ホイストとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ホイストの意味・解説 

ホイスト【hoist】

読み方:ほいすと

荷物の上下ろし運搬用い小型の巻き上げ装置


ホイスト【whist】

読み方:ほいすと

トランプゲームの一。ナポレオンに似て二人ずつ組んで四人でする遊び


ホイスト

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ホイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:29 UTC 版)

ホイスト英語: whist/wɪst/)は、イギリスを発祥とするトランプを使ったトリックテイキングゲームの1つ。


  1. ^ Parlett, David (1991). A History of Card Games. Oxford University Press. p. 3. ISBN 019282905X  の引く1981年のワディントン社の調査によると、ホイストはラミーに次ぐ人気で、調査対象の28%が最近プレイしたと答えている
  2. ^ Game Report: English Ruff and Honours (Medieval & Renaissance Games Home Page)
  3. ^ Hoyle, Edmond (1743). A Short Treatise on the Game of Whist  (OpenLibrary)
  4. ^ 前田多門『遊戯大学』上方屋勝敗堂、1888年、23頁。 (国会図書館近代デジタルライブラリー)


「ホイスト」の続きの解説一覧

ホイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 12:10 UTC 版)

ナポレオン (日本のトランプゲーム)」の記事における「ホイスト」の解説

ナポレオンは、イギリスのゲームホイストの子孫である。ホイストはコントラクト・ブリッジ先祖に当たるゲームで、4人でプレイし、向かい側の人とパートナーを組む。全員13ずつカード配りトリックテイキングゲームを行う。より多くのトリック取ったチームに、(取ったトリック数-6)点が入る。ホイストには宣言副官役札などの複雑なルールは無い。

※この「ホイスト」の解説は、「ナポレオン (日本のトランプゲーム)」の解説の一部です。
「ホイスト」を含む「ナポレオン (日本のトランプゲーム)」の記事については、「ナポレオン (日本のトランプゲーム)」の概要を参照ください。


ホイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:11 UTC 版)

V-22 (航空機)」の記事における「ホイスト」の解説

戦闘捜索救難特殊作戦用として隊員降下回収利用できるホイストをキャビン後部隔壁直前天井部に設置できる長さ76.2mのワイヤー最大272kgまで吊り下げられ、停止から最大1.14m/secでの上下無段階速度制御が行える。 ホイストは銃座の上部にあるため同時使用出来ないロープ降下する様子 SEAL部隊訓練でホイストに吊り上げられているSEAL隊員後部ランプ銃座天井にはホイストが見え

※この「ホイスト」の解説は、「V-22 (航空機)」の解説の一部です。
「ホイスト」を含む「V-22 (航空機)」の記事については、「V-22 (航空機)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ホイスト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ホイスト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホイスト」の関連用語

ホイストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホイストのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホイスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのナポレオン (日本のトランプゲーム) (改訂履歴)、V-22 (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS