恒例とは? わかりやすく解説

こう‐れい【恒例】

読み方:こうれい

古くは「ごうれい」とも》いつもきまって行われること多く儀式や行事にいう。また、その儀や行事。「新春―の歌会」「―によって一言御挨拶申し上げます


恒例

読み方:コウレイ(kourei), ゴウレイ(gourei)

儀式や行事を特定の期日や次第で行うこと。


恒例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 02:26 UTC 版)

お台場海浜公園」の記事における「恒例」の解説

東京ドラゴンボート大会5月第3週目の日曜日海の灯まつりinお台場7月中旬台場海浜マラソン12月上旬お台場レインボー花火11月下旬 - 12月下旬) ※お台場海浜公園行われるわけではないが、毎年東京湾大華火祭際は砂場ビニールシート被われるほど、多くの観覧者来園する

※この「恒例」の解説は、「お台場海浜公園」の解説の一部です。
「恒例」を含む「お台場海浜公園」の記事については、「お台場海浜公園」の概要を参照ください。


恒例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 09:00 UTC 版)

関ジャニ∞のジャニ勉」の記事における「恒例」の解説

2011年頃までは前列上手は特に指定無かったが、以降は男性ゲスト芸人男女共に)は前列上手に横山裕女性ゲスト渋谷すばるが座る。(例外あり。元男性の場合まちまち基本的に横山渋谷前列上手。後列は左から丸山安田錦戸渋谷(または横山)・大倉席順開始より固定されている。 ゲスト関西番組にあまり出演機会のない女優栗山千明北川景子など)の場合、大倉が「最終回ですか?」と聞く事が多い。 『女子気持ち知ってKNOW』のコーナースタート前に丸山隆平が、村上信五に「罰ゲームはあるんですか!?」と聞き村上が「あります」と答えると丸山謎の行動をとる通称丸山劇場不正解罰ゲームは「まずさ無限大スペシャルブレンド」体には良い味はかったり苦かったりする。健康体ゲストはまずいと感じないようで「平気」「まずい?」と答えることもある。村上ジョッキ飲まなくてはならない。 『女子気持ち知ってKNOW』の答え合わせ丸山隆平が何かに関することを言いメンバーで「さかな!さかな!」と両手合わせながら前に二回突き出すゲスト大概困惑するが、乗るゲストが多い。この際にあまり横山裕乗らない。 『お値段丸ごとSHOWTIME』で、安田章大タイトルコールした後に丸山隆平クイズに関する音楽に合わせて踊る初期安田章大踊っており下に曲名出たが、現在は丸山隆平のみが踊る(2016年4月21日放送分では丸山着ぐるみ着用していたため、安田代わりに踊っている)。設定金額丸山隆平発表する初期丸山隆平も本来の金額知らず設定金額設けており、回答者ゲスト関ジャニ∞全員統一していた。丸山隆平金額知ってからつい口を滑らせた行動設定金額より上か下かメンバーわかってしまうようになったため、全員バラバラに上か下か選ぶようになった罰ゲームは「酸っぱ酸っぱドリンク」。 『3タックナンバー1』は師匠扮するメンバー1人と、関ジャニ∞ゲストで、3つの品からナンバー1一つ当てる師匠基本的に食べないルール引き分けとなるとどうしようもない空気になる「一番あかんパターン」。もともとは渋谷のコーナーだったが、勝率が悪いため、師匠交代という形で渋谷曰く「ちょっと干される。」二代目師匠錦戸錦戸負けたら渋谷交代予定だったが勝率良く継続渋谷師匠カツラは同じ。錦戸師匠食べたり食べなかったりだが、順番説明中に喋ると怒るなルール厳しい。三代目大倉カツラ授与式があったが、カツラ入らなかった。一本結いカツラ四代目横山カツラオカッパ頭金太郎風。締めの言葉丸山にとられがちだった五代目村上白髪短髪で「父親そっくり」らしい。やたら強気でVTR見ず先に何番か言うが、勝率高かった渋谷師匠戻らないまま番組リニューアルし、ジャニーズWESTMCとなったため、関ジャニ∞vsゲスト対決形式となったジャニーズWEST進行変わってからはジャニーズWEST正解発表する。 また丸山試食中に渋谷に「○○××って合うの?」と聞かれると、「アウアウ!!!」と叫んだり挽肉使用した料理登場した時は「ひき肉ひき肉嬉しいな~!」とひき肉ダンス名付けたダンスを踊ることも恒例。ジャニーズWEST進行になってからは関ジャニ∞直系の後輩であるジャニーズWEST厳しく指導したり、わざと弄っている。 『∞と一緒にしたいねん!』では、関ジャニ∞村上以外のメンバーが「∞と一緒にと言いゲストが「したいねん!」と言う。(最近は安田一人コール後にゲストレスポンスする事が多い)ゲスト持ち込み企画手作り料理・エクササイズ・イントロクイズなど多岐にわたるイントロクイズでは、メンバー全員大合唱するのが恒例。IMALU出演回行ったダンス企画から不定期に丸山ダンサーズ」というダンスグループ丸山村上大倉)が結成され即興ダンス披露されるジャニーズ事務所からは、当時KAT-TUN田中聖出演した事を皮切りに生田斗真少年隊植草克秀ゲスト出演している。

※この「恒例」の解説は、「関ジャニ∞のジャニ勉」の解説の一部です。
「恒例」を含む「関ジャニ∞のジャニ勉」の記事については、「関ジャニ∞のジャニ勉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「恒例」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恒例

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 07:52 UTC 版)

名詞

 こうれい

  1. 行事儀式などが、いつも同じ時期に、またはしきたりにより決まって行われること。

発音(?)

  • コ↗ーレー

「恒例」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恒例」の関連用語

恒例のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恒例のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのお台場海浜公園 (改訂履歴)、関ジャニ∞のジャニ勉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恒例 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS