竹本健治とは?

竹本健治(たけもと・けんじ)

1954年(昭29)、兵庫県相生市生まれ東洋大学文学部哲学科中退同人誌発表した「夜は訪れぬうちに闇」が中井英夫注目を受け、デビューに至る。
1975年(昭50)、同人誌「緑葬館」を創刊
1977年(昭52)、「匣の中の失楽」を「幻影城」に発表。さらにこの作品1979年(昭54)、第32日本推理作家協会賞長編部門候補となる。
1979年(昭54)、「幻影城休刊とともに、「偶という名の惨劇」の原稿が失われる。
1988年(昭63)、「小説奇想天外」に連載した「ウロボロス偽書」は同誌廃刊後、1991年(平3)に刊行され、「このミステリーがすごい!92年度版の10位に、また、週刊文春」の91年傑作ミステリーベスト10」の6位に選ばれる
1999年(平11)、「入神」を発表し、マンガ家デビューを果たす。



竹本健治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/17 01:31 UTC 版)

竹本 健治(たけもと けんじ、1954年9月17日 - )は日本小説家推理作家SF作家兵庫県相生市生まれ[1]佐賀県武雄市在住。東洋大学文学部哲学科中退[1]。代表作『ウロボロスの偽書』『ウロボロスの基礎論』『ウロボロスの純正音律』は、著者自身、綾辻行人小野不由美島田荘司などの実在の人物が架空の推理小説の中に登場するポストモダン的なメタ小説。






「竹本健治」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹本健治」の関連用語

竹本健治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



竹本健治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹本健治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS