エンターテイメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > エンターテイメントの意味・解説 

エンターテインメント [5] 【entertainment】

人を楽しませるもの。楽しむためのもの。娯楽

エンターテイメント

英語「entertainment」のカナ表記。主に「娯楽」や「演芸」などの意味で用いられる。「エンターテインメント」と表記する方が英語の発音忠実である。

エンターテインメント

(エンターテイメント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 21:55 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • エンターテイメント

エンターテインメント (entertainment) は、人々を楽しませる娯楽を指す。

楽しみ、気分転換、気晴らし、遊び、息抜き、レジャーなどが類語とされる。類義語のアミューズメント (amusement) も、アミューズメント施設など娯楽要素を表す。

概要

"entertainment"という言葉の原義としては、特に演者の技能を鑑賞することを主体とした見せ物、出し物、余興などを指す語で、スポーツ・舞台演劇・演奏会・公演などを指す。表記発音の利便性から「ン」を抜くエンターテイメント[1]や省略形でエンタメなども用いられる。"entertainment"を発音記号から機械的に変換するとエンターテインメントとなるが、英語の発音は"entertainment"の9文字目の"n"が殆ど発音を聞き取れない。書き言葉でエンターテインメント、話し言葉でエンターテイメント、が多用されている。

ギネスワールドレコーズは「人類史上最も成功したエンターテイナー」としてマイケル・ジャクソンを登録している。

主なエンターテインメント

脚注

[ヘルプ]

関連項目


エンターテイメント!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/08 03:22 UTC 版)

エンターテイメント!
ギャング・オブ・フォースタジオ・アルバム
リリース
録音 1979年 ロンドン The Work House
ジャンル ポストパンク
時間
レーベル EMIイギリスの旗
ワーナー・ブラザース・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース アンディ・ギル、ジョン・キング、ロブ・ウォー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 35位(ニュージーランド・1980年[2]
  • 45位(イギリス[3]
ギャング・オブ・フォー 年表
エンターテイメント!
(1979年)
ソリッド・ゴールド
(1981年)
テンプレートを表示

エンターテイメント![4]』(Entertainment!)は、イングランドポストパンクバンドギャング・オブ・フォー1979年EMIから発表した初のスタジオ・アルバム

背景

レコーディングは3週間で行われた[5]。ジャケット・デザインは、メンバーのジョン・キングとアンディ・ギルが担当した[6]。アンディ・ケルマンはallmusic.comにおいて本作の音楽性を「どことなくファンキーなリズムの痙攣、鋭く点描画を思わせるギターの一突き、語りやシャウトによるボーカル」と説明している[7]

ジョン・キングによれば、所属レーベルのEMIは「アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア」を本作からの第1弾シングルとしてリリースしようとしたが、バンド側は「この曲はコマーシャル過ぎるし代表曲ではない」と拒否したという[5]

反響

1979年6月、本作からの先行シングル「アット・ホーム・ヒーズ・ア・ツアリスト」が全英シングルチャートで58位に達した[3]。なお、バンドはこの曲で「トップ・オブ・ザ・ポップス」に出演する予定だったが、歌詞の中のコンドームを意味する「rubbers」という言葉が問題視され、BBCから「rubbish」に変更して歌うことを要求されたため、バンドは出演を取りやめた[8]

本作は1979年10月に全英アルバムチャートで45位に達した[3]。アメリカ盤LPは1980年にワーナー・ブラザース・レコードから発売され[1]Billboard 200にはチャート・インしなかったが、シングル「ダメージド・グッズ/アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア」はビルボードのダンス・ミュージック/クラブ・プレイ・シングル・チャートで39位に達した[9]

評価・影響

ローリング・ストーン』誌が2003年に選出したオールタイム・グレイテスト・アルバム500では490位にランク・インし[10]、後の改訂では483位となった[11]。また、同誌が選出した「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」では81位にランク・イン[12]

2004年にピッチフォーク・メディアのスタッフが選出した「1970年代のトップ100アルバム」では8位にランク・イン[13]。2012年にアメリカのデジタル音楽誌『Paste』が選出した「1970年代のベスト・アルバム70」では56位にランク・インした[14]

1995年に発売されたリマスターCDライナーノーツにはフリーマイケル・スタイプ、タッド・ドイル(タッド)の3人が寄稿しており[15]、ドイルはRed Setというカヴァー・バンドで本作の全曲を演奏していたこともあったという[16]

収録曲

全曲ともメンバー4人の共作。

  1. エーテル - "Ether" - 3:51
  2. ナチュラルズ・ノット・イン・イット - "Natural's Not in It" - 3:06
  3. ノット・グレイト・メン - "Not Great Men" - 3:05
  4. ダメージド・グッズ - "Damaged Goods" - 3:27
  5. リターン・ザ・ギフト - "Return the Gift" - 3:04
  6. ガンズ・ビフォー・バター - "Guns Before Butter" - 3:47
  7. アイ・ファウンド・ザット・エッセンス・レア - "I Found That Essence Rare" - 3:13
  8. グラス - "Glass" - 2:28
  9. コントラクト - "Contract" - 2:39
  10. アット・ホーム・ヒーズ・ア・ツアリスト - "At Home He's a Tourist" - 3:30
  11. 5:45 - "5.45" - 3:43
  12. アンスラックス - "Anthrax" - 4:20

1995年再発CDボーナス・トラック

  1. トレインズ・ドント・ラン・オン・タイム - "Outside the Trains Don't Run on Time" - 3:27
    • 1980年3月録音[6]
  2. ヒード・センド・イン・ジ・アーミー - "He'd Send in the Army" - 3:40
    • 1980年3月録音[6]
  3. イッツ・ハー・ファクトリー - "It's Her Factory" - 3:08
    • 1979年3月録音[6]

他メディアでの使用例

「ナチュラルズ・ノット・イン・イット」は、2006年公開の映画『マリー・アントワネット』のサウンドトラックで使用された[17]

参加ミュージシャン

脚注

  1. ^ a b Gang Of Four - Entertainment! (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  2. ^ charts.org.nz - Gang Of Four - Entertainment!
  3. ^ a b c ChartArchive - Gang Of Four
  4. ^ 日本盤CD(TOCP-8724, TOCP-53506)帯の表記に準拠
  5. ^ a b Gang Of Four Track By Track | Features | Clash Magazine - by Robin Murray - 2012年11月27日閲覧
  6. ^ a b c d 1995年再発CD(TOCP-8724)英文ブックレット内クレジット
  7. ^ Entertainment! - Gang of Four : AllMusic - Review by Andy Kellman
  8. ^ Jerky, punky, funky | Music | The Guardian - 2012年11月27日閲覧
  9. ^ Entertainment! - Gang of Four : Awards : AllMusic
  10. ^ 『ローカス・ムック 名盤ディスクガイド500 きっと見つかる心の1枚』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア/2009年5月1日/ISBN 978-4-86190-870-5)p.260
  11. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Gang of Four, 'Entertainment' | Rolling Stone
  12. ^ The 100 Best Debut Albums of All Time: 'Entertainment' | Rolling Stone
  13. ^ Staff Lists: Top 100 Albums of the 1970s | Features | Pitchfork - 2012年11月27日閲覧
  14. ^ The 70 Best Albums of the 1970s :: Blogs :: List of the Day :: Paste - 2012年11月27日閲覧
  15. ^ Gang Of Four - Entertainment! (CD, Albums) at Discogs
  16. ^ 1995年再発CD(TOCP-8724)ライナーノーツ(タッド・ドイル/訳:武内邦愛)
  17. ^ Marie Antoinette (2006) - Soundtracks - IMDb.com


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エンターテイメント」の関連用語

エンターテイメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エンターテイメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエンターテインメント (改訂履歴)、エンターテイメント! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS