トランプとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > トランプの意味・解説 

トランプ【trump】

読み方:とらんぷ

カード式の室内遊戯具の一。スペード・ハート・クラブ・ダイヤの4種マークが各13と、ジョーカー1枚、計53一組とする。西洋カルタまた、それを使用するゲーム

[補説] 英語では切り札の意。遊戯具は、playing card または、card という。


トランプ【Donald John Trump】


バクリ, ニコラ:トランプ

英語表記/番号出版情報
バクリ, ニコラ:トランプQUARTES A JOUER作曲年1979-1980年 

トランプ

作者竹下文子

収載図書風町通信
出版社偕成社
刊行年月1986.10


トランプ

作者村上春樹

収載図書夜のくもざる―村上朝日堂超短篇小説
出版社平凡社
刊行年月1995.6

収載図書夜のくもざる村上朝日堂短篇小説
出版社新潮社
刊行年月1998.3
シリーズ名新潮文庫

収載図書村上春樹全作品19902000 1 短篇集
出版社講談社
刊行年月2002.11


トランプ

名前 Trump

トランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 04:50 UTC 版)

トランプ(Trump)は、日本ではカードを使用した室内用の玩具を指すために用いられている用語で[2]、もっぱら4種各13枚の計52枚 (+α) を1セットとするタイプのものを指して言うことが多い。「プレイング・カード」(英語: Playing card)「西洋かるた」とも。多種多様なゲームに用いられるほか、占いの道具としても手品(マジック)の小道具としてもよく用いられる。


注釈

  1. ^ カードの名称ではないが、マイクロソフトがWindowsにクロンダイクというゲームをソリティアという名称で添付したため「ソリティア」という本来は1人ゲームを指す総称が「クロンダイク」という1種類のゲームを指して(誤って)使われている、という例がある。
  2. ^ 「daun」=葉
  3. ^ もしくはカール大帝の子ルートヴィヒ1世の妻。
  4. ^ ローマ神話ではミネルウァ
  5. ^ モデルはシャルル7世の妻であるマリー・ダンジュー(Marie d'Anjou、アラゴンのマリーとも)、もしくは愛人のアニェス・ソレル (Agnès Sorel)、またはこの二人を混合したものとされている。また一説としておそらくギリシャ神話のアルゲイアー、若しくはアルゴー船を制作したアルゴスの母親とされる。
  6. ^ 東急ハンズなどでも購入可能。
  7. ^ 古い英語では knave /neɪv/ と呼ぶのが正式だった。「少年、召し使い」の意。
  8. ^ 八重垣姫は上杉謙信の娘(創作・『本朝二十四孝』など)、黄色は藤原氏(信長の黄色の幟に織田木瓜が有名)、「竹に雀」の家紋は伊達家も使用。
  9. ^ 実際のパーレットの本ではクリベッジは「Matching games」に分類されているが、ここに属するものはクリベッジしかない。パーレットの他の本ではクリベッジを「Adding-up games」に入れているので、こちらに移動した
  10. ^ なお、いわゆる「児童用トランプ」は非課税

出典

  1. ^ カードゲーム「トランプ」意外と知らない基本”. 東洋経済オンライン (2016年8月3日). 2020年11月26日閲覧。
  2. ^ 大辞林
  3. ^ (永松憲一 2001, p. 15)。
  4. ^ (明)陸容『菽園雑記』第十四巻:「闘葉子之戯、吾崑城上自士夫、下至僮豎皆能之。予游崑庠八年、独不解此。人以拙嗤之。近得閲其形製、一銭至九銭各一葉、一百至九百各一葉、自万貫以上皆図人形、万万貫呼保義宋江、千万貫行者武松、百万貫阮小五、九十万貫活閻羅阮小七、八十万貫混江竜李進、七十万貫病尉遅孫立、六十万貫鉄鞭呼延綽、五十万貫花和尚魯智深、四十万貫賽関索王雄、三十万貫青面獣楊志、二十万貫一丈青張横、九万貫插翅虎雷横、八万貫急先鋒索超、七万貫霹靂火秦明、六万貫混江竜李海、五万貫黒旋風李逵、四万貫小旋風柴進、三万貫大刀関勝、二万貫小李広花栄、一万貫浪子燕青。或謂賭博以勝人為強、故葉子所図、皆才力絶倫之人、非也。蓋宋江等皆大盗、詳見『宣和遺事』及『癸辛雑識』。作此者、蓋以賭博如群盗劫奪之行、故以此警世。而人為利所迷、自不悟耳。記此、庶吾後之人知所以自重云。」
  5. ^ Wilkinson, William Henry (1895). “Chinese Origin of Playing Cards”. The American Anthropologist (Volume VIII): 75. http://healthy.uwaterloo.ca/museum/Archives/Wilkinson/Wilkinson.html. 
  6. ^ 津山洋学資料館
  7. ^ トランプ(オランダカルタ)(仙台市博物館)
  8. ^ 桜城酔士(1885)『西洋遊戯 骨牌使用法(かるたのとりかた)』団々社(国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ 一.骨牌税法の制定 - 日本かるた文化館” (日本語). 2020年6月5日閲覧。
  10. ^ 任天堂株式会社:会社の沿革”. 任天堂ホームページ. 2020年6月5日閲覧。
  11. ^ 中原 弘 『トランプの遊び方 ゲームと占い』株式会社新星出版社、1977年11月25日、25頁。 
  12. ^ たとえば KEMのサイトの説明を参照
  13. ^ Parlett, David (1992,2004). The A-Z of Card Games. Oxford University Press. ISBN 9780198608707 
  14. ^ a b c d 印紙・証紙 小さなグラフィックデザインの世界 お札と切手の博物館、2018年11月6日閲覧。
  15. ^ 北原白秋の詩『骨牌の女王の手に持てる花』は「骨牌」をトランプと解さなければ「女王」(Qのカード)に意味が繋がらない(「カルタのクインの〜」と詠む)。このためたとえば森歐外『舞姫』より引用「今宵は夜毎にこゝに集ひ來る 骨牌(カルタ)仲間も「ホテル」に宿りて、」の「カルタ」は「カード」で(国際航路の客船といった背景などから)これはトランプを指していると解される
  16. ^ 松田道弘 『トランプものがたり』岩波書店岩波新書〉、1979年。 
  17. ^ Unicode 6.0.0, Unicode, Inc., (2010-10-11), https://www.unicode.org/versions/Unicode6.0.0/ 



トランプ(Tramp)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/21 02:00 UTC 版)

わんわん物語」の記事における「トランプ(Tramp)」の解説

自由を愛する雑種の雄野良犬機転利き、『I』『II』でも勇敢さ健在である。ジム家に来る前は機関車操車場廃品置き場暮らしていた。捕まった野良犬仲間逃がしているため、保健所目を付けられている。さまざまな名で呼ばれながら曜日ごとに人間の家を渡り歩いて暮らしている。「赤ん坊生まれると、人間愛してくれなくなる」との体験談を語るところから飼い犬経験もあると思われる頭がよくいたずら好きで、ニワトリ追いかけるのが好き。3匹の戦って勝てる能力持ち主である。レディ恋に落ちるが、他の野良犬たち証言によると可愛い女の子弱くそれまでに幾つかの色恋沙汰があった。レディとはそれが原因でケンカ別れをしてしまうものの、侵入した大ネズミから赤ちゃん守ったことでめでたく結ばれディア家飼い犬になる。『II』では仲のいいバスター一流野良犬育て、肉を積んだトラック1台盗み捕獲24人と警察軍隊出動させる騒動起こしたらしい。しかし、そのバスターからは自分とレディのどちらを選ぶか問い詰めた際、レディ選んだことで野良犬としてのプライド誇り捨ててしまったとして恨まれている。また、II』では飼い犬として暮らし始めてから長年の時が経ったことにより野良犬の感や運動神経鈍くなってしまった。だが、スキャンプ救出し保健所乗り込んだ際には、バスターをも恐れさせる凶暴な野良犬レジー相手大立ち回り末に勝利する

※この「トランプ(Tramp)」の解説は、「わんわん物語」の解説の一部です。
「トランプ(Tramp)」を含む「わんわん物語」の記事については、「わんわん物語」の概要を参照ください。


トランプ(Tramp)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 23:53 UTC 版)

マンハント」の記事における「トランプ(Tramp)」の解説

アル中浮浪者シーン9では彼をイノセンツから守りつつ、共に行動しなければならない。ボーナスマテリアルによると彼はスマイリーズの前リーダー、ケニス・ジェファソン(Kenneth Jefferson)であり、スケアクロウBonus Featuresの設定資料見ることができる没案となったボスキャラクター)と同一人物あるようだ

※この「トランプ(Tramp)」の解説は、「マンハント」の解説の一部です。
「トランプ(Tramp)」を含む「マンハント」の記事については、「マンハント」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トランプ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トランプ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:00 UTC 版)

語源

名詞

  1. 53異な枚数の場合もある)のカード)を使って遊ぶ室内遊戯。及び、その
  2. 切り札

発音(?)

と↗ら↘んぷ

翻訳

関連語


「トランプ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トランプのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トランプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのわんわん物語 (改訂履歴)、マンハント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトランプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS