創元推理文庫とは? わかりやすく解説

創元推理文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 08:08 UTC 版)

創元推理文庫そうげんすいりぶんこは、株式会社東京創元社が発行している文庫レーベル。国内・海外のミステリー小説を中心に扱っている[1]




「創元推理文庫」の続きの解説一覧

創元推理文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 02:34 UTC 版)

美波の事件簿シリーズ」の記事における「創元推理文庫」の解説

創元推理文庫版刊行に際して、「激アルバイター」の語が落とされ、〈美波事件簿シリーズ称されるまた、富士見ミステリー文庫刊行されていた第1作第2作については、表題作品の他に富士見ミステリー文庫版にはなかった短編追録されているカバー装画挿画ミギー天使開けた密室2006年11月24日 ISBN 978-4-488-46601-5)「たった、二十九分の誘拐」(初出:『ファンタジアバトルロイヤル 2001 OCTOBER』)を併録。 龍の館の秘密2006年12月22日 ISBN 978-4-488-46602-2)「善人だらけの街」(未発表作品)を併録。 砂の城殺人2007年3月16日 ISBN 978-4-488-46603-9) 手焼き煎餅密室2009年8月28日 ISBN 978-4-488-46604-6)収録作品旧体育館幽霊 / 手焼き煎餅密室 / 回る寿司 / 熊の面、翁の面 / そして、もう一人ミステリーズ!』に掲載された短編中心に収録。前3作から数年さかのぼった前日譚構成されている。 鏡の迷宮白い蝶2010年11月30日 ISBN 978-4-488-46605-3)収録作品イタリア国旗の食卓 / 失せ物は丼 / 鏡の迷宮白い蝶 / 子蝶の夢 / 二つの真実 表題作をはじめとするミステリーズ!掲載短編4編、および書き下ろし1編を収録前作同じく前日譚短編集

※この「創元推理文庫」の解説は、「美波の事件簿シリーズ」の解説の一部です。
「創元推理文庫」を含む「美波の事件簿シリーズ」の記事については、「美波の事件簿シリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創元推理文庫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

創元推理文庫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創元推理文庫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの創元推理文庫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの美波の事件簿シリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS