月29日閲覧。
  148. ^ Inc, Natasha. “「MTV VMAJ」今年は星野源が2冠、特別賞は三浦大知&宇多田ヒカル”. 音楽ナタリー. 2019年9月29日閲覧。
  149. ^ ディーン・フジオカ、メンズ誌『UOMO』の顔に 「UOMOキャラクター」就任”. ORICON NEWS. 2021年2月14日閲覧。


「ディーン・フジオカ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ディーン・フジオカ」の関連用語

ディーン・フジオカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ディーン・フジオカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディーン・フジオカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS