正門とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 正門の意味・解説 

せい‐もん【正門】

読み方:せいもん

正面の門。表門


正門

読み方:マサカド(masakado)

初演 元禄1.1(江戸山村座)


(正門 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 17:43 UTC 版)

(もん、かど)とは、敷地と外部を区切る塀や垣に通行のために開けられた出入口のこと。外構の一種。


  1. ^ a b c d 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  2. ^ 「一遍上人絵伝」
  3. ^ a b 三浦正幸著『城のつくり方図典』小学館 2005年


「門」の続きの解説一覧

正門(メインゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 17:27 UTC 版)

ヴィーゲラン彫刻公園」の記事における「正門(メインゲート)」の解説

錬鉄花崗岩作られた「正門」は、ヴィーゲラン作品であると同時にフログネル公園入場門でもある5つ大きな門と2つ歩行者用小さな門、二つ銅屋根の門番小屋からなる建築物である。この門は1926年銀行融資を元に完成した軸線はこの正門から北西方向へフログネル公園を貫くように伸び、「」を経て噴水」「モノリスの台地」「生命の環」へと至る。

※この「正門(メインゲート)」の解説は、「ヴィーゲラン彫刻公園」の解説の一部です。
「正門(メインゲート)」を含む「ヴィーゲラン彫刻公園」の記事については、「ヴィーゲラン彫刻公園」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:59 UTC 版)

築地市場」の記事における「正門」の解説

新大橋通り面している築地市場の門。警視庁築地警察署中央市場交番築地市場駅A1出口がある。道を隔てて国立がんセンター中央病院朝日新聞東京本社がある。

※この「正門」の解説は、「築地市場」の解説の一部です。
「正門」を含む「築地市場」の記事については、「築地市場」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/09 14:05 UTC 版)

旧池田氏庭園」の記事における「正門」の解説

形式薬医門である。親柱寸法470×350控え柱寸法235×235の太さをもつ大型の門である。 冠木 - 化粧棟木間は両端および中央に束(木鼻付)、その間左右に雲水台座をもつ池田家家紋である「亀甲桔梗」の彫物入っている。門の両側にさらに脇口を構えるなど、大資産家の正門としての重厚さ格式をよく表している。

※この「正門」の解説は、「旧池田氏庭園」の解説の一部です。
「正門」を含む「旧池田氏庭園」の記事については、「旧池田氏庭園」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 02:35 UTC 版)

弘道館」の記事における「正門」の解説

正門は本瓦葺四脚門である。などには、1868年明治元年10月弘道館戦争折に、城側から撃たれと思われる弾痕残っている

※この「正門」の解説は、「弘道館」の解説の一部です。
「正門」を含む「弘道館」の記事については、「弘道館」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 16:12 UTC 版)

八勝館」の記事における「正門」の解説

明治時代中期建築

※この「正門」の解説は、「八勝館」の解説の一部です。
「正門」を含む「八勝館」の記事については、「八勝館」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 03:37 UTC 版)

岩手県立水沢高等学校」の記事における「正門」の解説

不予習者不可入此門」という文が正門に刻まれている。予習をしない生徒校内入れないという文言のもと、学業への意識向上促す学校象徴となっている。

※この「正門」の解説は、「岩手県立水沢高等学校」の解説の一部です。
「正門」を含む「岩手県立水沢高等学校」の記事については、「岩手県立水沢高等学校」の概要を参照ください。


正門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 14:48 UTC 版)

豊多摩刑務所」の記事における「正門」の解説

唯一現存する正門は司法省技師後藤慶二による設計1915年完成した後藤辰野金吾師事した技師だったが1919年亡くなったため、現存する唯一の後藤作品となっている。正門は高さ約9m、幅約13m、奥行き約7mで覆輪目地用いられている。 2020年10月中野区跡地購入費盛り込んだ補正予算案同年11月開会予定区議会定例会提出する事・跡地に残る大正時代希少なれんが造りの正門の保存方法含め議論進めていると伝えられた。 2021年6月4日中野区有形文化財指定された

※この「正門」の解説は、「豊多摩刑務所」の解説の一部です。
「正門」を含む「豊多摩刑務所」の記事については、「豊多摩刑務所」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「正門」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「正門」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



正門と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正門」の関連用語

正門のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



正門のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴィーゲラン彫刻公園 (改訂履歴)、築地市場 (改訂履歴)、旧池田氏庭園 (改訂履歴)、弘道館 (改訂履歴)、八勝館 (改訂履歴)、岩手県立水沢高等学校 (改訂履歴)、豊多摩刑務所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS