江戸川乱歩とは? わかりやすく解説

えどがわ‐らんぽ〔えどがは‐〕【江戸川乱歩】

読み方:えどがわらんぽ

[1894~1965]小説家三重生まれ本名平井太郎筆名19世紀米国文学者エドガー=アラン=ポーのもじり。大正12年(1923)雑誌新青年」に「二銭銅貨」を発表日本の探偵小説基礎つくった他に人間椅子」「陰獣」「黄金仮面」、評論集幻影城」など。


江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)

本名平井太郎1894年(明27)、三重県名張市生まれ代々平井家藤堂家使えていた。実弟平井蒼太。甥は松村善雄少年時代には黒岩涙香親しみ早稲田大学経済学部卒後造船所事務員平井蒼太とともに開いた団子坂古本屋三人書房」、「大阪時事新報」の記者、「大阪毎日新聞」の広告部員夜なきソバ屋工人倶楽部書記長にいたるまで、さまざまな職業遍歴していた。古本屋時代には浅草オペラ講演会結成帝大出身技術者組織されていた工人倶楽部には、甲賀三郎が所属していた。ペンネーム探偵小説始祖ポーにちなむ。別名小松龍之介
1916年(大5)、「火縄銃」を執筆し、「冒険世界」に送る。
1920年(大9)、友人の井上勝喜と智的小説刊行会を結成し「グロテスク」という会員制同人誌刊行しようとするが、挫折その際江戸川名義で石塊秘密」を執筆するが、これが1923年(大12)に発表した一枚の切符」の原型である。
失業中1922年(大11)に執筆した二銭銅貨」が「新青年主筆森下雨村認められ小酒井不木推薦とともに1923年(大12)に同誌に掲載されデビュー。「二銭銅貨」は日本初めての本格的創作探偵小説とされ、大評判となる。「二銭銅貨」は最初当時探偵小説第一人者目されていた馬場孤蝶送ったものだが、いつまで返事なかったので取り返し森下雨村送り直したという逸話がある。
その後、「新青年」に、「二廃人」(1924年(大13))や、1925年(大14)からは「D坂の殺人事件」「心理試験」「屋根裏の散歩者」など六ヶ月連続短編連載し斬新なトリック採用した本格探偵小説のほか、恐怖神秘題材にした変格探偵小説などの短編矢継ぎ早に発表する。「心理試験」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
谷崎潤一郎佐藤春夫など、日本の耽美主義文学影響や、また、宇野浩二的な私小説的な作風見受けられる乱歩変身願望隠れ蓑願望ユートピア願望反映してか、トリック的に一人二役暗号扱ったものが多く一般に探偵小説トリックのなかで多くの比重占め密室アリバイ崩し少ない。
1925年(大14)、「探偵趣味の会同人となる。また、同じ1925年(大14)に大衆文芸振興目的とした「二十一日会」同人となる。同人には中心となった白井喬司のほか、長谷川伸小酒井不木土師清二国枝史郎正木不如丘がいた。
1926年(大15)に「大衆文芸」に発表した鏡地獄」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1926年(大15)に「新青年に連載した「パノラマ島奇談」で長編小説分野開拓また、一寸法師」(1926年(大15)東京朝日新聞)などエログロ味の濃厚な通俗サスペンス長編で人気を博した三島由紀夫通俗サスペンス長編黒蜥蜴」(1934年(昭9))戯曲化試みている。
1927年(昭2)には、執筆活動停止し早稲田大学正門前で妻に下宿屋営ませ、自らは放浪の旅に出る。その一方土師清二長谷川伸国枝史郎小酒井不木とともに「耽綺社」を設立し大衆文学合作試みようとした。
その後は、全集印税暮らし支え、しばらく筆を絶っていたが、「新青年」の編集長務めていた横溝正史勧めで、1928年(昭3)、「陰獣」を「新青年」に発表日本屈指の名作として名高い掲載雑誌三版まで刷られた。当時は休筆連続人間嫌い放浪癖から、深夜土蔵蝋燭をともし、草双紙無惨絵見ながら執筆しているという伝説があった。
1929年(昭4)、「新青年」に発表した「悪夢」探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録され、のち、「芋虫」と改題される。
1929年(昭4)、「押し絵旅する男」を「新青年」に発表
1930年(昭5)、「黄金仮面」を「キング」に発表
1934年(昭9)、「石榴」を「中央公論」に発表
1936年(昭11)には「少年倶楽部」に「怪人二十面相」を発表少年小説にも新境地開いた
1943年(昭18)、「偉大なる夢」を「日の出」に発表
戦争中写経明け暮れるまた、一時福島県保原疎開していた。池袋丸山町会の副会長大政翼賛会豊島区支部事務長務めていたため、戦後公職追放されるが、のち解除戦争中近所付き合いが効を奏してか、一変して人間嫌い脱し社交的になった。島田一男香山滋渡辺剣次楠田匡介中島河太郎千代有三荻原光雄、岡田鯱彦鷲尾三郎とともに十人会」を結成していたこともある。
1946年(昭21)に、探偵小説作家親睦をはかる意味合いで、「土曜会」を主催し、ついで、1947年(昭22)、「探偵作家クラブ」が結成されると、初代会長に就任。
1949年(昭24)から乱歩邸で、主に本格派探偵作家招いた新年会催され恒例となる。
1950年(昭25)、「報知新聞」に発表した断崖」が1951年(昭26)、第4回探偵作家クラブ賞短編賞の候となったまた、この作品日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1951年版」に収録される。
1951年(昭26)、ロジャースカーレットの「エンジェル家の殺人」を翻案し、「三角館の恐怖」として「面白倶楽部」に発表
作家として業績一方で研究評論分野でも成果残し1951年(昭26)に発表した評論集幻影城」で、1952年(昭27)、第5回探偵作家クラブ賞受賞している。
探偵小説芸術論唱える木々高太郎と「ロック上で一人芭蕉」と題し論争をした。この論争は、1950年(昭25)、「新青年」に掲載された文学座談会抜き打ち座談会」につながり探偵文壇木々高太郎率い文学に対し、江戸川乱歩を総帥とする本格派は「探偵小説基本的に娯楽範囲属するが、芸術的な作品ありえる」という立場をとり、対立した
1953年(昭28)に「宝石」に発表した大下宇陀児角田喜久雄木々高太郎との連作畸形の天女」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1954年版」に収録される。
1954年(昭29)に「産経新聞」に発表した兇器」が、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1955年版」に収録される。
1955年(昭30)、探偵小説奨励の賞として江戸川乱歩賞創設
1955年(昭30)に発表した化人幻戯」(宝石宝石)と、「オール読物」に発表した月と手袋」により、1956年(昭31)に第9回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。また、月と手袋」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1956年版」に収録される。
1955年(昭30)には三重県名張市生誕碑が建立される。
1956年(昭31)に「オール読物」に発表した堀越捜査一課長殿」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1957年(昭32)、経営難陥った宝石」の編集経営参画
1963年(昭38)に「社団法人日本推理作家協会」に発展すると、初代理事長に就任。
1961年(昭36)、「新青年」「宝石に連載してきた回顧録をまとめ、「探偵小説四十年」として刊行
1961年(昭36)、探偵小説評論新人育成の効をたたえられ紫綬褒章授与
1965年(昭40)、脳出血のため死去日本推理作家協会葬が営まれた。死後正五位勲三等贈られる
2002年(平14)、蔵書保管していた「江戸川乱歩邸土蔵」が立教大学譲渡される
2002年(平14)、蔵書目録化した山前譲新保博久の「幻影の」が刊行され2003年(平15)に第56回日本推理作家協会賞評論その他部門受賞
2003年(平15)、立教大学が所有する旧江戸川乱歩土蔵」が豊島区指定有形文化財指定を受ける。

江戸川乱歩に関するサイト「名張人外境」



江戸川乱歩

下の映画江戸川乱歩関連してます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


江戸川乱歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/03 04:23 UTC 版)

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步1894年明治27年〉10月21日 - 1965年昭和40年〉7月28日)は、日本推理小説家怪奇・恐怖小説家[1]アンソロジスト[2]。本名は平井 太郎(ひらい たろう)。日本推理作家協会初代理事長位階正五位勲等勲三等。ペンネームは小説家のエドガー・アラン・ポー[3][※ 1]のもじり。


注釈

  1. ^ 2001年に発見された『二銭銅貨』の草稿には、「江戸川藍峯」(えどがわ らんぽう)と署名されていた[4]
  2. ^ 全集は刊行順に、生前刊は平凡社全13巻(戦前)、春陽堂全16巻、光文社全23巻、桃源社全18巻(近年沖積舎で復刻)。没後刊は講談社で全15巻(新版 全25巻)、他に「文庫版全集」が、昭和末期に講談社文庫全66巻、平成(21世紀に入り)に光文社文庫全30巻が刊行。
  3. ^ 『心理試験』や『人間椅子』『屋根裏の散歩者』などの初期の作品を含む21作品がこの家で執筆されており、そのほとんどが大正14年(1925年)に創作された。明智小五郎が初登場する『D坂の殺人事件』もこの家で創作された。また乱歩はこの家に住んでいた当時、床の間の天井板を外して踏み台に載り、首だけを出して屋根裏を覗いてみて、その捨てがたい眺めに陶然とした。その経験を元に『屋根裏の散歩者』が書かれた。
  4. ^ 途中で話が続けられなくなり中断した。乱歩本人が掲載誌にお詫びとして読者へ謝罪し、中断を発表している。
  5. ^ これは古典推理小説ではよくあることで、同時期の横溝正史作品などにもよく見られる。

出典

  1. ^ a b この分野の乱歩の作品集として『鏡地獄―江戸川乱歩怪奇幻想傑作選』角川ホラー文庫、『文豪怪奇コレクション 猟奇と妖美の江戸川乱歩』双葉文庫などがある。
  2. ^ 『世界短編傑作集』や『怪談入門』を編纂した。
  3. ^ 江戸川乱歩(上) [なにわ人物伝 -光彩を放つ-] 大阪日日新聞 at the Wayback Machine (archived 2012年4月19日)
  4. ^ Yomiuri On-Line/社会 - 乱歩の名作「二銭銅貨」、最初期の草稿見つかる”. 読売新聞社. 2001年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。
  5. ^ 『新潮日本文学アルバム41 江戸川乱歩』新潮社,1993 p.14
  6. ^ a b 江戸川乱歩とシンフォニア(その1)”. シンフォニアテクノロジー. 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ a b 江戸川乱歩とシンフォニア(その2)”. シンフォニアテクノロジー. 2020年5月9日閲覧。
  8. ^ 小酒井不木「『二銭銅貨』を読む」(1923)、新保博久・山前譲編『乱歩【上】』(講談社、1994年)所収。
  9. ^ 奈落一騎、荒俣宏 『江戸川乱歩語辞典』誠文堂新光社、2020年8月5日、41頁。ISBN 978-4416520420 
  10. ^ 江戸川乱歩(下) [なにわ人物伝 -光彩を放つ-]”. 大阪日日新聞. 2011年12月28日閲覧。
  11. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)54頁
  12. ^ エロ・グロ・ナンセンス”. コトバンク. 2020年5月9日閲覧。
  13. ^ 「言論統制下も執筆続ける 乱歩ら、海軍関連の会報で」日本経済新聞
  14. ^ 江戸川乱歩著『貼雑年譜はりまぜねんぶ』(東京創元社 完全復刻版)【今出川 閉架 910.268 E9549 】同志社大学図書館(2022年5月5日閲覧)
  15. ^ 1959年7月31日の対談「文壇よもやま話」カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「江戸川乱歩」(3)[リンク切れ]
  16. ^ 山田風太郎『風眼抄』(六興出版、1979年)p.152
  17. ^ a b c d e 【シティライフ】旧江戸川乱歩邸(東京都豊島区)執筆支えたついの住み家『読売新聞』東京夕刊2022年4月11日2面
  18. ^ a b 名張市観光パンフレット”. 名張市観光協会. 2021年11月7日閲覧。
  19. ^ 「江戸川乱歩」(3)”. NHKラジオ. 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  20. ^ 『読売新聞』2015年10月17日1面※記事名不明
  21. ^ 江戸川乱歩の世界
  22. ^ 中島河太郎 『江戸川乱歩 評論と研究』(講談社)など
  23. ^ 発表当時は「小松龍之介」名義
  24. ^ 江戸川乱歩 テレビアニメ版文豪ストレイドッグス公式サイト(2022年5月5日閲覧)



江戸川乱歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 23:52 UTC 版)

松本清張」の記事における「江戸川乱歩」の解説

編集長務めた雑誌宝石』に、清張『ゼロの焦点』連載時の題『零の焦点』)を連載させており、その休載時に清張対談行ったが、これが記録として残っている乱歩清張による唯一の対談である。また、推理小説指南書推理小説作法』(1959年光文社2005年光文社文庫)を清張共編している。

※この「江戸川乱歩」の解説は、「松本清張」の解説の一部です。
「江戸川乱歩」を含む「松本清張」の記事については、「松本清張」の概要を参照ください。


江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:15 UTC 版)

北神伝綺」の記事における「江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)」の解説

探偵小説家帝都騒がす怪人赤マント追っている。

※この「江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)」の解説は、「北神伝綺」の解説の一部です。
「江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)」を含む「北神伝綺」の記事については、「北神伝綺」の概要を参照ください。


江戸川乱歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:14 UTC 版)

アルセーヌ・ルパン」の記事における「江戸川乱歩」の解説

下記の作品以外に怪人二十面相などにもその影響みられる

※この「江戸川乱歩」の解説は、「アルセーヌ・ルパン」の解説の一部です。
「江戸川乱歩」を含む「アルセーヌ・ルパン」の記事については、「アルセーヌ・ルパン」の概要を参照ください。


江戸川乱歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 19:59 UTC 版)

一九三四年冬―乱歩」の記事における「江戸川乱歩」の解説

40歳になったばかり。『新青年に連載していた『悪霊』の執筆放棄して逃亡中。『新青年編集長水谷準の名前を借りて「張ホテル202号室宿泊するが、ボーイ翁華栄正体見破られてしまう。好物空也最中風呂好き。髪が薄く実年齢よりも年上に見えることを気にしている

※この「江戸川乱歩」の解説は、「一九三四年冬―乱歩」の解説の一部です。
「江戸川乱歩」を含む「一九三四年冬―乱歩」の記事については、「一九三四年冬―乱歩」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「江戸川乱歩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「江戸川乱歩」の関連用語

江戸川乱歩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



江戸川乱歩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの江戸川乱歩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松本清張 (改訂履歴)、北神伝綺 (改訂履歴)、アルセーヌ・ルパン (改訂履歴)、一九三四年冬―乱歩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS